忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2017/12 01
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    東京駅で食事をしよう…、と。ちょっと変わった何かで、しかもガツンとお腹に響き渡るような何かを食べたくて、それで「やばとん」。



    名古屋の名物、味噌かつの名店のひとつであります。
    場所は東京駅の八重洲口側。グランルーフという飲食施設の一番端っこ。場所としてはあまりよろしくないのだけれど、かなりの人気。
    特に中国系の人が続々やってくる。
    とんかつという料理が彼らにとって、日本で食べたい料理のひとつだからなんでしょう。とてもニギヤカ…、オモシロイ。
    それにしてもお店の前に化粧まわしをまとった豚。うちの料理を食べるとこんな具合になっちゃうぞ…、って挑戦かしら。だとしたら、受けて立とうじゃないかと思った。受けて立たなくてもいい勝負(笑)。



    鉄板味噌ヒレかつを選んでたのむ。
    焼けた鉄板の上に千切りキャベツをおいて、そこにズラリとひれかつ並べる。動物性の脂で揚げて、サクッとこんがり、パン粉が甘く仕上がったモノ。それが千切りキャベツの蒸気で軽く蒸らされる。
    この段階で、すでにパン粉のサクサク感がなくなるのだけど、それに追い打ちかけるように味噌だれ、ジャジャっとかけまわしそれがパン粉をしたたか濡らす。
    味噌の香りが鼻をくすぐり、食欲さそう。



    ふっくらとした豚ヒレがサクッと歯切れて、口の中に飛び込んでくる。
    カツではある。だから脂の香りがするけどパン粉がしっとり。味噌で濡れててだから揚げ物を食べてるっていうより豚の蒸し物たべてるみたいな感じ。
    これがなかなかやさしく、おいしい。
    八丁味噌の旨味と酸味。そして強い香りがカツの脂臭さを見事に拭い、一口食べると次の一口ねだるおいしさ。
    胡麻をすってかけると味噌の風味がより香ばしく。一味をかけると味噌の甘みが引き立ち旨い。



    ご飯がすすんでしょうがない。そもそも名古屋の料理というのは、ご飯をモリモリ食べられるようにできていて、例えばうどんすらもご飯のおかずに味噌がする。中でもこの味噌かつの、ご飯のおかず指数の高いことにはもう悶絶。
    しかもキャベツのおいしいコト。
    しんなりとして、熱の入ったキャベツの甘みにカツの油の風味であったり、味噌の旨みが混じってこれがご飯がお替わりできてしまいそう。
    お供の味噌汁が、八丁味噌ではなくて普通の合わせ味噌。出汁の旨みがシッカリしてて、口直しになったりするのもステキな工夫。オゴチソウ。


    関連ランキング:とんかつ | 東京駅京橋駅二重橋前駅

    拍手[3回]

    PR
    淡路町にきて蕎麦を喰う。



    神田まつやというお店。昭和風情の一軒家。中に入るとこれまた昔ながらの蕎麦屋の景色。高い天井。漆喰の壁。大きな窓の向こう側には、そば打ち厨房が置かれてて、脇にはお帳場。
    ご婦人方がニコヤカに働く姿もまさに蕎麦屋な感じでステキ。
    時間はおやつどきのちょっと前。一人です…、とお店に入ると、「お飲みになります?」と質問される。見れば入り口脇の一角は熱燗飲んでたのしむおじさまたちがニコニコしながら食事をしてる。ご迷惑になりませぬよう…、と、違ったテーブルに案内される。これもひとつのおもてなし。

    天南蛮そばをえらんでたのむ。



    エビの天ぷらにくったりと煮たネギをあわせたあったかい蕎麦。両手で包み込むようにするとすっぽり、くるめるほどのサイズの丼。
    お腹いっぱいにするのが目的じゃない分量が、大人サイズでウットリします。
    しかも熱々。
    陶器の生地の芯まで温められているのでありましょう。それも時間をかけて温められてて、だからやわらか。肌をそっと添えると中のツユの温度が伝わってくる。
    うれしい先味。アリガタイ。



    ここの天南蛮のエビの天ぷらが少々独特。人先指ほどの大きさのエビを一尾づつふっくら天ぷらに仕上げてそれを、3つ並べて川の字にする。
    玉子と粉を溶いた生地をエビとエビの間に流して、3つをひとつにまとめたものを蕎麦の上に浮かべて供する。
    一本、そしてまた一本と箸ではなして食べるのだけど、剥がしたところから汁をたっぷり吸い込んで、衣がトロンとするのがおいしい。尻尾の先までもれなくおいしく食べられて、揚げた油の風味やコクが汁に移っておいしくさせる。
    蕎麦は細くてなめらかで、スルンと口に飛び込んで喉の奥へとすべりこむ。



    オモシロイのが汁そばなのに、蕎麦湯がおいかけやってくる。
    セイロやザルを食べるタレは蕎麦湯で割るのが当たり前。でも汁そばに蕎麦湯は大抵ついてはこない。
    ココの汁は少々濃い。蕎麦に味と風味をしっかりのせるためには濃い目のツユでなくてはならぬというコトなんでしょう。飲めぬほどに濃い味か…、というと決してそんなコトはなく、少々、濃いという程度。
    そこに蕎麦を注いで飲むと、醤油の辛味や香りがおさまり出汁の風味が浮かび上がっておいしく感じる。なにより蕎麦湯の香りが際立ち、ゴクゴク飲むのがたのしくなるよなオゴチソウ。
    おじさまたちはまだまだ酒盛りされてらっしゃる…、うらやまし(笑)。


    関連ランキング:そば(蕎麦) | 淡路町駅小川町駅新御茶ノ水駅

    拍手[3回]

    東京駅から始まる1日。さぁ、朝ご飯と「寿司清」にくる。



    グランスタという飲食店が集まるエリアで、朝の不動の人気ナンバーワンと言えば断然この店。
    向かい側には1日行列が途切れぬ牛たんの利久があるけど、朝には牛たんを焼かないポリシー。それでかほどよきにぎやかさ。
    ココは開店と同時に満席。そのあとずっとほぼ満席な状態が朝の10時までずっと続いているのがスゴイ。



    寿司屋の魚で朝を迎えるという、わかりやすい商品イメージがいいのでしょうね。
    なにより最近、海外からの観光客を多く見かけるようにもなって、寿司やあるいは生魚というのは日本が誇る優良コンテンツなんだなぁ…、と思ったりする。
    今日も台湾からの8人組がお店の奥で朝から宴会気分でござった。それもよし。

    マグロの漬け丼に豚汁がつくくセットに、魚の端材を使った切り落とし。追加で豪華な朝にした。



    マグロの赤身をタレに漬け、タレが染み込み醤油の色がほんのりついた漬けをズラリとご飯の上に並べて作る。
    開店当初に比べてお椀が小さくなって、ご飯の量が控えめになった。朝のお腹にほどよき量で、しかもお椀の中一面がマグロの漬けで覆い尽くされているがごとき、贅沢感を目で味わえる。いい工夫。
    ひんやりとしたマグロの食感。軽い酸味が後味ひきしめ、ご飯の熱さを和らげる。急いでハフハフ食べるのにありがたくって、ハフハフモリモリ。



    漬け丼よりも大きな器でたっぷりやってくる豚汁は、ゴボウに大根、人参、豚肉、油揚げと具材たっぷりで野菜でお腹を温め満たす…、健康的がありがたい。
    豚汁にパラリと七味を散らしたあとに、もしこれをマグロの漬けにかけたらどうなる…、とちょっと試した。
    不思議なコトに赤唐辛子の辛味がほとんど顔みせず、胡麻の風味や陳皮の香りがマグロをエキゾチックな味わいにする。



    魚の切り落としには鯛にサーモン、マグロのブツ。タコとさまざま並んでて、魚が変わると異なる味わい、食感をあれこれたのしむコトができるのがうれしい一品。
    そこから鯛とサーモンをワサビを溶かした醤油に漬けこみ、漬け丼の上に並べて三色漬け丼としてハフハフ食べた。
    思いがけずもワサビがたっぷり、口の中へとやってきて、ツーンと目頭熱くなる。
    汁をすすって辛さをなだめ、寝ぼけ眼をパチリとさせた。さぁ、移動です。元気よく。


    関連ランキング:寿司 | 東京駅大手町駅二重橋前駅

    拍手[2回]

    仙台にいく予定があって、そろそろ活動できましょうか…、と、ゆるりと移動。



    朝ご飯を東京駅のグランスタの中。温かいそばを食べることにする。
    東京せいろう蕎麦という店。神田藪の流れの店で、駅の中で食べられる蕎麦としては決して悪くない。
    ちょうど蕎麦の茹で上がるタイミング直後の入店だったのでありましょう。少々お時間頂戴しますと、麺が茹で上がる時間をぼんやり。おいしい出汁の匂いをかぎつつ、ちょっとワクワク。さて、食欲が出てきましょうか…。



    まともな食事をほぼ2日間しておらず、外の空気をするのもなんだかひさしぶり。
    飲食店でぼんやりするのはステキなコトでございます。
    温かい天南蛮そばを選んでたのみ、やってきたのは手のひらにすっぽり隠れる程度の小さな丼によそおわれたそば。
    天ぷらの油の香りが甘くて切なく、ひさしぶりにこういう匂いをかぎました。



    小さなエビにタップリ衣をまとわせる。しかも衣が花を咲かせたように大きく開いて揚がる。それが蕎麦屋のエビ天ぷらの正しい揚げ方。
    特に温かい蕎麦に浮かべて食べる天ぷらは、衣こそが命でそれが出汁を吸い込みふっくら膨らむ。揚げた油が汁に移って、コクと風味をくれるのですね。
    そういう意味で今日の天ぷらはなかなか上出来。
    蕎麦はばっさり。細い癖して口の中で歯切れて散らかり、存在感を発揮する。



    酸味を最後に残す出汁。醤油の香りに節の風味に旨みが口に広がっていく。
    飲むと体があたたかくなる。
    エビはプチュンとなめらかで、さすがに衣を全部食べることはできずに残す。ちょっと元気が出たようで、新幹線で移動する。


    関連ランキング:そば(蕎麦) | 東京駅大手町駅二重橋前駅



    新幹線の中で急に熱が出て、お客様に具合が本当に悪そうですよ…、と、言われてそれでやっぱり帰ることにする。新幹線に乗る前に病院にいって注射をもらい、せっかくだからグランスタの席をもらって寝ながら帰る。



    これが同じ新幹線の車両かと惚れ惚れするほどうつくしく、なによりシートがすばらしい。体にピトッと添って張り付く素材に構造。
    軽食がつくとこなんて、国内線のファーストクラスな感じでステキ。
    りんごジュースにサンドイッチ。塩麹を風味付けにしたサンドイッチで、麹の香りがずっと居座るいささか苦手な味でござった。
    とはいえそれもサービス品。ほとんど残して水を飲み、ぼんやり東京。お休みす。

    拍手[4回]

    お茶の水で打ち合わせ。場所がうれしい…、山の上ホテルと言うことで、せっかくだから朝食もそこ。



    ホテルの正面玄関の脇を入って日本料理の「山の上」を覗いてそれからホテルに入る。
    玄関脇の看板に明かりが灯ってて、もしかしたらやっているのかも?と思って中を見たらばやっぱり準備中。ホテルの地下のメインダイニングで、和朝食を食べることにする。
    フランス王朝趣味の空間で、日本の朝をいただき迎えるというのもなかなか乙でござんす。



    テーブルの上のセッティングはナイフフォークや銀のトレイと洋式で、ところがそれらが片付けられて、お茶の湯のみに梅干しが置かれた途端に、そこが日本の朝の食卓。
    おもしろいなぁ…、ニッコリします。
    背筋を伸ばしてしばし待ち、うやうやしくもやってきたのがうつくしきこれ。
    お膳の上に、色とりどりの料理がキレイの並んで朝を寿ぐさまに、お腹がグーッと思い切りなる。



    メインはどれと言うわけでない。キレイに粒が揃ったタラコ。青菜のおひたし、ちりめん山椒、煮付けにもずく。
    並ぶ料理のそれぞれが、シャキシャキだったりスベスベだったり。しっとりだったり顎を動かすたのしさ演出してくれたりと、それぞれ個性を主張する。
    それでいてバラバラじゃなく不思議なほどの統一感を持って口で混じり合う。
    おいしい出汁、と言うひとつの芯が通っているからに違いなく、みずみずしさに心潤うオゴチソウ。



    鯖の塩焼きと玉子焼き。
    ふっくらとして口に含むとジュワリと舌に出汁の旨みが滲み出すような玉子焼き。若干甘めで、体が滋味で満たされる。
    お行儀悪くも魚をひっくり返して見ると、皮がパリッと焼けていて、自分の脂で揚がった皮が破裂するほど。
    これなら皮まで食べられる。
    カサっと崩れて脂の風味と焦げた香りが鼻から抜ける。ご飯をパクリ…、ニンマリとなる。



    汁は赤出汁。赤いお出汁と書くその名前の通りの出汁の力で味わう一品。熱くてそっとすすってみれば、味噌の香りが空気と一緒に鼻腔を満たし、軽い酸味が旨みをキリッとひきしめる。
    ご飯の上にちりめん山椒。心なしか山椒の分量が多く感じて、噛むとビリリと軽い痺れで目がさめる。
    抹茶の香りの水羊羹で朝のお腹に蓋をして、時計を見れば打ち合わせまであと8分。席を変えます、立ち上がる。


    関連ランキング:フレンチ | 神保町駅新御茶ノ水駅御茶ノ水駅

    拍手[3回]

    HOME 次のページ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]