忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    02 2017/03 04
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    北関東にて朝…、朝ご飯をいつものホテルでいつものように。



    決して大きなホテルではなく、だからバイキングのようにしてしまうとロスが出るうえ料理は必ず貧相になる。
    それでチェックインするときに、和朝食か洋朝食を選んで準備をしてもらう。
    バフェじゃないからどれもができたて。ちょっとした工夫で提供者側も食べ手もどちらもシアワセになる。できぬ約束をしない勇気をもてばいいんだ…、といつも感心。
    ちなみにいつも和食を選ぶ。
    お膳の上に塗りのお椀に茶碗にお皿。日本の朝はこうでなくちゃ、とニッコリします。



    お椀の蓋をとると中には煮物が入る。
    ブロッコリーにくわい、千切りニンジン。さつま揚げにこんにゃく、竹輪と素材様々。こんにゃくのように味が含みづらい素材があるからなんでしょう…、鰹節をパラリとふりかけ、味わい豊かなご飯のおかずにしてくれる。
    皮がパリッと焼けた鯖。脂の香りがなんともうまい。
    海苔に納豆、漬物と目ににぎやかで食欲さそう。



    隣のテーブルの二人組。仕事の同僚なんでしょうね。そのひとりが温泉卵を手にとって同僚に「これ、食べていいよ」と手渡した。
    苦手なのか?と聞かれて「温泉卵が怖いんだ」…、と。
    曰く、固まってるのかどうかわからぬブヨブヨの白身の中に黄身が透けて見えるところが、どうにも怖くて食べられない。見てると中から何かが這い出して来そうに思えておそろしく、だから早く食べてよネ…、って。
    ボクとまるでおんなじ人がいるんだなぁ…、って思わず握手をしたくなる(笑)。



    最近、サラダやパスタ、ハンバーグにまで温泉卵を合わせるお店が多くって、そういう料理はみんな怖くて気持ち悪い。心置きなく残すことにした。

    ご飯の上に梅干しポテッと置いてハフハフ。熱々のなめこの味噌汁でお腹と体を潤し食べる。
    セルフサービスのコーヒーマシンがおいてあり、お部屋でどうぞとペーパーカップ。じゃじゃっと豆を引く音と甘いコーヒーの香りにパチリと目が覚める。

    移動の途中、電車の乗り換え時間を使って吉野家による。



    最近ちょっとルーティン化しちゃった感じのたのしい寄り道。今は何をやってるんだろう…、って勉強ついでの今日の午後。
    麦とろ定食をたのんでみます。
    健康市場。あるいはシニアマーケットを意識しながら作った商品なんでしょう。
    飯は少なめ。メインの他には茹でたオクラにわかめ汁とかなりやさしい品揃え。メインは鰻と牛皿が用意されててせっかくだから両方とった。だって勉強なんだもん(笑)。
    鰻の蒲焼きはコンビニの鰻のことを考えるならほどよきレベルで我慢ができる。牛皿においては堂々、伝統の味。間違いなしの組み合わせ。



    とろろの食感を表現するのに「サクサク」とメニューに書いてあって、そう言うことかと食べてみると、なるほど…、すりおろしている訳じゃなく、フードプロセッサーで砕いた山芋。なめらかな部分もあるけど確かにサクサク、歯切れて砕けてとろける感じが面白い。
    嘘をつかず正直なのに交換もてる。
    麦飯も炊いているのかと思って食べたら、牛丼用の白米の上に蒸し麦をのっけただけで、なるほどこれならご飯を二種類炊かなくてもいい。しかもスベスベ、麦の食感が素直に口にやってくる。いいんじゃないのと思うと同時に、ほどよき量と組み合わせ。次は何をしでかすんだろう…、ってドキドキします。オモシロイ。

    拍手[3回]

    PR
    昨日の夜は遅かった。浜松から岡山という道のりは案外遠くて時間がかかった。ホテルに着いたらバタンキュー。朝をそのままホテルでとった。



    岡山の定宿にしていたところとは違ったホテル。そっちの方はほぼ満室ということで多分、国慶節の団体客が収まっているのでありましょう。
    部屋は上々。さて朝食はどうなんだろう…、と思ってバフェを眺めてみるとこれがなかなか。いい感じ。
    料理のひとつひとつのサイズが小さく、料理の種類をたのしめる。バフェというのは本来、いろんな料理との出会いがある場所。お腹いっぱいになるだけじゃない、多彩な料理をたのしむことが出来るこういうバフェはステキ。
    お皿に料理を盛るのもたのしい。野菜炒めにベーコン、茄子の煮含めたもの。鮭の焼いたの、じゃこ天などなど。



    小さな鉢にもずく酢を入れ、ズルンと飲み込み喉の入り口開けてやる。
    ままかり寿司があるのがさすが、ご当地的で軽い酸味と青い魚に独特の香りが食欲さそってくれる。
    和食コーナーがしつらえてあって、そこにあらかじめ小さな鉢に装われた料理があれこれならんでいるのがうれしいもてなし。もみじの形の生麩にかぼちゃ、里芋、ニンジン、飛龍頭と出汁をタップリ含んだ料理が口とお腹をやさしく潤す。
    丸く抜いた豆腐にタップリネギをあしらう。細かく刻んだネギの香りと、シャキッと潰れる食感に頭の芯が目覚める感じ。
    味噌汁。ご飯の上にはちりめん山椒と思い通りの朝がくる。



    オムレツはいかがですかと、作りたて。
    黄ニラを中に混ぜ込んだ、これも岡山風なんですよと。黄ニラ以外にも飴色になるまでソテした玉ねぎが入ってスルンと食感なめらか。ニラの香りがほのかで、後口すっきりしてる。
    それにしてもオムレツって、とても不思議な構造してる。玉子がよじれて細かな糸のようになってる。それが互いにからみつき、一つの形を成しているという複雑さ。
    この糸のひとつひとつがバターを抱いて、舌の上でほぐれて旨みを滲み出させる。フライパンひとつでこういう料理ができるって、スゴイコト…、ってウットリします。



    そうそう、今日は土曜日で、土曜日といえばやっぱりサンドイッチを作らなくちゃってパンを探しにいったらば食パン系は分厚くすべてトースト用。
    どうしようかとみると小さなマフィンがあって、それをトースターでこんがり焼いた。
    スクランブルエッグをぽってりおいて、上にケチャップ。焼けたベーコンをそれに合わせて挟んで食べる。
    このベーコンが油の部分がカリッと焼けてて、切なくなるほどうつくしい。
    パクリと噛むとザクザク歯切れるマフィンが旨い。胚芽が口を散らかって、騒々しくなるたのしい食感。かなり上出来。オキニイリ。



    青汁ゴクリ。体のpH整えて、ヨーグルをと最後に〆ようと、そのヨーグルトを食べるための大きなスプーン探して歩いた。
    そしたらなんとオニオンスープが置いてあり、そこに大きなスープスプーン。
    こりゃ、これも食べておけって言うことだろうとオニオンスープも一緒に食べた。
    ちょっと今日は食べ過ぎの朝。これから移動で、だからいいんだとたのしく言い訳。橋をわたって南へと。

    拍手[8回]

    頭ガンガン。ここ数年、季節の変わり目とともに内耳が腫れて高熱がでる。その症状で食べることもできずにただただ臥せってました。



    夜になってやっと体が動くようになり、ご飯を食べる。
    薄切りナスを塩でもみ、白出汁と赤とうがらしを一緒に漬け込んだ浅漬けと、お粥をたいて一緒に食べた。体に染み入るオゴチソウ。汗をだします、ぼんやりと。

    拍手[9回]

    朝のご飯を食べそびれ、体がまだまだブルブルするのでお腹の中からあっためようと散歩のついでに担々麺。「黒蠍」。



    いつもは夜に来るお店。ランチ時ははじめてで、かなりの人気なんですね。カウンターの後ろに立って暫し待つ。
    夜はワンマン営業で、昼はアシスタントの女性と2人。けれど次々、入る注文に対応するためサービスまでは手が回らない。ごちそうさまと席立つ人がみんなダスターで自分が食べたあとをキレイに拭いていく。
    そうして下さいと、お店の人がいうわけでなく、誰か一人がそうするとみんな気づいて真似をする。おいしいお店は助け合い。



    担々麺を選んでたのむ。
    カウンターに座って待っている間もずっと、辛くておいしい匂いが厨房の中からやってくる。5種類ほどあるメニューの中で辛くないのは醤油ラーメン一種類。
    けれどそれをたのむ人はほぼなくて、みんな辛いの。担々麺。
    黒と白の2種類あって、黒い方は胡麻の風味がかなり強烈。白い方は山椒の香りと痺れが際立つ味で、やっぱりボクはそれが好き。



    軽く縮れたすべすべの麺。辛さでコホンと咳き込まないようユックリ、そして慎重に、すすり上げると熱くて辛い麺が一筋。お腹の中へと飛び込んでくる。
    辛い。痺れる。
    けれどスープがしっかりしてて、最後に旨みがグイッと味を引きしめる。だから次の一口ねだって、気づけばダラダラ汗が出る。
    汗がポタポタ、額から滴り落ちてメガネのレンズに溜まっていくのがオモシロい。
    肉味噌をダブルでもらって、それをランチサービスの炒飯の上にのっけてパクっと食べる。麺をズルリ、スープをゴクリ。体が中から動き始める。オゴチソウ。


    関連ランキング:ラーメン | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅



    そして夜。どんどん体を温めましょう…、と、それでチゲ鍋。



    豚バラ肉を油で炒めて、そこにエノキとシーフードミックス。厚揚げ入れたところにかつお節でとった出汁を注いでコトコト煮こむ。
    チゲ用にと買った発酵の進んだ酸っぱいキムチを入れて、マダラの切り身。モヤシで蓋して蒸し煮にします。
    最後に生食用の胡麻油で風味をつけてハフハフ食べる。
    なんと簡単。キムチの辛味と酸味と旨み。調味料であると同時に当然白菜は煮込むと鍋の具材になってく。一口ごとに汗をかく。



    それから好きなモノなら食べられるだろう…、と、志乃多寿司を買っておいた。
    甘く煮付けたお揚げでくるんだ志乃多はふっくら。ご飯よりもお揚げの食感、存在感が強くてなんともみずみずしい。
    干瓢巻きはクニュっと奥歯で潰れてカラメルっぽい焦げた香りが食欲誘う。酸味が強いシャリもおいしく、お腹もたのしく満たされる。
    トップスのチョコレートケーキでお腹に蓋をして、今日はユックリ休みます。

    拍手[3回]

    お酒を飲んで、ちょっと荒木町の街を歩いてみましょうか…、と、ブラブラしてたら遠くから太鼓の音が響いてくる。



    荒木町の真ん中にある小さな公園の方からで、行ってみたらばなんとお祭り。
    櫓の上では太鼓を叩いて唄う人。
    櫓の周りを踊る人。
    アップテンポにアレンジされた東京音頭を達者な踊り手が、まるで飛ぶような勢いで見事に踊る。ちらほら軽く降り始めた雨にも負けず、笑顔でニッコリ。



    お祭り屋台もたのしげで、グリルソーセージやらたこ焼きやら。ひさしぶりに見た射的の屋台で、子供に負けぬようにと何度も何度も銃を構えるお父さんの、真剣すぎる横顔にニッコリしました。夏祭り。

    夜、ぼんやり仕事をしながらちょっと夜更かし。お腹がすいた。



    カレーラーメンを作ってみたく、まずはマルタイ棒ラーメン。固めに茹でてスープを投入。器に麺を移してスープを半分だけ注ぐ。
    そこに神保町にあるエチオピアっていうカレー専門店のレトルトカレーをあっためかける。
    香辛料のきいたスパイシーで風味豊かなカレーで肉はホロホロ、ルーはポッテリ。ラーメンスープとからんでなんとも味わい深い。固めでハリのあるストレート麺がスープをたっぷりたぐりよせ、体も芯からあったかになる。オキニイリ。

    土曜日の朝…、サンドイッチではなく、ハンバーガーを作ってはじめる。



    それというのも昨日、峰屋のハンバーガー用のバンズを買った。それでとびきりハンバーガーを作ってやろうと具材の準備。
    ハンバーガーをこんがり焼いて、上にチェダーチーズをのっけて蒸し焼きにする。
    芥子マヨネーズを塗ったところにアボカド並べて、パテをのっける。
    もう片方のバンズにはケチャップ少々。レタスに黄身まで焼いた目玉焼き。両方のっけてカプリと食べる。



    かなりのボリューム。お皿の上で手のひらを乗せ、体重かけてクシャッと潰し、それでも大きく口を開け押し込まないとすんなり口に入ってくれぬシロモノ。
    けれどいやはや、これがおいしい。
    クシャッとバンズが潰れて、パテの肉汁がほとばしり出る。チーズの風味、サクッと焼けた白身の橋が香ばしい。
    レタスのみずみずしさも、アボカドのトロミもみんなバンズが受け止めひとつにまとめておいしくさせる。お腹もたしかに満たされた。


    フッカリしていてけれど若干きめが粗めで、


    関連ランキング:パン | 東新宿駅若松河田駅新宿御苑前駅



    そうそう、昨日のランチの前。赤坂にある「カフェベネ」に寄る。



    それというのも目当ての店が満席で、あと30分ほどお待ちくださいと言われてそれなら下のフロアのお店で待っててもいいですか?って。
    名前を残してぼんやり待った。
    アイスクリームを2種類もらう。ひとつはイチゴ。もう一種類はピスタチオ。どちらもちょっとぼやけた味で、30分がはやくたてばと心待ち。
    韓国出身のこのお店。
    本場韓国でも勢いなくして失速中…、ってそんなニュースを聞くけれど、飲食店はオシャレな内装よりもやっぱり味って思いもしました。勉強です。


    関連ランキング:カフェ | 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅

    拍手[4回]

    HOME 次のページ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]