忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    04 2017/05 06
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜のおやつにサンドイッチを買ってきた。最近、すっかりハマってしまっている千疋屋さんのフルーツサンド。ミックスフルーツのサンドイッチに季節の果物のサンドイッチが組み合わさったオキニイリ。先日食べたいちじくが、どうにもおいしく今日もあるかな…、とやってくる。



    そしたらなんと、季節のそれが洋梨のサンドイッチになっていました。
    ぽってりとしたクリームに薄切りにした洋梨に、ラズベリーのジャムをアクセントにしたもので、パンも特別。胚芽ブレッドをつかってる。
    和梨は苦手。みずっぽくってジャキジャキとした食感がどうにもダメで、けれど洋梨は大好物。クチュっと歯切れてザラリと舌を撫でる食感。麝香の香りにくちどけの良さ。その洋梨とラズベリージャムが組み合わさるとこんなにおいしい。
    ウットリしました。ますます、すっかり、ハマってく。

    ちなみにコレを買いました。



    伊勢丹でサンドイッチを買ったついでの衝動買い。
    アップルウォッチの売り場にいって、エルメスコラボはいつでるの?って、聞いたらもう出ておりますよ…、って。
    それで試着をさせてもらったら、ピトッと手首に貼り付いて取れなくなってしまったのです(笑)。いかにもエルメスって革の仕上げにそのエルメスの名作ウォッチのケープコッドの文字盤つきで、こりゃお値打ちだ!って。
    ただ残念だったのが、買いたかったエレガント系の時計がどれも手首が太すぎてはまらなかったコトでござんす。これ一本ですまぬ予感がオソロシイ。

    スターバックスのオキニイリの店。新宿三丁目の外れのお店にやってきて、オキニイリのカウンターにてぼんやりします。



    厨房の中の様子が一望できるキッチン脇のカウンター。その一番端に座るとまるで、厨房の中に座っているような臨場感を味わえたのしい。
    暇のお店の厨房をながめていてもつまらない。
    調理作業が激しい厨房は、まじかにみると油飛び散り危険を感じる。
    キレイな作業がテキパキと、ずっと同じペースでなされる、スターバックスのような店。その厨房作業は見ていて疲れず、たのしい景色で気持ちいい。



    30分ほどの時間をたのしくと、ひさしぶりに熱いドリップコーヒーもらい、お供にクッキー。あたためますか?と聞かれて、そうした。
    オーブントースターで軽く加熱しただけなのに、バニラの香りが漂い気持ちが明るくなった。
    そもそもクッキーをあっため食べるというコトを、昭和のボクは知らなかったもの。だってクッキーは完成品。そのまま食べて当然で、けれど温度が変われば味わい、食感。なにより香りがまるで違って焼きたて状態が蘇る。オモシロイなぁ…、オモシロイ。



    両手でつかんで割ろうとするも、クニャッと曲がって壊れない。
    なおも力を入れてくと、ヌチャッと千切れて中からトロリとチョコがとろけて指、汚す。
    塩の風味が甘味をくっきりさせるおいしさ。
    口の中でも散らかることなく、ねっとりとろけてクッキー味のクリームになる。
    酸味強めのビターブレンドのコーヒーと、よき相棒で頭においしい栄養ススッと行き渡る。

    拍手[6回]

    PR
    先日行ったイレギュラーなルノアールで、ガラナを飲めずにレモンスカッシュでお茶を濁した。今日はとそれでいつものお店。



    喫煙コーナーと禁煙コーナーがシームレスにつながっていて、壁も分煙設備もまるで完備してない。
    しばらくいると服に煙の匂いがついてしまうから、あんまり来たくはない店なんだけど、目当てのモノに出会えるならば背に腹代えられませんから(笑)。
    それにしても喫煙コーナーは大人気。タバコを吸う人の長い行列。禁煙席はすぐに座れて、案内された席に腰を下ろしながら「ガラナを下さい!」。



    承知しました…、と即答されて、ニンマリしながらウキウキ待った。
    テーブルの上を見ると分厚いおしぼりが。それを包んだパッケージにはお店のロゴが入ってる。
    ストローの袋もロゴ入り。
    いつものドトールに戻ってきた…、ってなんだかちょっとホっとする。
    そしてガラナがやってくる。



    脚付きゴブレットに氷がギッシリ。茶色の瓶に白く抜かれたコアップガラナの文字にロゴ。
    グラスに注ぐとシュワシュワ泡が氷をなでて包み込む。
    コカ・コーラに比べて明るい茶色をしてて、香り華やか。甘みはやさしく、何も入っていないのにレモンを搾ったような酸味と爽快感があるのがステキ。
    喉をシュワっと洗ってくれる。
    グラスに2杯。タップリ入って喉もたのしく癒される。ずっとこうして売っててほしい。よろしくネ…、って思う午後。

    ガジェット買います。モバイル用のキーボード。



    マイクロソフトが作ってる「Universal Foldable Keyboard」。ユニバーサルでフォーダブル…、つまりAndroidにもiOSにも使える上に、折りたたみが可能な携帯キーボード。しかもワイアレスという便利げなモノ。
    パッケージ自体が手のひらに乗っかるサイズで、その実物は本当に小さく、しかも軽くてビックリします。



    実は今まで、同じマイクロソフトのキーボードを使っててそれも十分軽かったのだけど、キーボードサイズの大きさがありカバンの中ではかなりの存在感を発揮していた。これならチョコンとどんなところにも入っちゃいそう。
    しかも薄くて、開くとかなり大きく展開。
    真ん中に折りたたみ分ののりしろみたいなスペースがあり、ホームポジションをとると両手がちょっとだけ開いてしまうので慣れが必要。それにキートップのサイズが外側に向かうにしたがって小さくなっているのも独特。でもこれが慣れると結構快適で、重宝しそうでございます。

    拍手[5回]

    買い物します。ずっとメインマシンで使ってたMacBook Airがそろそろ仕事の速度に追いつかない。それでMacBook Proを買う。



    驚くほどに小さなパッケージにまずビックリして、前のマシンからデータ、環境を移行しようとThunderboltケーブルかって、繋いでポチッ。
    30分ほどでほとんどすべてのデータが移る。こういうところのエレガントさって、さすがアップルと感心しつつ、画像処理をしようとアドビのPhotoshopを立ち上げたらば、ID含めてすべてがとんでた。それか試行錯誤の4時間ほど。ウェブサイトの作り方もバカにしたようなわかりづらさで、イライラしつつ、それでもアドビのソフトを使わなきゃいけない自分が呪わしかった。そんな午後。

    夜は近所の居酒屋へ。肉匠酒場丸信選ぶ。



    店の近所のチェーンの酒場は、さすがに連休。サラリーマンが少ないからでしょう。ひっそり、ほとんどノーゲスト。
    けれどココはなかなかニギヤカ。スーツの人はまずおらず、多分、ご近所さんたちなんでしょう…、みんなのんびり飲んでいる。
    いつもの顔がいらっしゃいませって言ってくれ、いつもの笑顔で出迎えられる。うれしい限りの今日の夜。



    ちょっと変わったつまみをたのむ。
    今日限定。しかも数量限定というので食べたくなった、ゆで豚ナムル。
    脂ののった豚バラ肉を茹でて分厚く切ったモノ。お皿の真ん中にはモヤシのナムルにネギをタップリ。
    シャキシャキとしたナムルがおいしく、しかもピリ辛。豚バラ肉と一緒に食べるとネットリとした脂をサッパリ、軽快にする。



    串モノあれこれ。じゃがいもを素揚げしたのにバターをタップリ。シイタケを今日はパン粉をつけてフライに揚げる。カサカサとしたパン粉衣の食感と、ムッチリとしたシイタケの風味がおいしい。
    イカゲソ焼きにししとう、豚バラ。
    ササミを塩焼き。明太子をたっぷりのっけたオキニイリ。ほどよく食べて、ほどよく飲んで、割り勘したら1000円ちょっと。アリガタイかな、オキニイリ。


    関連ランキング:焼きとん | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅



    ちなみに昨夜。晩ご飯を家で軽めにとまず肉を焼く。



    脂ののった牛肉を少しの油と焼肉のタレで炒りつけて、脂がチリチリ、透き通ってきたらばそこに細切りピーマン。
    そのピーマンがしんなりしたらネギをくわえて火を止めて、塩と胡椒で味ととのえる。最後にパラリと胡麻をちらして出来上がり。
    プルコギみたいな味わいで、でもピーマンの緑の香りとネギのシャキシャキ食感がとても軽快。奥歯ににじむ脂もおいしい、オゴチソウ。



    それからグラタン。リガトーニを強めに塩したお湯でゆがいて柔らかにする。ホワイトソースを温めた中にそれを投入。
    バターを塗った琺瑯引きの器に入れて、ゆでエビ、アボカド、茹でたかぼちゃにサーモンちらす。ゴーダチーズとモツァレラでカバーをしたらオリーブオイルでドレスする。
    賢いトースターに入れてこんがり。チーズに焼き目がついたら出来上がり。
    ホカホカすべすべ。チーズの旨みですべての素材がおいしくなってく。次はラザニア、ドリアを作ろうって熱々料理がオキニイリ。

    拍手[3回]

    先日、渋谷の街を歩いていたら、オキニイリのビルケンシュトックが壊れてしまった。あまりの暑さに接着面が溶けてパッカーン!
    ソールが本体から剥がれてしまって大あわて。急いでビルケンシュトックに行き、それを修理に出して代わりをひとつ買う。



    幅広、甲高の足にうれしいコロン愛嬌あるフォルム。
    ところが最近、木型が変わってちょっとタイトになっちゃった。
    世に中、何から何までシルエットがシュッと細身になってく傾向。ビルケンシュトックよ、お前もか!って感じで泣いた。
    ワンサイズ上を買って履きつつ、いろんなところが微妙に触る。
    履いてくうちに革が伸び、足に馴染んでくるまでガマン。オシャレはガマンが作ってくれると思いましょうぞ。バンドエード手放せぬ(笑)。

    土曜日の朝…、移動の前に朝をドトールコーヒーで。



    この週末はいささかせわしない週末で、それで朝を外食にした。朝ご飯を時間をかけて丁寧に、料理を作るコトができるのはありがたきこと。
    とは言え今日はウレシイ用事。
    どんなたのしい時間を持てるか…、ウキウキしながらの朝となる。
    アイスラテをまずもらい、カラカラコクリと、グラスで氷を鳴らしつつ飲んで喉から目を覚ます。手に伝わってくる冷たさも、朝の体にココチヨイ。



    ホットドッグを食べることにする。
    朝の体にほんの少しでも野菜をと、レタスドッグを選んでたのむ。
    まぁ、気休め程度なんだけれどね…、と思いながらもしばらく待って、やってきたのがこの見事。
    真ん中に盾にスリットを入れたロールブレッドが、パカッと開いてしまらぬほどにどっさりレタスが入ってて、その真中にソーセージ。
    思いがけないおおばんぶるまいにビックリしつつも、ウットリします。



    レタスの葉っぱがひときわ茂る「レタスサイド」にレンズをむけてパシャリと撮ると、中のソーセージがすっかり隠れて、あたかもレタスが主役の野菜サンドイッチのように見えるほど。
    当然、レタスの葉っぱをよけると、中からゴロンとソーセージ。
    粒マスタードがレタスとソーセージの間にタップリほどこされていて、噛むとシャキッとレタスが歯切れる。それと同時に、口の中がみずみずしくなり寝ぼけ眼がパチッと覚める。



    ムチュンと弾けるソーセージは肉の旨みをにじませ消える。いつもは大体、ジャーマンドッグ。それにレタスの葉っぱを加えただけなのに、こんなに味や食感の印象変わってくるのがたのしい。
    パクリパクリと食べ進め、気づけばもうあと一口分を残すのみ。お名残惜しや、今日の朝食。
    気づけば8月。真夏なり。

    ちなみに今日から弘前ねぷたまつりがはじまる。7日までの一週間。



    「ラッセーラー」と男性的でダイナミックな青森ねぶたのお祭り騒ぎも元気があっていいけれど、「ヤーヤドー」と情緒タップリに練り歩く弘前ねぷたのおごそかも悪くないなぁ…、とウットリします。
    来年あたりは行ければいいなぁ…、と思いもします。ガンバロウ。

    拍手[3回]

    イセタンのカフェを早めに出て、ブラブラしながら搭乗ゲートに向かう途中。



    「スカイハイ」っていうジュースバーで立ち止まる。
    小さなお店。
    イセタンレディーズストアに貼り付くようにある店で、キッチンだけのテイクアウト専門の店。けれどそのサイズ以上に存在感は抜群で、理由はお店の外壁飾るこの写真。色鮮やかなフルーツが、こっちに向かって飛び出してるんじゃないかと思うほどにうつくしく、臨場感があって知らずに喉がなる。



    それでスムージーを作ってもらう。グリーンって名前のセロリやパセリ、ほうれん草が入ったモノで、それら素材をバイタミックスミキサーに放り込んでジャジャっとブレンド。
    ミキサーのスゴイ音が響きわたって、登場はじめたばかりの修学旅行生たちがビックリしながらふりかえる。
    お待たせしましたと手渡されたスムージーのカップのズッシリ重たいコト。ストローで吸い上げるには喉の力も必要で、お腹の中でもドッシリ重い。食感なめらかではあるのだけれど、野菜がギュギュッと凝縮されてる力強さが体にしみる。
    飲むサラダ…、って感じにニッコリ。お腹の中まであざやかになる。


    関連ランキング:ジュースバー | 羽田空港第1ビル駅羽田空港国内線ターミナル駅羽田空港第2ビル駅



    そんなコトをしてたらポーンっと小さな音と一緒にボクの手首が震える。



    見るとボクのアップルウォッチが、まもなく搭乗開始です…、ってお知らせメッセージを受け取った。
    JALカウントダウンっていうアプリがあって、ウェブ予約した搭乗時間を知らせてくれる。羽田についた直後から、ボクの手首が30分おきにずっと震えておりました。
    チケットがわりのQRコードもこれに表示され、手首をクルンと裏返し、ピトッとするとシャリンと明るい音がしてゲートが開く。小さな未来がココにある。

    あいもかわらず飛行機はユックリのんびり、滑走路に向けノロノロ走る。これでも定時にドアが閉まってほんの1ミリでも動いてしまえば定時出発。



    日本の飛行機会社は世界で一番、定時出発を守る会社と自慢するけど、それはただただ世界で一番従順で、時間をまもる日本人故。別にあんたたちが立派なワケじゃないんだよ…、っていつも思ってブスッとしちゃう。
    やっとの思いで空に出て、窓の景色をみていたらなんと向こうに全日空の飛行機がいる。
    2本平行して作られている滑走路をどちらも使っての運用で、それでも待ったということは処理能力をはるかに超えてしまったんだということなんでしょう。



    オリンピックに向けておそらく羽田を利用したがるエアラインはどんどん増えてくるに違いなく、どういう対応するんだろう…、って思ったりした。
    ちなみに今日の空は大荒れ。
    しかもB737という小さな機材で、スゴく揺れます。フライト前半はキャビンアテンダントもずっと着席だった。今日、空の旅を選んでしまったコトを呪ってしまうほど。
    とは言え、機体は西に向かって一直線。徐々にそらが明るくなってく。
    まもなく着陸。徳島へ。

    ちなみに飛行機の中で聞いていたのは1980年代の女性アイドルのプレイリストで、中でも今日の気持ちにピッタリきたのが工藤静香でござった。



    歌番組が娯楽の主役を演じた時代に、その歌番組の主役のひとちは女性アイドル。
    一束何円で売られるバナナの叩き売りみたいな最近の女子アイドルユニットなんかと違って、当時のアイドルは、一人で看板しょって必死にがんばっていた。
    彼女にしても派手に音程外してしまう。けれど彼女にしかない味があり、どこかに凄みがあったりもした。
    こういう大人の歌詞の歌だって、難なく歌いこなしてて達者だなぁ…、って思ってしまう。時代を感じさせる衣装に、深刻そうな八の字眉毛。
    こうしてみると、奇面組のようにも見えて、ちとオモシロイ(笑)。

    拍手[4回]

    HOME 次のページ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]