忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 04
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    03 2017/04 05
    S M T W T F S
    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝を新宿から始める1日。気になっていた喫茶店でスタートしましょうと、西口ロータリーをテクテク歩いてスバルビル。



    階段上がってその正面にある明るいお店。「プリーズカフェ」って名前で、結構にぎわっている。
    喫煙自由ということで、ニコチンチャージをするおじさんもちらりほらりと。半分ぐらいの人が朝食セットをたのんでますか…。
    6種類ほどのセットの中からひとつ選んで、注文して待つ。
    厨房の中ではおじぃさまが2人並んで料理を作る。ゆっくり、丁寧に作っているからなんでしょう…、ちょっと時間がかかります。



    急ぐ朝でもございませんで、のんびり待ってやってきたのがこのセット。
    トーストと目玉焼きのセットという、見てるとここの一番人気な感じのもので、お皿の上にギッシリ、たっぷり。
    ごまドレッシングがかかったレタスサラダがタップリ。シャキシャキ、歯ごたえ痛快でみずみずしくて朝の体が潤うゴチソウ。
    そのかたわらにはポテトサラダがこれまたタップリ。
    かなりのボリューム、朝のお腹を満たすに十分というのがまずはアリガタイ。



    黄身まで焼いてくださいね…、ってお願いをした目玉焼き。
    ひっくり返さず蓋して蒸気で蒸気で蒸し焼きにして仕上げてくれたのでありましょう。白身の部分はスベスベプルプル。その白い幕の下からきれいな黄色が透けて見えるよう焼けている。
    スパッとフォークで二つに切ると、ネットリとした黄身の状態うつくしく、ゴクリと思わずつばを飲み込み、お腹がなった。



    卵の状態以上にうれしく感じたのが、トーストブレッドが薄切りのこと。10枚切りを二枚焼き、その片面にバターをタップリ塗り込めて、重ねてザクッとと切り分けたもの。
    カサカサとした焼けた小麦の食感が、まずは口へとやってきて、それからジュワリとバターが滲んで、口を涼しくしてくれる。ボクの好みのトーストですな。
    そうだ!とそれにポテトサラダをぬりこんで、レタスと目玉焼きをのっけてパカンとはさんでサンドイッチにして食べた。
    卵もうまい。レタスもうまい。けれどひと擤みごとににじむバターの香りと味にウットリしました。オキニイリ。



    さすがに急に涼しくなって、それでコーヒーはホットでもらう。コーヒー自体は普通のコーヒー。まぁ、それはよし。
    このスバルビルも今では小田急さんの持ち物で、そのうち再開発で建て替えになるって計画もある。そのとき、この店、どうなるのかなぁ…、やってる人がもうお歳だからビルと一緒に手仕舞いなのか。
    いろんなコトを考えしんみりしたりもします。
    ちなみに店名。Peace Coffeeと書きながら、ピースカフェって読ませるところがなんだかステキ。さぁ、仕事。


    関連ランキング:喫茶店 | 新宿西口駅新宿駅西武新宿駅

    拍手[4回]

    PR
    朝を新宿の昭和喫茶ではじめる今日。
    昭和喫茶の棲息地が徐々に縮小しつつある今。その片方で、昭和喫茶を真似たチェーンが次々お店を増やしてる。なんだか不思議な現象で、けれど探せば正真正銘の昭和喫茶がいろんなところに見つかりもする。



    「西武」という店。
    新宿三丁目の一等地。ビルの2階、3階をまるまる使った大きな店で、ふかふか絨毯、ステンドグラス、モケット生地のソファに大きなテーブルと、申し分ない昭和のしつらえ。
    モーニングセットを朝の11時までやっているのもウレシイ限り。
    しかもこの店。
    トースト食べ放題っていう朝食セットが用意されてて、大抵、誰かがそれを食べてる。
    今日は多分、これから現場仕事なんでしょうか…、作業服のおにぃさんたちがお代わり、お代わりと元気なコトに元樹がでます。



    ボクはさすがにもう一方のカレーがついたセットを選ぶ。
    アイスコーヒーをお供に選ぶと、足高グラスにガラスのポットに入ったガムシロ。ステンレスの大きなピッチャーに、フレッシュクリームがたっぷり入ってやってくる。こういうところも昭和なところ。
    昔はポーションパックなっていうのはありもせず、どんなお店もこうしてテーブルをキレイに飾ったものでした。
    トプッとクリーム注いでゴクリ。体の中があったかになる。



    そしてメインの朝食プレート。
    小さなお皿にサンドイッチとレタスの葉っぱ。トマトにパインがギッシリ盛られてやってくる。
    サンドイッチは「パン・卵サラダ・パン・ハム・パン」というダブルデッカー仕様でその分、パンの存在感がかなり強烈。
    それだけ食べると口がモサモサ、渇いてきちゃう。



    そこですかさずカレーを食べる。
    ここのカレーはちょっと塩味強目の味で、ひと舐めしてはサンドイッチを一口齧る…、でちょうどいい味。
    つまりここのカレーはスープ代わりな感じでござる(笑)。ちなみに午後にはカレー食べ放題なんてメニューもあって、それこそご飯はもりもり進む。
    途中でレタスの葉っぱをかじり、口の中をみずみずしさでリセットさせつつお腹を満たす。


    関連ランキング:喫茶店 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅



    セガフレード・ザネッティにてちょっとお茶。ついさっきまで喫茶店にいてコーヒーを飲んでいて、けれど不思議とココのコーヒーが飲みたくなった。



    エスプレッソマキアート。
    ダブルショットのエスプレッソに、シッカリスティームしたミルクの泡をぽってりのっけただけの飲み物。だから少量。
    カフェラテだったりカプチーノはもったりミルクがお腹にたまる。けれどこれだと口と頭がすっきりするだけ。お腹に負担がかからない。
    大人な飲み物ってニッコリします。カップの中にはハートがひとつ。カップをくるりと回して取っ手を右側にして、飲もうと思うとハートがこっちを向いている。これもひとつのおもてなし…、ってニッコリしました。
    しばらくぼんやりいたしましょ。

    拍手[3回]

    昼の食事を終えてそのまま晩ご飯の食材を買おうと売り場をぐるぐる歩く。



    なかなか考えがまとまらず、お茶を飲みつつ考えまとめましょうかとそれで食品売り場の中にある「虎屋菓寮」にやってくる。
    今日はラッキー。いつもは人気のこの店もすんなり入れて、ホっとする。
    タイミングが良かったのでしょう…、冷たい抹茶の抹茶グラッセをもらって頭をちと冷やす。
    ベンチチェアーの後ろの壁で、季節に合わせて変わる暖簾が今日は栗。栗きんとんの季節だなぁ…、って、ココだけ一足先の秋。



    冷たい抹茶のお供に生菓子。
    「月下の宴」という名前。月見にちなんだ薯蕷饅頭。山芋やとろろ芋のことを薯蕷(じょうよ)と呼んで、それをつなぎに作ったまんじゅう。
    ふっくらとした食感で、歯ごたえモッチリ。口の中でトロリととろける。まんじゅうの中には白あん。やさしい甘さ。
    草むらから立ち上がって月を眺めるうさぎの姿も愛らしく、一口ごとにしんみり体に秋が来る。



    …、と、秋を堪能するボクの前で、今のうちに食べておかなきゃと、宇治金時を食べる友人。
    来る秋もあれば行く夏もあり、どちらもそれぞれいとおしい。
    小さいサイズのを選んでたのむ。山なす氷に溶いた抹茶をたっぷりかける。今日のはいつも以上に濃い色。
    一口食べると確かに抹茶の苦味、渋みに風味がズシッと口から鼻へと抜けていく。



    練乳追加で、それをトロトロ、氷にかける。かけたところが雪のように見えてまるでクリスマスツリーのような神々しささえ感じるステキ。
    氷の下にはあんこがタップリ。
    冷たい氷で疲れた舌が、あんこの甘さにホっとする。
    そういえば、結局、とらや本店のあんず氷を今年は食べずじまいだった。間もなく建て替え。しばらくお休み。ちょっと切ない、秋の前。


    関連ランキング:甘味処 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅



    家に帰ってぼんやりします。



    そのぼんやりのお供にぶどう。先日、友人にもらったモノで種なし。しかも大きい粒で皮ごとカプリとかじりつき、そのまま噛んで味わい食べる。
    甘くてやさしい酸味がおいしい。皮の渋みが甘みをじんわりやわらげて、次々カプリ。噛んでジュワリと体うるおうオゴチソウ。

    それから千疋屋のフルーツサンド。先日まではマンゴーサンドがメインだった。けれど今日、ショーケースの中をのぞいて、もうビックリ。
    マンゴーじゃなくていちじくだった。



    ボクが好きな果物は、一にいちじく、二にざくろ。それからビワで、だからいちじくと聞けば買わずにおれない。それでおやつに味わい、食べる。
    ふっかりとしたやわらかなパン。軽い塩味が中のいちじくの甘みをキリッと引きしめる。ポッテリとしたクリームと一体化して奥歯で潰れ、種がプチプチ、はじけてなんとシアワセな味。いちじくを使った料理の中でおそらくコレが一番。食べてたちまちオキニイリ。

    拍手[3回]

    朝、ひさしぶりに新宿の街でぼんやり過ごす。



    それで朝食を「BUN」にする。伊勢丹会館の一階にある昭和風情の喫茶店。
    季節の変わり目。だからでしょうネ…、一見してアパレル系のオシャレスーツのおじさんたちが緊張のおももちにしてコーヒー飲んでる。
    これから伊勢丹へ戦いを挑む前の時間でありましょう。
    ボクはのんびり。いつものごとく。カウンターの中のボイラーや半袖シャツジャケットの従業員さんをみながらやっぱりココって床屋に似てるよなぁ…、って思って朝の時間にのんびり。



    メキシカンドッグがメインのセットをもらいます。
    トースターでふっかり焼いたホットドッグブレッドにミートソースとレタスにトマトを挟んで作ったオリジナル。
    ミートソースのみずみずしさをドッグロールが受け止めて、不思議なほどにみずみずしくてやさいい食感。胡椒とタバスコがビリッと効いたミートソースが、トマトの酸味といっしょになると、たしかにどこかメキシコ風に舌が感じる。
    とは言えこんな料理はメキシコにゃありはしないけど、メキシコ的…、というのがなんだかたのしくて、ココ一番のオキニイリ。



    アイスコーヒーをお供にしました。
    甘く味が付いているのがココのデフォルト。甘みがコーヒーの苦味、渋みをまろやかにして飲みやすくしてくれるのでしょう。
    今日は甘み控えめにってお願いをして飲んでみたらば、酸味をちょっと強めに感じた。
    オモシロイなぁ…、すべてのバランスをとるために完成された甘さだったのかもしれないなぁと思ったりした。オモシロイ。



    茹でた玉子が一個付きます。
    これがキレイに剥けたらば、今日も一日いい日になる…、と願掛け気分でコツコツ玉子でテーブル叩いて罅入れる。
    指をひっかけユックリと。白身を傷つけぬように小さなとっかかりを作ってそれから一気に剥がす。大きく剥けて、しかもすべすべ。
    黄身までキチッと茹で上がり、今日一日はいい日になるに違いないって、笑顔になります。気も満ちる。

    今日のブレンドは「モカマタリ」と、厨房の中の柱にサインボード。モカマタリといえば「コーヒールンバ」でござんしょう。



    西田佐知子バージョンにしようか、井上陽水バージョンも捨てがたいなぁと思いつつ、やっぱり荻野目洋子のコレにした。
    痛快なほどにこの人、そしてこのステージ。バブルな香り。情熱のアロマはそのままバブルなアロマなのかもね…、って思いもしました。オモシロイ。

    ちなみに昨日の夜のコト。ステーキ食べてお腹を満たし、そろそろお開きと思って赤坂の街を歩いた。月曜日の夜にしてはにぎやかで、なんだかこのまま帰り難く感じてそれで、はしごしますか…、とHOOTERS(笑)。



    平日の夜というのにかなりのにぎわい。
    おじさんたちがメインではある。けれど女性も一緒のグループ客が結構いたりするのがたのしい。しかもみんなニコニコしながら飲んで食べて、語り合う。
    これもひとつのファミリーレストランの発展形。みんなが家族のような気持ちになれる店って悪くないな…、と思ったりする。
    ヒーハー味にしてもらったチキンウィングやエビをむさぼり、夜中近くまでたのしんだ。やっぱりココはオキニイリ。


    関連ランキング:アメリカ料理 | 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅

    拍手[3回]

    早い時間にラーメン食べて、それが果たしてランチなのか朝食なのか位置づけ微妙で打ち合わせ。



    ローレルというお店を選んだ。
    ビックロの裏側にあり、半年ほど前かなぁ…、一旦閉店。どうしたんだろうと思っていたら、1ヶ月ほどで営業再開。
    改装でもしたのかしらと思ってやってきてみるとお店の中はまるで変わらず。ただ変わったところが働いている人がみんな韓国系。
    オーナーチェンジだったのですネ。確かに前の経営者さんはお年を召していらっしゃった。これでハッピーリタイアメントが叶ったのならステキな話。



    サンドイッチをたのんで2人で分けましょうかと、おやつの代わりにミックスサンドを選んでたのむ。
    お供はアイスコーヒーで、ちょっと待ちます。
    注文忘れてしまったのかなぁ…、それとももしかしたらボクの日本語がわからなかったのかなぁと心配をする。
    かつて日本でそういう心配をすることなんてなかったのに、これも今の日本、東京の現実でしょう。
    無事やってきたミックスサンドを見て、ちと、ビックリ。



    ミックスサンドを食べようと思った理由がサンプルケース。
    トマトときゅうりの野菜サンドがワンセット。もう一種類はハムと玉子のサンドイッチ…、なのだけれど、玉子が卵焼きだったのです。
    東京で卵焼きを使った卵サンドイッチは希少種で、それで食べてみたかった。
    それがやってきたのは卵サラダを使ったモノで、これじゃぁ、話が違うじゃないのとちょっと憤慨。
    作っている方はそれほど大きな問題じゃないと思っているのかもしれないけれど、ボクにとってはまるで違ったサンドイッチ。プンプン、食べる!



    で、結論を言うと、これもなかなかおいしかった(笑)。
    ポッテリとした卵サラダがパンとの相性いいのですね。フッカリしていて、空気をタップリ含んで焼けたパンのそっけないような食感に、もしかしたら焼いた玉子よりこっちの方が案外ぴったりなのかもしれない。
    結果オーライ。
    アイスコーヒーにミルクをタップリ注ぎ込み、カラカラ飲んだ。打ち合わせ。


    関連ランキング:喫茶店 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅



    それから時間調整のためにちょっとお茶。スタバにします。いつものスタバ。



    新宿三丁目から二丁目に向かう通りに面してある店。新宿の外れというか、新宿御苑のはじまりと言えばいいのか、ちょっと不思議なロケーション。
    お店の前の通行料は決して多くはないのだけれど、いつも程よくこの店だけはにぎわっている。
    来るたびいつもなぜだか、いつもいる人。外人さんでMacBookを開いて、同じテーブルで仕事をしている。彼が今日もそこにいて、もしかしたらココに住んでいるのかしら…、って思って笑う。ウラヤマシ(笑)。



    場所柄もあるのか、あるいはスタバというコトも手伝ってか外国からの観光客が今日も大勢。無防備に肥えた人たちをみるとまだまだ、日本人の体格は貧弱だなぁと勝手な解釈(笑)。ボクは案外、国際級。
    アイスソイラテにヘーゼルナッツシロップくわえてコクリと飲みます。
    ほんのり甘くて、豆乳の豆の風味がヘーゼルナッツと相性抜群。ちょっとザラッと舌に残るような味わいが、とても独特。オキニイリ。

    ところで…。
    力持ちと呼ばれる人は沢山いるけど、普通の街角で自家用車を持ち上げる人をもし見たら、そりゃビックリしちゃうでしょう…、って動画。



    自転車専用レーンを塞いでる車を持ち上げ移動して、周りで見ている人たちに喝采もらうという内容で、カッコイイのがこのおっさん。自転車に乗って帰っていくんですよね。
    しかも何事もなかったかのように自然な様子で。持ちあげると言っても後輪部分を持ち上げ、前輪を上手に使って動かしている。コツさえ掴めばできそうで、いやいや、不用意にすれば腰が壊れてしまう。やっぱりスゴイと思うなり!

    拍手[4回]

    HOME 次のページ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]