忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2017/12 01
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝に寝坊で食べ損なって、それでランチをオキニイリの店でしましょう…、と開店時間に合わせていったつもりがなんと、今日に限って開店時間が少々遅め。



    それで店の近所の喫茶店でコーヒーを飲む。「ニンジン」っていう店で前からあることは知ってたんだけど、入ってみるのは今日がはじめて。
    お店に入るとマスターらしきおじぃさまがカウンターに座ってニッコリ。メニューはコーヒーとアイスコーヒーだけで、コーヒーをたのむと丁寧にコーヒーを落として作ってくれるのですね。
    ゆったりとしたペースでとても丁寧に。
    ボクの親父と同じくらいの年齢じゃないかなぁ…、偶然ながらもステキな時間をもらえてニッコリ。そしてそろそろ開店時間。

    目当ての店は「の弥七」でした。



    中国料理の店ではあるけど、おそらく世界でここでしか食べることができない料理を味わえる。
    お父さんが「風車」という和食のお店をやっていて、それで「の弥七」。名前が続いているだけでなく日本料理の世界と中国料理の世界がつながる独特世界がここならではで、いつも感心させられる。
    一時期、フランス料理と融合をした中国料理…、なんてお店が結構あった。けれど和食と融合っていうのはなかなか新しい。



    まずは前菜。和食器に入ってやってくるほどよい量。心尽くしの季節の料理。
    ごま豆腐をカラッと揚げてタレで味わう。このタレが、香り豊かな醤油味。磯辺焼きを食べてるみたいな、どこかしんみりナツカシイ味。
    ゲタカルビとゴーヤを煮込んだ一品は、クタクタに煮たゴーヤは不思議と甘くて苦味をほとんど感じぬ。なのにカルビを食べるとほろ苦く、しかもコツコツ、奥歯を叩いて肉の旨みをにじませる。
    里芋を中華ハーブで炒め煮したのは、トロトロとろけてお腹にスルンと流れこむ。



    料理を3つ、たのんで2人で分け食べる。
    ひとつはココの昼のスペシャリテになっちゃいました…、開業当初からずっと続いて提供されてる油淋鶏。
    大きな鶏のもも肉を表面パリッと揚げたところに、香り野菜を細かく刻んだモノをのっけて熱したお酢と油をジャジャっとかけまわす。鶏の脂の匂いが瞬間、おいしい香りに変わって鼻をくすぐって、野菜の風味もおいしく変わる。
    ご飯がすすむウレシイゴチソウ。



    それからこれまたココの名物料理の麻婆豆腐。
    ひき肉ではなく牛すじ肉をトロトロになるまで煮込んだモノをざく切りして使う。豆腐の他に赤いこんにゃく。どちらも小さめに角切りされてて、だから麻婆豆腐と言いながら豆腐の料理というよりも肉料理。
    麻婆牛肉といった方がいいんじゃないかという感じ。
    この牛肉の味とコクがすべてにシッカリ行き渡り、どことなくフランス料理の牛頬肉の煮込みのような重さと旨みが辛味、痺れと一緒に口にやってくる。
    これまたご飯がすすむ上、食べるに従いお腹が汗をかいてくる。それが食欲をひねり出してくれるのですネ。



    担々麺をスープ代わりに分けて食べます。
    細めで軽く縮れた麺で、スープを心置きなくたぐりよせ、口の中をどっしりとした辛味、旨みでみたしてくれる。
    ピーナツがまるごと入ってホツホツとした挽き肉と一緒に、奥歯がニギヤカになっていくのもおいしくて、ハフハフズルズル。
    軽い苦味が後口さっぱりしてくれる。



    塩味なのにどっしりとした旨みをたたえたとろみスープに、生のザーサイ、炊きたてご飯。お腹がたのしく満たされる。
    食後のたのしみ。杏仁豆腐。
    ココの杏仁豆腐はムッチリねばってとろけるタイプ。杏仁スープにはリキュールたっぷり混じってて大人の味で笑顔になれる。文旦を浮かべてみましたと、それがザクリと歯切れて酸味であとくちすっきり。また参りますと店を出た。


    関連ランキング:中華料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    お知らせ HOME ベオーネで肉
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]