忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    移動の途中。スパイシーをお腹にくれる。



    東京駅の地下コンコース。食品販売エリアの先に、マンゴーツリーデリと言う店。
    テイクアウト用の料理がズラリと並ぶ売り場の隣に、小さなイートインコーナーがある。カフェというには合理的すぎ、野外の店先で食事をしているような感じが、アジアの料理には居心地がいい。
    テイクアウト用の料理を、キッチンで温め直して、ちょっと手をかけどうぞというよな気軽なお店。



    ガパオライスが売り物で、中でもあまり他で見かけぬ「シーフードガパオ」があるので、たまにくる。
    香り豊かなジャスミンライスを、固め、パラパラに炊き上げて、それをこんもりお皿に盛って、サイドにシットリ、炒めた具材。
    小さな貝の柱に小エビ。刻んだイカ。バジルの葉っぱにキノコにパプリカ。味の基本はオイスターソースで、けれど辛いハーブやスパイスがタップリ入って大人味。



    小さなサイズの玉子を使った目玉焼きがのっかっていて、白身がカチッと固まって黄身はトロリと芯が半熟。
    黄身の甘みがビリビリ辛い炒めた具材をやさしく包む。
    青パパイヤとニンジン、キャベツをヌクマム風味の甘辛ダレでピクルスにしたサラダがタップリ。
    歯ごたえザクザク豪快で、一口ごと頭のてっぺんから汗が噴き出し、顔濡らす。
    背筋がシャキッと伸びるゴチソウ。移動をします。早足で。


    関連ランキング:タイ料理 | 東京駅大手町駅二重橋前駅



    仕事の合間にモノクルカフェ。有楽町の阪急百貨店。メンズ館の地下の店。



    百貨店の特徴のひとつが入口近くの香水売り場。
    非日常的な香り渦巻く空間が、人の購買意欲を高める効果があるんでしょうか。ココも一階のメインエントランスを入ると香水売り場があって、しかもそれが男性用の匂いなモノで、かなりコッテリ。
    独特の空気感を作ってる。
    売り場を抜けてエスカレーターにのってしばらく降りてくと、香水の匂いが徐々にコーヒーの苦い香りにおきかわる。



    非日常から日常に気持ちが変わっていくような、ホっとするのがちとウレシ。
    今日もユッタリ、静かでござんす。
    気持ちもユッタリさせましょう…、とコーヒーじゃなくお茶にする。ジンジャーカモミールティーっていうのがメニューにあって、たのんでみるとスパイシーなカモミールティー。ひと口ごとに目覚める気持ちとココロ安らぐ気持ちが行ったり来たりする。不思議な味わい。
    嫌いじゃないなと思って飲んだ。ぼんやりしたら、移動する。


    関連ランキング:カフェ | 有楽町駅銀座駅日比谷駅

    拍手[2回]

    PR
    仕事を終えて次の場所へと移動の前にちょっと小腹を満たすことにする。



    東京駅の中にある食堂街の中の一軒。「筑紫楼頂上麺」という店にくる。
    「麺の頂上を目指せる料理」を目指して名づけた名前なんでしょう…、フカヒレを使った香港風煮込みそばをメインにすえて、ずっと繁盛。
    食事時ではないのだけれど、厨房の中がにぎやかで見るとおみやげ用のマンゴープリンを一生懸命仕込んでる。
    東京駅というこの場所は、何がおこるかわからぬ場所で、そのさまざまに臨機応変に対応できる力が必要になるんでしょうネ…。



    焼きそば選んでたのみます。
    チンチンに焼いた陶器のお皿の上に、こんがり揚げ焼きした細い麺。片手の土鍋にこれまた熱々のフカヒレあんかけを用意して、お客様のテーブルの横でジャジャっとかける。
    かけた瞬間、ジュジュっと湿った音がしてそれと一緒にオイスターソースのようなコクある香りが漂う。それをみて次々、同じ注文が入ってました。シズル感。
    テーブルの上に置かれても、しばらくグツグツ、お皿の上は沸騰続けて麺をひっくりかえすとそれまで麺で覆われていた焼けたお皿にあんかけソースが流れ込み、湯気と一緒においしい香りがやってくる。



    ところどころが焦げて仕上がる細麺が、バリバリ奥歯で壊れる食感。それにからんでネットリさせるあんかけソースの味わい深さ。
    ところどころにフカヒレの名残があって、それがムニュンとなめらかにつぶれて舌にからみつく。
    ハフハフ食べて舌があせかき、そこですかさず黒酢をトプリ。
    酸っぱく甘い黒酢の香りが鼻から飛び込み、ちょっと小さいくしゃみをさそう。胡椒をパラリと風味をつけて、お腹の中がオモシロイほど温まる。


    関連ランキング:中華料理 | 東京駅大手町駅日本橋駅



    移動、移動で待ち時間をぼんやり潰す夕方のコト。スタバに寄ります。



    アイスドリップをまずたのみ、ショーケースの中を覗いたらニューフェイス。
    ブラッククランブルチーズクリームドーナツなるもの発見します。
    スタバの商品名って、なんでこんなに長ったらしいのが多いのでしょう。その長ったらしいのを何度か口の中で練習し、勢いつけて一気に注文できたときの達成感を味わって…、ってもてなしかなぁって思ったりさえするネーミング。
    つかえるコトなくスラスラ注文。ちょっとニッコリ。さぁ、食べる。



    薄紙敷いて上に置き、残りの薄紙を上にペロンとのっけて提供するスタイルで、つまり紙で包んで食べてというコトなんでしょう。
    なのにフォークもついてくるのが、ちょっとたのしく今日はフォークで切り分け食べる。
    生地そのものが濃厚クリーム味をしていて、そこにコッテリ、チーズ風味のホワイトチョコ。ダークチョコ色のクランブルが苦味をそえておいしくさせる。
    今日はチョコ味にご縁があるね…、って思ったりした。さぁ、移動。

    拍手[3回]

    日帰り出張で西に向かう今朝。東京駅で朝をとる。



    病み上がりというコトもあり体の節々に痛みが残り、咳をいっぱいしたからでしょう…、腹筋痛し。ずっと風邪を引いて咳をしたらば腹筋が割れてくれるかもしれないなぁ…、なんて思って大笑い。
    体にやさしい朝にしようと、東京炒飯の朝の限定。「泡飯」にする。



    赤坂離宮の譚さんがプロデュースしたというのを売り物にする、JR東日本系の外食会社運営のお店でござんす。
    注文すると大きな中華鍋をふりかざし、スープを沸かして炊き上げる。気軽に味わうコトができる専門料理って感じで決して悪くない。
    ただ厨房の中から大きな声で「塩に味の素を混ぜておいたから。ちょっと少なかったから多めにしといた」なる、業務連絡が飛び込んでくる。中国料理と化学調味料は切ってもきれぬ関係だとわかっちゃいるけど、これほどあっけらかんと言われちゃうと、弱ってしまう(笑)。



    さて、その味の素をちょっと多めにほどこした塩で味を整えたであろう、今朝の一品。
    卵とエビの泡飯がこれ。
    泡飯と書いて「ポーハン」と読ませるようで、おそらく沸騰させたスープが泡のようになってご飯を包み込みつつ仕上がる…、からなんでしょう。
    ロマンティックな名前でちょっとオキニイリ。
    雑炊のようにご飯が潰れるコトもなく、汁かけご飯、あるいはお茶漬けのような体裁。



    サラサラとしたお米ご飯を、チリチリ熱の入った玉子がふっくら、ふんわり包み込む。やさしい食感がなによりおいしい。
    それに案外、エビがタップリはいってる。
    小さなエビを細かく切って、それがタップリ。スプーンですくうともれなくエビがのっかってくる…、って感じがうれしく、それがプニプニ潰れる食感もにぎやかでいい。
    絶妙加減に塩抜きされた搾菜がカリコリおいしく、ハフハフ食べてお腹の芯から体をぽかり。汗もかきます…、オゴチソウ。


    関連ランキング:中華料理 | 東京駅大手町駅二重橋前駅



    電車に乗る前、ディーンアンドデルーカにより旅のお供を買っておく。何にしようかとメニューをみると、なんとミントジュレップが戻ってきてた。春から初夏にかけてのゴチソウ。
    しかも今年はミントジュレップにくわえるフルーツが何種類か。オレンジ選んで作ってもらう。



    カップの中にフレッシュミントとオレンジを入れ、軽く潰してトニックウォーターをとくとく注ぐ。そこにサラサラ、氷を入れてお待たせしました!と手渡される。
    冷たく、しかも見た目がなにより爽やかで、コクリと飲むと口いっぱいに広がる苦味と軽い酸味にキリッとします。
    南国の気付薬として作られたトニックウォーター。
    ミントの香りも華やかで、風邪の体が潤って元気をもらえるような気がした。
    行ってまいります…、日帰りです。


    関連ランキング:デリカテッセン | 東京駅京橋駅大手町駅

    拍手[2回]

    東京駅から北に向かって移動する今日。出発までに時間があって、それで東京駅の周りをブラブラ。



    グランルーフっていう、去年出来たばかりの八重洲口側の大屋根の、地下の部分にある商業施設を歩いていたら、なんと「神座飲茶楼」というお店があった。
    施設ができたときには別のお店があったはずの場所。
    通路に面して焼売、大根餅と言った作りおきができる点心類を並べたカウンターがあり、奥には厨房。
    神座的な麺だけでなく、飲茶や炒飯、簡単な中国料理を揃えたメニュー。



    ラーメンだけで単価を上げるのはむつかしい。
    珍しいラーメンを作ると市場がちっちゃくなるし、高級ラーメンにすると原価がかかってしまう。
    しかも女性客を取り込むためには、ラーメンじゃなく飲茶系のおしゃれな料理と抱合せにすりゃ、単価も上がるしいいんじゃないの…、という目論見でしょう。
    確かにお店の中には女性の一人客が目立ってラーメン屋にはない華やかさ。



    麺に小籠包がついたセットをたのむ。
    点心を蒸し上げるのにちょっとお時間ちょうだいします…、といいつつ、最初にやってきたのが小籠包。
    アレッて言ったら、麺の注文が立て込んでいてまもなく麺ができますのでって。
    正直でいい(笑)。
    テーブルの脇には胡椒や醤油に混じって、黒酢、紅酢がおいてある。小さなお皿に千切りにした生姜がたっぷり。そこに紅酢を注いで小籠包にのっけてパクリ。

    ハフハフしてたら、メインの麺。台湾ラーメンがやってくる。



    名古屋名物の真っ赤な辛いスープの上に、甘辛炒めの豚ひき肉がドッサリのったラーメンで、スープにプカプカ赤唐辛子が丸ごと浮いてる。
    白髪ネギと一緒にメンマ。豆腐のように見える白い物体は、刻んだ分厚いゆで豚で具沢山にて、そのゆで豚がムチュンと歯ごたえ肉感的にてなかなか旨い。
    麺は不自然なほどに伸びないちょっとズルい麺。
    けれど辛味の中にも甘みがあって、しかもドッシリ旨いスープと相性バツグン。



    食べ始めると汗が滝のように頭の上から滴り落ちて、なのにやめるコトができないほどにおいしく、かなりのオキニイリ。
    小籠包もしっかりとした味わいで、ラーメン屋さんの変種と思ってためしたけれど飲茶の店と思うことさえできそうな、真面目な料理にビックリします。
    点心をテイクアウトする人もたまにいるのがまたオモシロく、業態的にもありじゃないかと思ったりした。
    よき勉強になりました。


    関連ランキング:ラーメン | 東京駅京橋駅日本橋駅

    拍手[2回]

    小洞天でランチをとります。



    有楽町の駅近く。ビックカメラの地下にある店。中国料理の老舗のひとつで、それがなんで安売り家電のお店の地下にあるんだろう…って。
    ビックカメラが出きる前。ココはそごうが使ってて、百貨店の地下にあった店と思えばなるほど。この贅沢な空間と、その贅沢にあわせた料理がたのしめるというコトも当然。
    お店で働く人もどこかクラシックにて、時代を感じる。オキニイリ。



    焼売がおいしいので有名な店ではある。
    けれどココでボクが一番好きなのが、「やわらか焼きそば」。それと焼売が二個ついたランチセットがあってそれ。
    昔はハーフサイズの焼きそばに焼売4個、ご飯にスープがついたセットがあったのだけど残念ながら今はなし。それでこういう組み合わせ。
    ココの焼売は味がしっかりつけられていて、醤油もお酢もねだらない。水溶き芥子をタップリのっけて食べると肉の甘みや旨みが引き立ってキリッと旨い。



    生姜の風味がかなり強めで、粗めに挽いた豚肉もホツホツ、コツコツ奥歯を叩く。食べごたえがあるのがウレシイ。
    錦糸卵にイカにエビ、白菜、きくらげ、さやいんげんと具材豊富な焼きそばは、焼きそばとはいえ蒸し麺をスープで煮含め、油と醤油を注ぎつつ水気を飛ばして仕上げるもので、しっとり、フックラ。
    独特な味や食感なんだけど、ずっと何かに似ているような感じがしてた。
    何なんだろう…、と今日はじっくり味わって、そうか、これ。揚げたパリパリ細麺の長崎皿うどんが、あんかけまみれになってしんなりしたときの味。あるいは食感にそっくりじゃないって腑に落ちた。
    もさもさモグモグ、顎を動かし味わって、お腹満たしてさぁ、出よう。


    関連ランキング:中華料理 | 有楽町駅日比谷駅銀座一丁目駅



    ランチどきにはサラリーマンが次から次へとやってきて、満席以上の満席でそれで食べたらすぐに席をたち、近所のモノクルカフェにいく。



    阪急百貨店の地下の店。
    全館メンズ館という、かなり挑戦的な百貨店の地下には旅の雑貨とカバンに靴。下着に靴下と、かなり私的なたのしみを満たす売り場になっている。
    その一角のセルフサービスのコーヒーのカフェ。
    申し訳ないほど、いつも静かでありがたい。



    何を飲もうかとちょっと考え、冷たく甘い泡を飲みたくシェカラータ。
    エスプレッソに砂糖を入れて、溶けたところでシェイカーに。氷と入れてシャカシャカ、シェイクしたらば出来上がり。
    カップに入れると氷の上に泡がポッテリ。苦くて甘くて、しかも軽い酸味があって中国料理の油で疲れた口がスッキリ。生き返る。


    関連ランキング:カフェ | 有楽町駅銀座駅日比谷駅

    拍手[3回]

    HOME 次のページ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]