忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    東京駅から北に向かって移動する今日。出発までに時間があって、それで東京駅の周りをブラブラ。



    グランルーフっていう、去年出来たばかりの八重洲口側の大屋根の、地下の部分にある商業施設を歩いていたら、なんと「神座飲茶楼」というお店があった。
    施設ができたときには別のお店があったはずの場所。
    通路に面して焼売、大根餅と言った作りおきができる点心類を並べたカウンターがあり、奥には厨房。
    神座的な麺だけでなく、飲茶や炒飯、簡単な中国料理を揃えたメニュー。



    ラーメンだけで単価を上げるのはむつかしい。
    珍しいラーメンを作ると市場がちっちゃくなるし、高級ラーメンにすると原価がかかってしまう。
    しかも女性客を取り込むためには、ラーメンじゃなく飲茶系のおしゃれな料理と抱合せにすりゃ、単価も上がるしいいんじゃないの…、という目論見でしょう。
    確かにお店の中には女性の一人客が目立ってラーメン屋にはない華やかさ。



    麺に小籠包がついたセットをたのむ。
    点心を蒸し上げるのにちょっとお時間ちょうだいします…、といいつつ、最初にやってきたのが小籠包。
    アレッて言ったら、麺の注文が立て込んでいてまもなく麺ができますのでって。
    正直でいい(笑)。
    テーブルの脇には胡椒や醤油に混じって、黒酢、紅酢がおいてある。小さなお皿に千切りにした生姜がたっぷり。そこに紅酢を注いで小籠包にのっけてパクリ。

    ハフハフしてたら、メインの麺。台湾ラーメンがやってくる。



    名古屋名物の真っ赤な辛いスープの上に、甘辛炒めの豚ひき肉がドッサリのったラーメンで、スープにプカプカ赤唐辛子が丸ごと浮いてる。
    白髪ネギと一緒にメンマ。豆腐のように見える白い物体は、刻んだ分厚いゆで豚で具沢山にて、そのゆで豚がムチュンと歯ごたえ肉感的にてなかなか旨い。
    麺は不自然なほどに伸びないちょっとズルい麺。
    けれど辛味の中にも甘みがあって、しかもドッシリ旨いスープと相性バツグン。



    食べ始めると汗が滝のように頭の上から滴り落ちて、なのにやめるコトができないほどにおいしく、かなりのオキニイリ。
    小籠包もしっかりとした味わいで、ラーメン屋さんの変種と思ってためしたけれど飲茶の店と思うことさえできそうな、真面目な料理にビックリします。
    点心をテイクアウトする人もたまにいるのがまたオモシロく、業態的にもありじゃないかと思ったりした。
    よき勉強になりました。


    関連ランキング:ラーメン | 東京駅京橋駅日本橋駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    壱番亭 HOME 小洞天とモノクルカフェ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]