忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝、新宿で朝ご飯。軽く打ち合わせをすることもあり、それでセガフレードザネッティー。



    ここ数日、いつも以上に東京の街に外国人客が多くって、ここもかなりのインターナショナルアトモスフィア。
    イタリア語を喋る人たち、中国語やら韓国語やらとしかもみんながセルフコーヒーの作法をしっかり知っている。
    日本にスタバがやってきたとき、注文方法になじめず右往左往していた人がたくさんいたのを思うとすっかり、こういう店もグローバル。



    コーヒーとパニーニたのんで2階にあがる。
    ラテと番号札だけもらってテーブルにつき、写真を撮ってたら好奇心ありありの表情でボクの方を見つめる中国語を話すファミリー。
    中国の人って、不躾なほどじっと他人を見つめることがあってかなり辟易するけど、彼らの1人がかなり流暢な英語でボクに聞いてくる。
    「なんで料理ばかりを撮って自分のコトは撮らないんだ」と。
    確かに彼らはセルフィー大好き。レストランでも必ず自分を被写体の中に入れている。
    いや、ボクは料理の写真を撮るのが好きで…、と言ってるうちにパニーニがくる。



    それを同じく撮ってたら、「食べてるところを撮ってやろうか」と…。そういう趣味もございません(笑)。
    彼らのとこにもパニーニがきて、それを持ち上げ食べてるところをみんあで撮りあい、ワーキャーしてた。それもたのしい過ごし方。
    袋に包まれやってきたのを、取り出しみるとパンの表面がツヤツヤしてる。オリーブオイルのツヤですな。
    油をまとってこんがり焼けた表面サクサク。しかも波上に窪んで飛び出てその凸凹が、ガリっとかなり歯ごたえ頑丈。



    挟んだチーズとハムの食感なめらかで、コントラストがたのしいあったかサンドイッチ。
    それにしてもココのエスプレッソはやっぱりおいしい。
    ビターでしかも甘くてポッテリ。ミルクと一緒になっても風味はゆるぎなくって、カップに残る年輪みたいな泡の後。ミルクで描いたハートのマークもずっと消えずにカップの中を漂っている。
    空は青空、いい天気。いい週末のはじまりです。


    関連ランキング:カフェ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅



    打ち合わせがテキパキ片付き、お店をあとにしたものの、昼ご飯の時間にゃ少々早すぎて、それでスタバでぼんやりします。



    飲んでみたかった飲み物があり、それを目当てにやってくる。
    フルーツクラッシュっていうティードリンクで、たのむとカップにイングリッシュブレックファストのティーバッグ。スティームあてて紅茶を出して、ベリー系のフルーツソースとドライフルーツ。特にドライ林檎がたっぷり浮かんでやってくる。
    作ってるときから明るく甘酸っぱい、おいしい香りがただよってきて気持ちがやさしくなっていく。



    味はというと紅茶にいちごジャムを溶かしたロシアンティーのような味わい。
    なつかしくって、けれど舌に残って噛むとサクサクはぎれる林檎の食感が新鮮で、これがまもなくシナモン風味に置き換わり、徐々にホリデーシーズンに向けて寒くなっていくんだろうなぁ…、って予感をさせる。
    それで一緒にシナモンメープルバタートースト買って、季節をちょっと先回り。
    パンがサクサク乾いて焼けて、甘くて切ない風味がおいしい。外はあったか…、けれど秋。

    拍手[5回]

    PR
    シーアンドシーで朝カレー。



    気軽なカレーのチェーン店。商品構成はほとんど同じ。前払い制というのは同じなんだけど、食券販売機にお金を落とすタイプの店や、お店の人に前払いするタイプのお店。完全立ち食い、カウンターに座ったところにお店の人が料理を持ってくるお店とスタイルあれこれ。
    ココはお店の人にお金を払い、商品を作ってもらって手わたされ、自分でテーブルまで持っていって座るタイプ。
    カフェな感じのお店のサイズも大きくて、フラッグシップな感じのお店。



    モーニングカレーが2種類あって、いつも鶏の唐揚げが一個だけ付くモノたのむ。
    それというのももう一種類には温泉玉子にソーセージ。温泉玉子が苦手なので必然的に唐揚げのになる。
    どっちがよく出る?って聞いてみたら、温泉玉子に人気があるって。
    そうだろうなぁ…、ってやっぱり思う。昔はこれに野菜カレーのチョイスもあって「朝に野菜を!」みたいな謳い文句で大々的だったんだけど、あっけなく数ヶ月だけでなくなっちゃった。
    朝にカレーを食べる人は健康のコトを棚上げする人だからなんでしょう。
    ボクもそう(笑)。



    カレーを受け取るカウンターの横にお水のグラスやスプーン、フォークが並んでてそれを自分でとるスタイルが、社食みたいな感じでもある。
    みんなトレーを使うんだけど、トレーを使わず水の入ったカップの中にスプーンを入れて持ってくる。
    昔、喫茶店でカレーをたのむとスプーンがグラスに水と一緒に入ってくるのが普通だったような気がする。遠い昔の記憶がフワッとよみがえる。



    ポッテリとした衣が分厚く、中にフッカリ、鶏の肉。生姜やニンニク、醤油の風味が存分に中まで入ってうまい、旨い。
    胡椒の風味が後からドッシリやってくる、口の中では辛くないのに食べてくうちにポカポカ体があったまり、頭のてっぺんから汗が流れる。
    これもひとつの健康食…、って思ったりもする。
    福神漬けとラッキョウが器に入って取り放題ラッキョウ派のボクにはそれがうれしくて、ココをいつも選んでしまう理由のひとつになっていた。
    けれど間もなくラッキョウの無料サービスは終わっちゃうんだというのです。
    残念至極。今日はちょっと多めにとってコリコリ食べる。で、移動。


    関連ランキング:カレーライス | 新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅



    ディーンアンドデルーカに来て、何か冷たいものをとメニューをみたら、なんと今日までです…、って秋の飲み物があるのに気づく。



    3種類ほど用意されてて、中でも「マスカットジュレハーブトニック」っていうのがなんだかおいしげで、たのんで飲んだ。
    カップの下の部分は透明。ジュレなんでしょう。そこから緩やかなグラデーションをへて、氷をたたえたバラ色になっていく。まず目にうるわしい。
    ストローを真っ直ぐさしても倒れない。一番下のジュレのおかげで、ズズッとすするとまずはマスカットの香りがしてくる。軽い苦味はトニックウォーター。苦味の後に甘酸っぱいローズヒップがやってくる。もっと早く出会っておくんだったと思う。明日から10月。秋のコト。

    拍手[4回]

    朝、病院にいったついでに朝を外にて…、バーガーキング。



    不健康極まりないアメリカ的なるジャンクフードを、「食べたい!」と思う気持ちは実は健康であることの証であるに違いないと(笑)。
    それで朝から油を食べる。
    台風風の朝から不穏な天気でござる。だからでしょうネ…、いつもは近所のおもちゃ博物館を目指すファミリー客も今日はいなくて、静かでゆったり。



    せっかくだから友人をよびだして、気になるものをあれやこれやといっぱいたのんでトレーを埋める。
    お店に入った途端に油の匂いがしてて、それがおいしく感じるステキ。
    ハッシュブラウンを一人一個ずつたのんでしかも、できれば揚げたてくれませんかと。5分ほどもお待ちいただければと言われて、全然気にしません。
    今日はのんびりする予定と、それで揚げたて。



    白身魚のフライを挟んだフライドフィッシュサンドイッチ。ベーコン、レタス、トマトと一緒にチーズを挟んだBLTサンドイッチ。
    どちらも胚芽のパンがカサカサ、口の中に散らかって食感ニギヤカ。マヨネーズベースのソースが手っ取り早く、朝のエネルギーを作ってくれる。
    スクランブルエッグが入ってトロリとなめらかな、朝のホットドッグはふっかりとしたパンの食感がやさしくて、口の中をしっとりさせる。



    それにしてもハッシュブラウンのおいしいこと。
    サクサク歯切れて口の中を油まみれにして消える。昨日までは天ぷらの衣の匂いもダメだったのに、今日は油がおいしく感じる。
    一歩ずつ、前進かなぁ…、って思いながらアイスティーで体潤し、家に向かってユックリ帰る。雨の中。

    ひさしぶりにパスタを作る。ありあわせの素材を使ってテキパキと。



    ざく切りにした玉ねぎとざっくり切ったキャベツの葉っぱ。ペペロンチーノオイルで炒めて、そこにツナ缶。
    本当はこのままオイル仕上げにしたいとこ、舌が不確か。自信がなくて、それで買おきのトマトソースを使って作る。イカゲソやはまぐりの旨みを加えて煮込んだソースで、それでそこそこ味が整う。そういえば、香り野菜の買い置きがなく、バジルがあればもっと味わい華やかになったのになぁ…、と思って食べる。
    麺はほどよく仕上がって、お腹がなによりあったまる。明日から仕事をする予定。

    拍手[7回]

    今年の夏もそろそろ終わる。そういえば、あれを今年は食べてなかった。



    …、と、そう思ったらいてもたってもいられなくなり、「小諸そば」を目指して歩く。
    家の近所のお店に到着。朝食代わりのそばとした。
    昔はよくきたオキニイリでした。
    お店で揚げた天ぷらが売り物の店で、当時はそういうこだわりのある立ち食いそばの店は少なく重宝しました。
    今となってはもっとこだわる気軽な蕎麦屋が結構あって、それで最近ご無沙汰でした。そのキッカケが今日の目当ての料理でござる。



    たのむと、ちょうど麺が切れたところでこれから茹でますから…、と。
    ちょっと待ちます。
    いつも茹でたてではないけれど、数人前づつ絶えず茹で続けている店でだからたいてい「ほぼ」茹でたて。
    けれどこうして「完全茹でたて」っていうのがときに食べられて、なんだか得した感じになれる。ザブザブ麺を洗ってしめる音がして、テキパキ具材を並べて料理ができあがる。



    「和風冷麺」という夏限定のぶっかけスタイルのそばでござんす。
    キリッとしめた冷たいそば。当然、日本そばでそこに具材を散らす。この具材がいささか独特。
    茹でてほぐした鶏の胸肉。千切りにしてきゅうりとかまぼこ。
    そこにタレがかかるんだけど、ちょっと酸っぱいごまだれで冷やし中華のタレのような風合いがある。とはいえ基本はそばだれで、だから中華と和食の中間みたいな独特の味。



    ここのお店のウレシイところが、薬味が多彩に揃っていること。
    それもカウンターの上にキレイに並んで置かれる。塩に七味に柚子の風味の辛味調味料。練ったワサビに刻んだネギ。
    ネギはほとんど使わない。蕎麦の風味を邪魔すように感じてそれで。
    この冷麺が好きなところは、きゅうりで味わいさわやかにしているところ。実は自分で冷たいぶっかけそばを作るときも、千切りキュウリをたっぷりいれる。



    緑の香り。シャキシャキとした食感、そしてみずみずしさが、蕎麦の風味や食感を引き立ってくれるよきパートナー。
    七味をパラリ。ごまだれの胡麻の風味を七味の中の胡麻が一層、強烈にする。
    ワサビをたっぷり。ごまだれに溶いて食べると、スキッと辛味が鼻から抜ける。ネットリとした鶏肉がザラリと蕎麦にからんで潰れる。
    朝のお腹がよろこぶゴチソウ。夏の終わりに夏を感じる、さぁ、移動。


    関連ランキング:そば(蕎麦) | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

    拍手[4回]

    旅先にて朝…、地方都市の駅前の朝ってなんだか静かで朝食する場所にちと困る。



    ドトールコーヒーをみつけてここでと、お店に入る。
    「いらっしゃいませ、おはようございます」と声も明るく、気持ちがホッと明るくなれる。
    ご当地性はどこにもないけど、ココならメニューをみることもなく、食べたいものを注文できる。その安心感も悪くないな…、と思ったりもする。
    冷たいカフェラテをもらって朝の体潤す。そしてコレ。



    朝食セットのメニューのひとつ。
    ハムと玉子のトーストサンド。うちの近所のお店ではいまだにナイフで2つに切り分けてやってくる。
    今のドトールコーヒーの基準では、切らずに紙にくるんでお皿に乗せることになっていて、ここはそういう基準の通り。
    中に挟んだ具材は同じ。だからそれで味が変わるわけじゃないかもしれないんだけど、味の「雰囲気」が変わってしまう…、ようにも思う。



    手に持ち上げた時の重さや感触がまず違う。
    2つに切ると、具材が一番たっぷり収めた中心部分があらわになって、一口目からそのたっぷりを味わうことができるのだけど、切らずに食べると最初に口にやってくるのは端っこ部分。
    それがなんだかさみしい感じ。とはいえ、パンのカサカサ具合がおいしくて、これもひとつの味わい方…、って思って食べる。



    ところで先日、贔屓のドトールでプリペイドカードはいかがですかと勧められ、その勧め方がとても明るく丁寧で、思わず買ってそれを使っての朝としました。
    どこのお店もお客様の囲い込みには一生懸命。財布の中にはスタバのプリペイドカードもあって、どれだけコーヒーを飲む人なんだろうって、自分で自分に感心しました。オモシロイです、さぁ、移動。

    でもって、今度はスタバのプリペイドカードの出番。iPhoneの電源もそろそろたよりなくなってきたから電源借りる目的もあってくる。



    ゆったり座れるソファも空きがあったんだけど、だからカウンター。電源のあるところを選ぶ。カウンターと大テーブルだけ人ですずなり…、みんなの気持ちも同じなんだなぁってちょっと笑った。
    アイスショートヘーゼルナッツソイラテをえらんで飲んだ。
    豆乳の風味にヘーゼルナッツの香りと味が混じって、とてもナッティー。
    飲んでいるだけ。なのにまるで奥歯でナッツが砕けているような感じがするのがオモシロイ。ビターな甘みでめざまして、次の仕事に向かいましょう。

    拍手[4回]

    HOME 次のページ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]