忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    北関東にて朝…、朝ご飯をいつものホテルでいつものように。



    決して大きなホテルではなく、だからバイキングのようにしてしまうとロスが出るうえ料理は必ず貧相になる。
    それでチェックインするときに、和朝食か洋朝食を選んで準備をしてもらう。
    バフェじゃないからどれもができたて。ちょっとした工夫で提供者側も食べ手もどちらもシアワセになる。できぬ約束をしない勇気をもてばいいんだ…、といつも感心。
    ちなみにいつも和食を選ぶ。
    お膳の上に塗りのお椀に茶碗にお皿。日本の朝はこうでなくちゃ、とニッコリします。



    お椀の蓋をとると中には煮物が入る。
    ブロッコリーにくわい、千切りニンジン。さつま揚げにこんにゃく、竹輪と素材様々。こんにゃくのように味が含みづらい素材があるからなんでしょう…、鰹節をパラリとふりかけ、味わい豊かなご飯のおかずにしてくれる。
    皮がパリッと焼けた鯖。脂の香りがなんともうまい。
    海苔に納豆、漬物と目ににぎやかで食欲さそう。



    隣のテーブルの二人組。仕事の同僚なんでしょうね。そのひとりが温泉卵を手にとって同僚に「これ、食べていいよ」と手渡した。
    苦手なのか?と聞かれて「温泉卵が怖いんだ」…、と。
    曰く、固まってるのかどうかわからぬブヨブヨの白身の中に黄身が透けて見えるところが、どうにも怖くて食べられない。見てると中から何かが這い出して来そうに思えておそろしく、だから早く食べてよネ…、って。
    ボクとまるでおんなじ人がいるんだなぁ…、って思わず握手をしたくなる(笑)。



    最近、サラダやパスタ、ハンバーグにまで温泉卵を合わせるお店が多くって、そういう料理はみんな怖くて気持ち悪い。心置きなく残すことにした。

    ご飯の上に梅干しポテッと置いてハフハフ。熱々のなめこの味噌汁でお腹と体を潤し食べる。
    セルフサービスのコーヒーマシンがおいてあり、お部屋でどうぞとペーパーカップ。じゃじゃっと豆を引く音と甘いコーヒーの香りにパチリと目が覚める。

    移動の途中、電車の乗り換え時間を使って吉野家による。



    最近ちょっとルーティン化しちゃった感じのたのしい寄り道。今は何をやってるんだろう…、って勉強ついでの今日の午後。
    麦とろ定食をたのんでみます。
    健康市場。あるいはシニアマーケットを意識しながら作った商品なんでしょう。
    飯は少なめ。メインの他には茹でたオクラにわかめ汁とかなりやさしい品揃え。メインは鰻と牛皿が用意されててせっかくだから両方とった。だって勉強なんだもん(笑)。
    鰻の蒲焼きはコンビニの鰻のことを考えるならほどよきレベルで我慢ができる。牛皿においては堂々、伝統の味。間違いなしの組み合わせ。



    とろろの食感を表現するのに「サクサク」とメニューに書いてあって、そう言うことかと食べてみると、なるほど…、すりおろしている訳じゃなく、フードプロセッサーで砕いた山芋。なめらかな部分もあるけど確かにサクサク、歯切れて砕けてとろける感じが面白い。
    嘘をつかず正直なのに交換もてる。
    麦飯も炊いているのかと思って食べたら、牛丼用の白米の上に蒸し麦をのっけただけで、なるほどこれならご飯を二種類炊かなくてもいい。しかもスベスベ、麦の食感が素直に口にやってくる。いいんじゃないのと思うと同時に、ほどよき量と組み合わせ。次は何をしでかすんだろう…、ってドキドキします。オモシロイ。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    残念な寿司に、ゴキゲンな牡蠣 HOME 壱番亭
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]