忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    土曜日の朝、ソーセージエッグマフィンを食べる。



    と言っても、ソーセージエッグ「マック」マフィンではございませんで、ソーセージエッグ「マイ」マフィン。
    トーストしたマフィンの上にレタスの葉っぱ。
    こんがり焼いたソーセージパテにチーズをのせて蒸し焼きしたの。白身をサクッと焼き上げた目玉焼きをのっけて挟む。
    ケチャップをマフィンの上に搾ったら、ハートマークのようになった。狙いじゃござらぬ…、期せずして(笑)。



    ムチュンと歯切れるマフィンブレッドに、これまたムチュンと歯切れるパテ。グリドルの上にこぼれてサクサク焦げて焼けたチーズが香ばしい。
    黄身の芯の部分がほどよくなめらかで、マフィンの胚芽がパラポロちらかり口の中をにぎやかにする。
    食感やさしく、なのに味わい力強くて気持ちが明るく満たされた。

    ちなみに昨日。どげんの後に、〆をしなくちゃと「小法師」にきた。



    夕方、試食でかなりの量を食べたということを、すっかり失念。酒を飲んだら〆をどこかで…、といういつものモードが発動しちゃった(笑)。
    下に食べログのデータをはっているのがずっと「閉店」マークがついちゃってるけど、確かに一時期閉店してて、けれど今ではリオープン。
    明るく、清潔。ラーメンも脂ぎってはいないからでしょう…、女性顧客が結構多くて、お年寄りにもやさしい雰囲気。
    地味だけれども悪くないなぁ…、って来るたび思う。



    暑い日でした。それで友人。冷たい麺がいいやとそれで、中華風冷やしラーメン。
    冷麺でなく、ただの冷やし中華でもない。あくまで冷やしラーメンという、そのこだわりが東北出身の心意気。
    ケホっとするほど酸っぱくなくて、醤油ベースのスープのコクと中にどっさり氷をぶち込み容赦なく冷やしたスープと麺のもつ清涼感で味わう一品。
    それに高菜と叉焼の小さな丼をつけて食べてた。
    そうか、お米ご飯を午後からずっと食べてない。だからボクもと思ってみるも、そうだ、これでもう3度目の晩御飯、と正気に戻って我慢する。



    季節の商品。みぞれラーメンというのがあって、ボクはそれ。
    大根おろしをみぞれにみたて、それをタップリ。熱いスープの上にのっける。そこに千切り大根と水菜をどっさり。
    生の大根が熱いスープで徐々にしんなりしてくるのだけど、噛むとコツコツ。その歯ごたえが喜多方ラーメン独特のプルプル、すべすべなめらかな麺の食感と対照的で涼しく感じる。
    柚子の香りもさわやかで、夏の終わりにピッタリ風。



    食べてるうちにちょっと体がポカッとしてくる。スープが熱いだけでなく、なにかヒリヒリ。辛味を持った素材がどこかに潜んでる。
    そう思いつつ、いろんなところをつまみあげたり、すくいとったりしながら味わいなるほど、なるほど。
    大根おろしに柚子胡椒が練りこまれていて、ところどころに緑の斑点がポツポツ見える。柚子の風味の主はこれ。辛味の元もまたコレで、これまた夏の終わりにピッタリ。明日も暑くなるのかなぁ…、って思って家にテクテク帰る。金曜日。


    関連ランキング:ラーメン | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

    拍手[4回]

    PR
    日曜の朝に、さぁ、何を作ろうとサンドイッチを作ってみます。峰屋で買ったトースト用の5枚切りのパン。ナイフでスパッと2枚におろし、賢いトースターでこんがりと焼く。



    一度に2種類作りましょう…、と、ひとつはオムレツ。いんげん豆にパプリカ、ハムを切って炒めて、そこに刻んだディルをくわえた溶き玉子。何度も何度もわけて流して卵焼き的作り方。
    もう一種類はハムとレタスでどちらもたっぷり。
    分厚く作ってだからザクッと切るのにちょっと勇気がいったけど、今日もキレイにできました。
    ふっくら焼けた卵焼き。コツコツホツホツ、具材の食感がにぎやかでそこにザクザク、こんがりやけたパンが散らかる。レタスもシャキッとみずみずしくて、朝の贅沢。オゴチソウ。

    ちなみに土曜の夜も近所のお祭り。土曜で終わりというのでそれで、ちょっと散歩でウロウロします。



    野菜をメインの夕食で、それでどこかで〆をしましょう。
    実は担々麺のおいしいお店で〆をしようと、新記で香港麺を食べずにおいてた。ところがそこがなんと今日はお休みで、担々麺にふられて街をふらつくコトになったワケ。
    辛いなにかがあきらめきれず、それでそうだと「みんみん」にくる。
    それにしても荒木町は坂の町。この角度から写真を撮ると、たしかにそうだなぁって思ったりする。オモシロイ。



    お店に入ってのんびりしてると、塾帰りでしょうか…、小学生くらいの男の子が駆け込んできて、ジュースをもらってゴクリと飲んで、それから元気に「オヤスミナサイ」って行って飛び出してった。
    多分、ココのお店の子なんだろうなぁ…。
    ボクも小さな頃は小さな飲食店の男の子で、学校から帰るとまずお店に行ってそこで勉強をしたりおやつを食べたり。もう帰りなさいって言われるまでお店にずっといたりした。なんだか当時がなつかしくって、ニッコリしました。



    さぁ、ボクの〆。
    マーボー麺に炒飯と餃子をつけた定食にする。
    軽く縮れた玉子麺。スープのベースは鶏がらスープに醤油風味。そこにトロリと麻婆豆腐のとろみがからんで、スルンとなめらか。
    辛さもありはするのだけれど、豆腐の味わい、ほつほつひき肉が奥歯にあたって食感とても騒々しい。だからでしょうネ…、分量以上の満足感。
    マーボー麺と一緒に食べておいしいような、ひと味たりないパラパラ炒飯。
    野菜がたっぷりはいった餃子は、カリッと焼けてて味わいかろやか。いい感じ。



    つきあってくれた友人は、生姜焼きの定食を選んでたのんだ。
    これがかなりのボリュームで、豚肉しっとり。やわらかなのにもビックリします。
    玉ねぎの他に青菜が入ってて、葉っぱの食感がサクサクカリカリ。プルンと脂が歯切れてとろける食感ひきたてなんとも旨い。
    千切りキャベツとマヨネーズ。生姜焼きと一緒につまんで炒飯の上に乗っけて一緒にパクリと食べる。あぁ、デブまっしぐらなおいしさだなぁ…、って思って夜が更けていく。


    関連ランキング:中華料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

    拍手[3回]

    今日も午前中は家でお仕事。それで朝にトーストを焼く。
    明治屋さんのグラハムブレッド。普通の食パンを縦半分ほど。縦長に小さく焼けたパンを2センチ切りにしたもの。



    賢いトースターでこんがり焼いて、そこにアボカドとズワイのほぐし身を芥子マヨネーズであえたものをたっぷり挟んでザクッと切る。
    グラハムブレッドがザクザク歯切れて、そこにトロンとアボカド、ズワイが混じってとろける。分厚いパンに負けない具材の旨み、食感にウットリしつつ、それにしてもこのパン、旨い!
    モッチリしてて、けれどサックリ食感軽快。もったりしないところがステキ。パンが旨いのか、それともトースターの焼き加減が絶妙なのか。
    ますますたのしい、お家で焼いて食べるパン。

    渋谷で野暮用…、時間調整にちょっとぼんやり過ごしたい。ところが街は大にぎわいで、どこにしようかちと考えた。



    そうだ!クリスピークリームドーナツだったらなんとかなるかも、とやってきたらガラガラだった。
    かつてあんなに日本の女子から熱狂的に支持されたのに、なんでこなんなに人気がないの…、って、人の心の気まぐれなコトにゾッとしながらの今日のココ。
    ポツリポツリとやってくるお客様も半分以上が外人客で、しかも彼ら、電源のある場所に座ってスマフォであれこれ調べ事。
    それもひとつの使い勝手としんみり思う。



    今の季節の限定商品。レッドチェリーパイをたのんで、アイスコーヒーとお供にしました。
    半透明の薄紙に、ペトリとチェリーのジェリーが張り付く。なんだかその様、傷の上にのっけたバンドエイドから、傷口みているようでちょいとばっかりスプラッター(笑)。
    ぺろりと薄皮そっと剥ぎ、中を覗くと一層傷口感が盛り上がる。確かに夏は映画の世界じゃ血の惨劇の起こる季節でござんして、これもひとつの季節感。



    アメリカンチェーリーっぽい甘酸っぱくて、強烈な香りが口に広がっていく。ドーナツ生地自体はサックリとした軽い食感。そこにゼリーが混じりあい、口の中でトロトロになる。
    さくらんぼうとチェリーってまるで違った果物。そう思いつつ、あぁ、アメリカにずっと行ってないんだよな…、って思ったりした。ナツカシイ。


    関連ランキング:ドーナツ | 渋谷駅神泉駅



    そして次の打ち合わせ。



    同じ渋谷の「トップ」っていう喫茶店。駅を挟んで西と東に一店舗づつ。どちらも便利な場所にあるのに、ちょっとわかりにくい入り口で、特にこの店。
    交差点に面した大きいビルの地下。表通りにも地下に降りてく階段があり、ところがそれを降りると店はない。ビルの裏側。路地に面して階段があり、そこを降りるとこの店に着くという、まるで隠れ家。
    それにしてもこの路地の看板密集度の凄いこと。アジアな感じでワクワクします。



    地下に降りると別世界。もう何十年もココでこうしてやっていて、しかもお客様がいつもシッカリいるこの様子。
    熱狂的なブームを起こすわけじゃなく、静かな情熱で支えられてる。こういうお店が本当の繁盛店に違いない。
    アイスコーヒーをたのむと甘いシロップ入りで、しかもホイップクリームが浮かんでっくる。まだコーヒーが贅沢で、甘い飲み物だった時代が続いてる。たのしい仕事ができそうで、しばしボンヤリ。待ち人を待つ。


    関連ランキング:喫茶店 | 渋谷駅神泉駅



    ちなみにコレ。



    箱の蓋を加えて右往左往するイングリッシュブルの動画で、笑いをさそう。
    もしこれと同じことをチワワやシュナウザー、あるいは柴犬がやったらこんなに笑えるのか…、って思うとやっぱり、ブルってこういうコトが似合う犬なんですな。
    だからボクはブルが好き…、って再認識をいたします(笑)。

    拍手[3回]

    日曜の朝…、おいしい事件をたのしむ朝といたします。



    バルミューダというメーカーの「ザ・トースター」という名前のトースターがやっと届いて、それを使ってトーストを焼く。
    トースターの扉を引くと、銀色のお皿のような部分が出てくる。そこに水を注いでモードを選択。通常のトースト、チーズトースト、クロワッサンとかフランスパンなどパンの種類に合わせてあとはタイマー回す。
    するとそれぞれのパンに合わせた「完璧な焼き加減」で焼きあがるという、究極のトースターというので買って満たわけです。



    タイマー回すとインジケータにライトがついて、ピロリと軽い音がする。
    しばらくすると庫内が蒸気で満たされて、ガラスのドアが曇り始める。それに合わせてヒーターが明るくなったり暗くなったり。
    センサーでパンの状態を調べて、その状態に合わせた温度に調節をして焼いていくというシステムのよう。
    そのうち蒸気が蒸発し、曇った庫内が晴れていく。
    中の様子に目が離せない…、小麦が焼けるおいしい匂いが漂ってきて、思わずお腹がグーッであります。出来上がり。



    トースト用のイギリスパン。よく焼けるよう切り目を入れて焼いてみたらば、表面こんがり。生地の中まで見事に熱が入ってなんとおいしいこと!
    薄切りのパンにチーズを乗せて、チーズトーストモードにすれば、チーズはふつふつ沸騰するように焼き上がり、パンはほどよき焼き上がり。
    これがパンの持ち味なんだ…、と食べはじめると止まらない。食べ終わる頃には次のもう一枚を!と、焼きたくなってしまうほど。
    ひさしぶりに買ってよかったと思う商品。ハマります!



    おどろくべきかな、テクノロジー。

    トーストのお供に白いソーセージを焼く。



    実はオランダにいるフォロアーさんから、カレーケチャップをいただきまして、ベルギー風の白ソーセージを茹でて炒める。
    表面パリッとしたところに、カレーケチャップを注いでタプンと揺すって炒め、ハーブ野菜を盛ったお皿に移して上から、パラリとカレー粉、ちらして食べる。
    甘い。ほどよく酸っぱく、カレーの香りが食欲誘う。
    目をつぶって食べると確かにケチャップ風で、けれどカレーの香りとフルーティーな風味がどこかエキゾチックな雰囲気を持つ。アリガタイなぁ…、オキニイリ。

    先週は贈り物をいくつもいただくウレシイ週で、大阪の「マウンテン」というお店の仲良しご夫妻からの贈り物。



    蜂蜜の風味をうつした瓶入りコーヒーを、朝のお供にと飲むことにする。
    お店の中に大きな焙煎機がおいてある、自家焙煎にこだわる店で、冷たく飲んでおいしいコーヒー。しかもそこに蜂蜜の甘みと風味をくわえて夏の喉や体においしいように…、と工夫を重ねたオリジナル。
    ココ数年頂戴していて、夏告げコーヒーのようなたのしいオキニイリ。

    折角だからまずそれそのものの風味をたのしんでみましょうと、とびきりのショットグラスにカチ割り氷。



    上からトクトク、注いで味わう。
    色はかなりの濃いコーヒー色。氷にすけて明るく見えるところは赤みがかったボルドー色で、トロリと濃厚。
    氷をなめるようにして、ほんの少々。口に含んで息をする。
    焦げた香り。深くてなめらか。蜂蜜の香りでしょうか…、青い香りが最後にふわりと鼻から抜ける。
    ドッシリとした甘さがあって、しかも酸味もシッカリしてる。ゴクゴク飲むにも濃厚すぎて、氷に周りの薄くなった冷たいところをコクリコクリとユックリ味わう。



    ウィスキーのオンザロックを飲んでるようなごちそう感がなんともステキ。
    そこにミルクをちょっとづつ。注いで味の変化をたのしむ。
    ミルクをくわえるたびに酸味がおだやかになる。酸味をなくした代わりに旨みが苦味の影から顔をのぞかす。
    コーヒー1;ミルク3くらいが、今朝のボクにはほどよいバランス。
    気持ちがたのしく豊かになってく。アリガタイかな、日曜日。


    関連ランキング:コーヒー専門店 | 高槻駅高槻市駅

    拍手[4回]

    朝にサンドイッチを作ってはじめる。さぁ、土曜日でございます。



    ガッシリとしたライブレッド。アメリカンスタイルとでもいいますか。若干、小さなサイズで焼けてて、それを薄切りにしたものを軽くトースト。
    クリームチーズをまず塗り込めて、そこにスモークサーモンしきつめディルの葉っぱで風味をつける。
    アボカドのっけてパンで蓋してザクッと切って出来上がり。
    ザクザクとしたパンにチーズやアボカドがトロミをくわえて、スモークサーモンのネットリとした旨味を支える。
    こういう痩せたパンとスモークサーモンの相性抜群。うっとりします。



    そういや、ちょうど食べごろのバナナがあった。
    塩味おいしいチャンキータイプのピーナツバターも眠ってたはず。その両方を使ってクリームチーズと一緒に、ライブレッドで挟んでみます。
    ピーナツバターサンドイッチ・ウィズ・バナナ。
    これもネットリ、バナナの食感がちらかるパンをひとつにまとめ、ゴツゴツ、ピーナツの粒が潰れて塩の旨味を吐き出していく。
    ブルベリーのジャムがあったら完璧だった…、と思いもするけど、オキニイリ。
    いい週末にいたしましょ。

    ちなみに昨日の夜の〆…、昨日に続いて辛い麺を食べたくて「希須林」にくる。



    正式名称「希須林担々麺屋赤坂店」。
    もともと四川料理がおいしい中国料理のお店の希須林。そこの担々麺の専門店という位置づけで、だからひとつひとつの商品づくりがとても丁寧。
    好きな店。
    カウンターだけ。中の厨房も大きく設備も充実してて、けれど券売機にて食券を買う。その券売機の上にはおしぼりを収めた保温器がおいてあり、サービスよりも料理を作ることを優先させていただきます…、というメッセージ。
    余計な期待をさせぬ工夫も、いいお店になる条件のひとつでもある。考えている。



    店名の通り担々麺がやはり人気で、ほとんどの人が担々麺。
    温かいのや冷たいの。そこに揚げた排骨を乗せるか乗せぬかを選んで注文。友人がたのんだ冷たい担々麺は、器までもがキリッと冷えてて、麺はゴリゴリ。歯ごたえ抜群。
    軽い酸味を帯びたポッテリ系のスープは、冷たくしてなお風味豊かで旨味ドッシリ味わい深い。固めに茹でたもやしもシャキッと冷たくて熱いくせして汗が引く味。



    ボクはちょっと変わった注文。前回きたときボクの隣の人が食べてて、どうにも食べたくなっていたもの。
    ニラそばに排骨のせた「ニラ排骨」。
    辛味と酸味の強いスープにトロミをつけて麺の上にタップリかける。スープと一緒に炒めたモヤシとざく切りにした玉ねぎが、どちらも固めに炒められてる。
    そこにどっさり生のニラ。
    これがザクザク歯切れてしかも辛味と渋味が、スープの辛味に深みを添える。



    担々麺もおいしいけれど、甘みやナッツのコクがない分、スープ自体の旨味や風味が際立つおいしさ。
    なにより排骨との相性がよく、とろみスープをからめて味わう。
    ココの排骨はカレー粉つかって風味をつけた、薄めでバリッと揚がった仕上がり。そこにスープがからむとトロリと、衣自体もとろけてなめらか。むっちりとした麺の食感ひきたてる。
    今日もタップリ汗をかきます。
    頭のてっぺん、額に首筋。お腹の中まで汗をかき、お風呂が恋しく帰ります。


    関連ランキング:担々麺 | 赤坂見附駅赤坂駅溜池山王駅

    拍手[5回]

    HOME 次のページ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]