忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日も午前中は家でお仕事。それで朝にトーストを焼く。
    明治屋さんのグラハムブレッド。普通の食パンを縦半分ほど。縦長に小さく焼けたパンを2センチ切りにしたもの。



    賢いトースターでこんがり焼いて、そこにアボカドとズワイのほぐし身を芥子マヨネーズであえたものをたっぷり挟んでザクッと切る。
    グラハムブレッドがザクザク歯切れて、そこにトロンとアボカド、ズワイが混じってとろける。分厚いパンに負けない具材の旨み、食感にウットリしつつ、それにしてもこのパン、旨い!
    モッチリしてて、けれどサックリ食感軽快。もったりしないところがステキ。パンが旨いのか、それともトースターの焼き加減が絶妙なのか。
    ますますたのしい、お家で焼いて食べるパン。

    渋谷で野暮用…、時間調整にちょっとぼんやり過ごしたい。ところが街は大にぎわいで、どこにしようかちと考えた。



    そうだ!クリスピークリームドーナツだったらなんとかなるかも、とやってきたらガラガラだった。
    かつてあんなに日本の女子から熱狂的に支持されたのに、なんでこなんなに人気がないの…、って、人の心の気まぐれなコトにゾッとしながらの今日のココ。
    ポツリポツリとやってくるお客様も半分以上が外人客で、しかも彼ら、電源のある場所に座ってスマフォであれこれ調べ事。
    それもひとつの使い勝手としんみり思う。



    今の季節の限定商品。レッドチェリーパイをたのんで、アイスコーヒーとお供にしました。
    半透明の薄紙に、ペトリとチェリーのジェリーが張り付く。なんだかその様、傷の上にのっけたバンドエイドから、傷口みているようでちょいとばっかりスプラッター(笑)。
    ぺろりと薄皮そっと剥ぎ、中を覗くと一層傷口感が盛り上がる。確かに夏は映画の世界じゃ血の惨劇の起こる季節でござんして、これもひとつの季節感。



    アメリカンチェーリーっぽい甘酸っぱくて、強烈な香りが口に広がっていく。ドーナツ生地自体はサックリとした軽い食感。そこにゼリーが混じりあい、口の中でトロトロになる。
    さくらんぼうとチェリーってまるで違った果物。そう思いつつ、あぁ、アメリカにずっと行ってないんだよな…、って思ったりした。ナツカシイ。


    関連ランキング:ドーナツ | 渋谷駅神泉駅



    そして次の打ち合わせ。



    同じ渋谷の「トップ」っていう喫茶店。駅を挟んで西と東に一店舗づつ。どちらも便利な場所にあるのに、ちょっとわかりにくい入り口で、特にこの店。
    交差点に面した大きいビルの地下。表通りにも地下に降りてく階段があり、ところがそれを降りると店はない。ビルの裏側。路地に面して階段があり、そこを降りるとこの店に着くという、まるで隠れ家。
    それにしてもこの路地の看板密集度の凄いこと。アジアな感じでワクワクします。



    地下に降りると別世界。もう何十年もココでこうしてやっていて、しかもお客様がいつもシッカリいるこの様子。
    熱狂的なブームを起こすわけじゃなく、静かな情熱で支えられてる。こういうお店が本当の繁盛店に違いない。
    アイスコーヒーをたのむと甘いシロップ入りで、しかもホイップクリームが浮かんでっくる。まだコーヒーが贅沢で、甘い飲み物だった時代が続いてる。たのしい仕事ができそうで、しばしボンヤリ。待ち人を待つ。


    関連ランキング:喫茶店 | 渋谷駅神泉駅



    ちなみにコレ。



    箱の蓋を加えて右往左往するイングリッシュブルの動画で、笑いをさそう。
    もしこれと同じことをチワワやシュナウザー、あるいは柴犬がやったらこんなに笑えるのか…、って思うとやっぱり、ブルってこういうコトが似合う犬なんですな。
    だからボクはブルが好き…、って再認識をいたします(笑)。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    昼のボガマリ HOME 串揚げ三昧
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]