忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    04 2017/05 06
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜、おいしいモノを食べながら仕事の話。何を食べる…、って聞いたら「肉」というので、今日も肉系。



    渋谷の町外れ。東急本店の前を通って代々木方面。NHKの近所まで歩いたところにある「ベオーネ」っていう小さなお店。
    キッチンにカウンター席。テーブル席が4つという20人も入れば一杯というサイズ。厨房にシェフがひとりでホールもひとり。たった2人ですべてを切り盛りする店で、メニューは黒板メニューだけ。
    種類は少ない。けれど全部食べたくなるような魅力的なる品揃え。



    まずは簡単に出来るものをと、サラミといちじく。
    そろそろいちじくも季節が終わってしまいますもんね…、ってそう言われたらたのまないで済ませる理由がどこにもなくて。
    サラミが2種類。ピスタチオを加えてネットリなめらか仕上げのモノと、豚の脂が多めにまざったガッシリとした味わいのモノ。どちらも塩がビリッときいてて、酒の肴にピッタリとくる。
    しかもいちじく。硬くてけれどなめらかで、種がプチプチはじけて軽快。皮も一緒に味わい食べて、お腹の準備が本格的にできあがる。



    野菜の料理がそれに続いてやってくる。
    いんげん豆をやわらかに茹で、それに茹でた玉子とオリーブオイル。チーズをたっぷりかけただけ。チーズと玉子、オリーブオイルが混じってまるでマヨネーズみたいな風味になって、ネットリ舌にからみつく。
    シンプルなのになんともおいしく、ウットリします。
    ズッキーニとトマトソース、チーズを積み重ねトロンと焼いて仕上げたものは、スベスベとしてハリのあるズッキーニ独特の食感存分にたのしめる。



    肉がおいしいので有名なイタリア料理のお店ではある。けれどちょっと癖のある魚素材もいくつかあって、「今日はマグロのトリッパがあるんですよ」と。
    マグロの胃袋。
    それを丁寧に下ごしらえして、ピリ辛味のトマトソースで仕上げたモノ。内臓独特のギザギザが入った形状。クニュクニュ奥歯にまとわりつくような食感やなかなかキレイに噛みきれぬたくましさと頑丈な歯ごたえなんか、まさにトリッパ。
    これが魚の一部であるってコトがまるで思い浮かばないほどトリッパ的で、しかもピリ辛味のトマト~ソースと合うこと、あうこと。



    そして肉。
    赤身の肉を400g。塊のまま表面こんがり。それを6つに切り分けて、塩をほどこし切り分け食べる。
    肉の断面がロゼ色をしてうつくしいこと。しかもふっくら盛り上がり、つやつやキラキラ肉汁で輝いている。
    顎にガツンとほどよく固い。噛みしめるたびジュワリと肉汁。旨みと明るい酸味と甘み。一口ごとにシアワセになる味わい深さ。
    考えてみれば昨日の昼は焼肉で、夜はステーキ。にもかかわらず今日の肉もおいしくて店それぞれに違った味わい、たのしみがある。



    十分堪能したのだけれど、やっぱりパスタも食べたくておすすめという「ピーチ」をたのむ。いろんなソースができるけれど、今の季節はやっぱりポルチーニでしょう…、と作ってもらう。
    麺から手作り。打ってのばして茹でたモノ。アルデンテじゃなく麺全体がほどよく硬く、表面やわらか。噛むとネットリ、軽い粘り気とともに歯切れてコツコツ奥歯を叩いてく。
    塩とニンニク、オリーブオイル。きのこの旨みがどっしりとしたオイシサで、気持ちが豊かになっていく。いいお店です。オキニイリ。


    関連ランキング:イタリアン | 代々木公園駅神泉駅代々木八幡駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    暗記は死語?
    サカキさんのお店の在所説明は簡潔でわかりやすいです。先日あるお店のお披露目に4割の方が遅刻。確かにその街の外れではあるし、津之守坂って名前も馴染みがないかも。だけど……四谷三丁目から四ッ谷駅に向かって1つ目の信号を左折、三栄通りを過ぎて暫く下った左側にポツンと……がっわからない?食に携わるプロやそれ以上のハイレベルアマチュアが!皆さま 景色観ないで「アプリ検索」しながら……なんですね。トーキョーに住んでるんならその位わかってよーっ!っは、アプリを使えない歳よりの……ですかね?
    茶碗交番さん / 2015/10/10(Sat) /
    迷う楽しみ
    > 茶碗交番さん
    出発する前に地図を頭の中に入れ、記憶を頼りにお店を探す。
    そうすることではじめて街の景色が眼に入るのですけれどネ。タクシーの運転手さんですらナビだのみの人がでてくる世の中。
    スマフォを一生懸命みながら、周りの様子には頓着しないでただひたすら目的地に向かう人たちを見ていると、街の中で遭難しているようにみえます。
    サカキシンイチロウさん / 2015/10/10(Sat) /
    秋のの夜七 HOME 安芸路の秋
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]