忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    甘くて冷たいモノを食べたい!それで、新丸ビルの地下にある「町村農場」にやってきてみる。



    ソフトクリームがおいしいお店。
    セルフサービスの気軽な店で、ショーケースにはプリンやケーキが並んでる。観光農場の売店の、喫茶コーナーみたいな感じが不思議とおいしいムードを作る。
    で、カウンターでメニューをみたら、気持ちが大きく揺れ動く。
    「チーズトースト」っていう商品がある。
    サクサクのパンの上にトロリとチーズをのせました…、という、なんとステキな謳い文句でござりましょ。それでたまらず、それにする。



    カウンターの前のテーブルに落ち着いて、しばらく待ちます。
    厨房の中からトーストが焼ける香りがやってきて、「チーン」とトースターのタイマーが切れる音がして、これがくる。
    小さめのパン。キレイに四方に耳がついてる。
    つまり一枚を切り分けこの小さなになったのじゃなく、最初からこの大きさに焼いた食パンを切っている。その入念にまずはウットリ。
    チーズは2種類。カマンベールに白かびシェーブル。小麦が焦げた香りと一緒にチーズの香り。たまりません!



    サックリと歯切れるパンは甘み控えめ。チーズやバターと一緒になって、はじめておいしさ発揮するように出来上がっている。
    口の中でチーズがまじると、そのそっけない食感がドッシリ、なめらか。濃厚になる。特にカマンベールチーズとの相性のよいこと、ヨイコト。
    チーズの軽い渋味が焦げたパンの苦味と一緒になって、上等なチーズの料理を食べてるような気持ちになれる。
    パンそのものが軽い食感。だからチーズの食感、味わいが引き立つのでしょう。
    一口ごとにシアワセになるオゴチソウです。オキニイリ。



    コーンポタージュとのセットを選び、そこにココットソフトクリームを追加する。
    ポッテリとして味わい濃厚なコーンポタージュ。
    チーズに負けないドッシリとした旨み、食感、のどごしに、もしかしたらコレがメインディッシュなのかもしれないなぁ…、といささか感心。
    ソフトクリームはなめらかで、強めの甘みも嫌味にならない。サラリと口どけ軽快で、乳製品に独特の甘い香りで幕を引く。
    スゴく得した感じになった。さてさて仕事をガンバロウ!


    関連ランキング:アイスクリーム | 大手町駅東京駅二重橋前駅

    拍手[3回]

    PR
    朝、打ち合わせでセガフレードザネッティー。ちょっとお腹が重たくてエスプレッソで口を潤し頭を中からガツンと叩いて目覚ます。



    それで朝からマキアート。エスプレッソにミルクの泡を乗っけただけの、正しくビターで同時にミルクの甘い香りを楽しむことができる飲み物。
    疲れた頭のおいしい気付け薬のような味わいで、なによりお腹にたまらぬ量が粋でいい。砂糖をたっぷり溶かして飲んで、頭と体に飲む栄養。グビリとやって、キリッとも今日も、がんばろう。

    それから移動で東京駅。今日はここからスタートする旅。



    昼にたっぷり食べる予定で、それで軽い朝にしようとフェアリーフェアー。
    カップケーキのお店でござる。
    実はココで旅の相棒と待ち合わせ。コーヒー飲んで待っていますから。多分、ケーキは食べずに我慢するつもり…、と昨日の夜にはメールを入れて、けれどやっぱりケーキを食べたくなっちゃった(笑)。
    だって、朝食を食べたないんだもんと、それでケーキを一個買う。



    ちなみにこの店を待ち合わせの場所に選んだのは、ファンシー系のカップケーキが好きからじゃなく、ここがいつも空いているから(笑)。
    銀の鈴という待ち合わせ場所の前にあり、時間つぶしや待ち合わせにピッタリの場所に思えるんだけど、なぜだかいつも空いている。
    隣のパン屋さんはいつも満席。
    カップケーキはパンの代わりにはならぬということなのでしょう。



    熊とパンダのケーキがいつも用意されてて、それに大抵、季節の動物が一匹、あるいは一頭、一尾。
    今日はなんとたぬきが生息してらっしゃって、それをもらって朝とした。
    頭の上に葉っぱを一枚のっけた姿。
    これからドロンと、何かに化けてやろうかと隙を伺っているような愛嬌のある顔がなんとも愛らしくって、これをこれから食べるのか…、っていささか躊躇。
    顔をじっと見ていると、かわいそうになってくるので、後ろを向かせて首筋あたりにフォークをおいて、バッサリ打ち首。



    ボロリととれて転がる頭の中には真っ白なホイップクリーム。ふんわり口どけやさしいクリームで、それをチョコでコーティング。そのチョコ、カリッと砕ける感じがナッツな感じで、クリームの持つ儚い食感を引き立てる。
    胴体部分はチョコのスポンジ。
    みっちり生地が詰まって硬く中には真っ赤なラズベリージャムが充填されていて、その断面はかなり惨劇的ではあります。
    でもおいしい。ひっくり返して顔をみると見事に壊れて痛々しくて、だから早く成仏させようとバクリと食べてコーヒー飲んだ。朝のコト。


    関連ランキング:ケーキ | 東京駅大手町駅二重橋前駅

    拍手[3回]

    ディーンアンドデルーカの丸の内の店で朝をむかえる火曜日の朝。



    おひさしぶりのこのお店。
    天井の高い大きな空間。エントランスから一直線にカウンターへと向かう動線。そこに並んだ色とりどりのリテイル商品に、ショーケースの中にはデリやケーキが揃う。
    お店に入った瞬間に、「あぁ、おいしい」って気持ちが明るくなるお店。
    大きな窓から眺める外の景色も含めて、ココが日本かどうか不安にさえなるユニークな場所…、オキニイリ。



    いくつか揃ったサンドイッチの中からひときわ、色鮮やかなスモークサーモンのサンドイッチを選んでたのむ。
    白と緑と明るいオレンジ。
    南米だとか、地中海とかあたたかくって明るい地方を思い出させる陽気な色合い。
    スパッと切られたん断面も潔くってうつくしく、ロメインレタスにキュウリがタップリ。手づかみできるサラダみたいな感じがたのしい。



    紙で包んだ状態で、ナイフを入れる。サンドイッチはスパッと切るも、まな板に触れた部分の紙は切らずにつなげておく。だから一対が離れ離れにならない工夫。
    紙をペロリとめくりながら食べるところが、ホームメードのサンドイッチをお外で食べてるみたいな感じがするのがちょっとオモシロイ。
    ネットリとしたスモークサーモン。ザクザクはぎれるロメインレタス。ボクボク奥歯で砕けるようなキュウリと食感にぎやかで、口の中がみずみずしくなるオゴチソウ。



    ただどうだろう…、パンが甘くてきめ細やかな、日本のパンになっちゃった。
    サンドイッチは、もっと痩せてて粗くてそっけないくらいのパンで作った方がおいしい。パンが主張しすぎると、具材がのびのびできないんだもの。
    ココのサンドイッチ用のパンはずっとそっけない系のパンだったのに、なんで変えたの?わからない。
    お供のラテはおいしゅうござる。
    ぽってりしていて、なめらかで、ズズッと飲もうがカップを斜めに傾けようがミルクに浮かんだ模様が決して壊れない。夢もこういう夢ならいいのに…、って思ったりした。さぁ、移動。


    関連ランキング:カフェ | 大手町駅東京駅二重橋前駅



    青い空の下を西に向かって移動。富士山が凛々しい姿を見せていた。



    写真を構えてパシャリと撮るも、電信柱が通りすぎたり線路間際の建物が立ちふさがったりとなかなかキレイに撮れぬもの。
    連写モードでずっとパシャパシャしてればいいのでありましょうけど、なんだかそれじゃぁ、自分で撮ってる気持ちになれず、それで何度も試して結局、この一枚。
    富士山が白いオーラを発散している…、そんな感じの絵でございます。
    画面の上を横切る電線がいかにも切ない。
    世界遺産をおそらく一番撮るポイントは新幹線の中からのはず。ならば富士山が撮れるエリアの環境整備もしなくちゃネ…、って思ったりした。難しい。



    ディーンアンドデルーカのサンドイッチは、やっぱりボソボソ系のパンで作って欲しいんだよね…、ってボソボソ言いつつそれでも旅のお供を買った。
    ミネラルウォーター、2本買い。
    ここのミネラルウォーターは一体どこのお水かなんて一切構わぬツンデレ系。ラベルを見ると「深井戸水」って書いてあるもの。見事なほどの居直りっぷり。
    それでも買ってしまうのは、ボトルの形とオサレなラベル。
    ボクってやっぱりミーハーで、それがかわいい…、って自分で自分をなぐさめる(笑)。2時間ほどの移動です。

    拍手[3回]

    銀座で軽く仕事をする今朝。丸ノ内線でまっすぐ一本、銀座の駅にやってくる。



    駅を上がったら朝から行列。宝くじが当たることで有名な売り場を目指す夢見顏を横にながめて、マリンくぐってガード下。
    山手線と京浜東北線が上をゴトゴト走る音を聞きつつ、向こうに抜ける。
    不思議と朝の時間はみんな、こちら側から向こう側へと歩いてく。逆方向に歩く人はほとんどおらず、街には川の流れのような「向き」があるんだと思ったりする。

    ガードをくぐると広い空間。



    ちょっと向こうには皇居があって、明るい空気がこの界隈まで流れ込んでくるような、気持ちのよさにニッコリします。
    それにしても今朝のガタゴト、電車の音は大きかった。
    同じ電車が同じ線路を走っているのに、その時々で音の大きさ、感じ方がまるで違っているのがたのしい。オモシロイ。

    大きなオフィスビルの地下。この界隈でも古いビルに属するんでしょう…、そのビルの歴史と一緒に熟成をした「はまの屋」って喫茶店。



    先代経営者たちが年を取り、若い人たちに権利を譲った。それで今でも元気に存続しているのだけど、立派なところが新たな彼ら。ほとんどお店をいじっていない。
    テーブルの傍らには円柱形のおみくじマシンが置いてあり、柱の前には熱帯魚の小さな水槽。
    昭和の喫茶店の風情はそのまま。
    けれど、店に流れる音楽が、今朝はニューヨリカンソウルと言うのが今的で、時代がフュージョンされいくと言うこと。それが事業をつなぐということかもしれないなぁ…、って思ったりする。いい感じ。



    サンドイッチをたのんで食べます。
    「ハムと玉子を焼いてください」と。ハムのサンドイッチと卵焼きのサンドイッチを半分づつ、パンをトーストしてサンドイッチにしてください…、っていう注文が省略されて、前のご機嫌なおじぃさまには「ハムタマヤキ」で通用してた。



    薄切りのパンをこんがり焼き上げて、たっぷりのマヨネーズと刻んだレタスと一緒に挟んで、ザックリ4切れに切り分け完成。
    カサカサ乾いた感じのパンと、具材のむっちり、ふっくらとした食感が口の中でちらかる感じがとてもおいしい。自分じゃこういう風には絶対、仕上げることができない…、つまり、この店の味。アリガタイ。
    アイスコーヒーをもらって飲んで、朝の体をシャキッととさせる。そろそろ仕事にまいります。


    関連ランキング:喫茶店 | 有楽町駅日比谷駅、銀座駅


    ニューヨリカン・ソウルといえばこの「Runaway」。



    1996年くらいじゃなかったかなぁ…、ニューヨークも東京も夢見がちなふわふわとした時代の曲。
    この曲が流れるクラブでボクも踊っておりました。
    明るい空の今日にピッタリ。軽いステップでがんばりましょう…、ニッコリと。

    拍手[3回]

    今週は連日出張。しかもすべてが東京駅を起点の出張。今日も東京駅にて朝食。



    トーストを食べたくなって、それでブックカフェにくる。
    Hint Index Bookという、つまり本屋さんの中にあるカフェ。トーストがついた朝食といえばそもそも喫茶店。けれど喫茶店だけで家賃が払えるような東京駅という場所じゃなく、それで本屋の軒下借りてトーストを売る。
    あるいは、本屋なんかじゃ利益が出ない。だから利幅の分厚いカフェの軒下借りて本を売ってる場所かもしれず、最近、こういうお店が増えた。



    サンドイッチやトーストセットでお茶を濁さず、スクランブルエッグのついたセットを売っているのがありがたいとこ。
    油をたっぷり吸い込ませつつ、大量に一度に作っているのでしょう。ホテルのバフェで出てくるみたいな、つやつやペットリしているところはご愛嬌。
    レタスのサラダにグリルベーコン。トーストブレッド一枚という組み合わせにて、朝のお腹に十分な量。



    一緒にアイスティーをもらった。
    最近、アイスコーヒーよりもアイスティーの方がなんだかおいしく感じる。エグミや酸味がないからスイスイ、喉を流れてくれるのでしょう。
    ちなみにこれは「水出しアイスティーの」ってワザワザ名前がついてて、煮出したものよりやわらかいんです…、って。
    たしかにそんな感じもしながら、コクリと飲んで体を潤す。気持ちいい。



    それにしても、なんでトーストといえば、こんなに分厚いパンを焼くんだろう。しかもベットリ、マーガリンを塗り込めて、多分、こういうトーストが好きな人が多いのでしょう。
    食べるとペトペト、口の中で粘って甘くて、ちょっと厄介。
    何より耳がおいしくないから、行儀悪いけど残してしまう。
    空気を含んで痩せたパン。薄切りにして、コンガリ焦げ目がつくまで焼けば、バターなんか塗らずにそのままおいしいトーストになってくれる。小麦の香りと自然な甘み。なにより塩のふうみがおいしい、そんなトーストを焼いてくれる喫茶店があればいいのに…、ってシンミリ思う。しょうがないから、移動する。


    関連ランキング:カフェ | 東京駅二重橋前駅大手町駅



    今日は西に向かっての移動の1日。水分補給にお水を二種類。



    ディーンアンドデルーカのリテイルコーナーで炭酸水とミネラルウォーターを一本ずつ買う。ちょっと前までは、多彩なブランドのお水がおいてあったんだけど、最近ずっとPB商品だけになってる。
    おいしくないわけじゃないからそれでもいいんだけれど、選べないのはちとさみしい。多様で多彩であることこそが、豊かの証。
    なんだかちょっとなやましい。

    拍手[2回]

    HOME 次のページ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]