忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼も秋味にしてやりましょう…、と、それで「安芸路酔心」にした。



    伊勢丹会館の地下にある。和服姿が艶やかな中居さんたちのサービスたしかな、昔ながらの和食のお店。
    本店が広島にあり、瀬戸内地方の料理が気軽にたのしめる。ボクが生まれた松山の海を挟んで向かい側。おいしいものを食べにフェリーでいきましょうか…、と決まったときにはウキウキしていた。そんな味。
    それにしても和服姿の女性の所作のやさしく、優雅でうつくしいこと。思わずニッコリ。豊かな気持ち。



    いつもは小鰯を指の腹でさばいて何十匹もご飯の上にのっけて味わう「小鰯丼」というココの名物料理を食べる。
    1000円もせず、瀬戸内気分に浸れる料理ではあり、今日もと思いもしたのだけれど、「秋の瀬戸内」というミニ懐石風の定食があり、それをたのんでみることにした。
    4つに分かれた弁当箱に、カキフライのお皿にお椀といろんな料理が一度に運ばれやってくる。仕組みというより、経験とチームワークでこういうコトが自然とできる。プロの仕事ってスゴイよなぁ…、って思ってニッコリ。



    さすがに広島が本店の店。今の季節は牡蠣が売り物。
    メインディッシュはカキフライ。牡蠣の貝殻の中にストンと牡蠣のフライが2個やってきて、ソースにレモン。ソースまでもが貝殻入りというのがステキな臨場感。
    ふっくらとしてフルンと歯切れ、パン粉衣がカサリと口に散らかっていく。
    海の香りが口いっぱいに広がって旨みと一緒に消えていくのが、もったいなくもおいしいゴチソウ。
    もうひと品は牡蠣ご飯。ふっくら煮込んだ牡蠣が2個。牡蠣の旨味が染みこんだ炊き込みご飯には瀬戸内らしくイリコの香りがほんわか漂う。



    多彩タップリな炊合せ。それぞれ別に味を入れ、熱の入れ方も素材の食感正しく伝えるよき食感。それら素材を食べる間際にひとつにあわせて温め鉢に盛ったもの。
    仕事丁寧。味わい深し。
    骨までやわらかなイワシの醤油煮。出汁巻き玉子にニラのぬた。さつまいもを飴煮観にしたものと、味わい多彩で食べててたのしい。
    茶碗蒸しはなめらかで、白身魚とエビに銀杏。かまぼこ、鶏肉と具材ふんだん。出汁の旨みが口に広がるオゴチソウ。



    食後に甘いモノをとやってきたのが栗羊羹。
    そうか、そういう季節でもある。中津川の須屋の栗きんとんがとても恋しい。秋のコト。


    関連ランキング:郷土料理(その他) | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ベオーネで肉 HOME パニーニの朝、秋のお茶
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]