忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今年の夏もそろそろ終わる。そういえば、あれを今年は食べてなかった。



    …、と、そう思ったらいてもたってもいられなくなり、「小諸そば」を目指して歩く。
    家の近所のお店に到着。朝食代わりのそばとした。
    昔はよくきたオキニイリでした。
    お店で揚げた天ぷらが売り物の店で、当時はそういうこだわりのある立ち食いそばの店は少なく重宝しました。
    今となってはもっとこだわる気軽な蕎麦屋が結構あって、それで最近ご無沙汰でした。そのキッカケが今日の目当ての料理でござる。



    たのむと、ちょうど麺が切れたところでこれから茹でますから…、と。
    ちょっと待ちます。
    いつも茹でたてではないけれど、数人前づつ絶えず茹で続けている店でだからたいてい「ほぼ」茹でたて。
    けれどこうして「完全茹でたて」っていうのがときに食べられて、なんだか得した感じになれる。ザブザブ麺を洗ってしめる音がして、テキパキ具材を並べて料理ができあがる。



    「和風冷麺」という夏限定のぶっかけスタイルのそばでござんす。
    キリッとしめた冷たいそば。当然、日本そばでそこに具材を散らす。この具材がいささか独特。
    茹でてほぐした鶏の胸肉。千切りにしてきゅうりとかまぼこ。
    そこにタレがかかるんだけど、ちょっと酸っぱいごまだれで冷やし中華のタレのような風合いがある。とはいえ基本はそばだれで、だから中華と和食の中間みたいな独特の味。



    ここのお店のウレシイところが、薬味が多彩に揃っていること。
    それもカウンターの上にキレイに並んで置かれる。塩に七味に柚子の風味の辛味調味料。練ったワサビに刻んだネギ。
    ネギはほとんど使わない。蕎麦の風味を邪魔すように感じてそれで。
    この冷麺が好きなところは、きゅうりで味わいさわやかにしているところ。実は自分で冷たいぶっかけそばを作るときも、千切りキュウリをたっぷりいれる。



    緑の香り。シャキシャキとした食感、そしてみずみずしさが、蕎麦の風味や食感を引き立ってくれるよきパートナー。
    七味をパラリ。ごまだれの胡麻の風味を七味の中の胡麻が一層、強烈にする。
    ワサビをたっぷり。ごまだれに溶いて食べると、スキッと辛味が鼻から抜ける。ネットリとした鶏肉がザラリと蕎麦にからんで潰れる。
    朝のお腹がよろこぶゴチソウ。夏の終わりに夏を感じる、さぁ、移動。


    関連ランキング:そば(蕎麦) | 四谷三丁目駅曙橋駅四ツ谷駅

    拍手[4回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    天壇 HOME 後楽そば
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]