忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼の食事を終えてそのまま晩ご飯の食材を買おうと売り場をぐるぐる歩く。



    なかなか考えがまとまらず、お茶を飲みつつ考えまとめましょうかとそれで食品売り場の中にある「虎屋菓寮」にやってくる。
    今日はラッキー。いつもは人気のこの店もすんなり入れて、ホっとする。
    タイミングが良かったのでしょう…、冷たい抹茶の抹茶グラッセをもらって頭をちと冷やす。
    ベンチチェアーの後ろの壁で、季節に合わせて変わる暖簾が今日は栗。栗きんとんの季節だなぁ…、って、ココだけ一足先の秋。



    冷たい抹茶のお供に生菓子。
    「月下の宴」という名前。月見にちなんだ薯蕷饅頭。山芋やとろろ芋のことを薯蕷(じょうよ)と呼んで、それをつなぎに作ったまんじゅう。
    ふっくらとした食感で、歯ごたえモッチリ。口の中でトロリととろける。まんじゅうの中には白あん。やさしい甘さ。
    草むらから立ち上がって月を眺めるうさぎの姿も愛らしく、一口ごとにしんみり体に秋が来る。



    …、と、秋を堪能するボクの前で、今のうちに食べておかなきゃと、宇治金時を食べる友人。
    来る秋もあれば行く夏もあり、どちらもそれぞれいとおしい。
    小さいサイズのを選んでたのむ。山なす氷に溶いた抹茶をたっぷりかける。今日のはいつも以上に濃い色。
    一口食べると確かに抹茶の苦味、渋みに風味がズシッと口から鼻へと抜けていく。



    練乳追加で、それをトロトロ、氷にかける。かけたところが雪のように見えてまるでクリスマスツリーのような神々しささえ感じるステキ。
    氷の下にはあんこがタップリ。
    冷たい氷で疲れた舌が、あんこの甘さにホっとする。
    そういえば、結局、とらや本店のあんず氷を今年は食べずじまいだった。間もなく建て替え。しばらくお休み。ちょっと切ない、秋の前。


    関連ランキング:甘味処 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅



    家に帰ってぼんやりします。



    そのぼんやりのお供にぶどう。先日、友人にもらったモノで種なし。しかも大きい粒で皮ごとカプリとかじりつき、そのまま噛んで味わい食べる。
    甘くてやさしい酸味がおいしい。皮の渋みが甘みをじんわりやわらげて、次々カプリ。噛んでジュワリと体うるおうオゴチソウ。

    それから千疋屋のフルーツサンド。先日まではマンゴーサンドがメインだった。けれど今日、ショーケースの中をのぞいて、もうビックリ。
    マンゴーじゃなくていちじくだった。



    ボクが好きな果物は、一にいちじく、二にざくろ。それからビワで、だからいちじくと聞けば買わずにおれない。それでおやつに味わい、食べる。
    ふっかりとしたやわらかなパン。軽い塩味が中のいちじくの甘みをキリッと引きしめる。ポッテリとしたクリームと一体化して奥歯で潰れ、種がプチプチ、はじけてなんとシアワセな味。いちじくを使った料理の中でおそらくコレが一番。食べてたちまちオキニイリ。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    秋ですねー
    秋は好きな果物がたくさんあり過ぎて困ります、、^ ^
    いちぢく。わたしは、タルトに目がありません。
    ぷちぷちと甘くてたまりませんよね。
    果実酒にしたら、年中楽しめるかもしれませんね。
    よおぜふさん / 2015/09/21(Mon) /
    ジャムもドライも
    > よおぜふさん
    乾燥させたドライフィグ。そのまま食べるのもよし、シロップに漬けてしっとり戻すとヨーグルトのよいお供。
    いちじくってどこかしら果物じゃない肉感的なおいしさを持っていますよね。
    サカキシンイチロウさん / 2015/09/21(Mon) /
    マーブルラウンジの朝にする! HOME 贅沢天丼、天一で
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]