忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝をタップリ食べましょう…、と、祝日の朝を寿ぐ企み。



    西新宿のヒルトンホテルにやってくる。地下鉄でたった4駅。新宿駅をまたいだ途端にちょっと違った空気が流れる。ホテルのロビーも海外仕様で、小さな海外旅行をしたような気持ちになれる。
    入口入って左手ロビー。フロントの前にあるマーブルラウンジの朝のバフェ。
    朝だけじゃなくて一日中、ラウンジレストランでバフェが提供されるというのにホテルができた当時は業界の人のビックリしたもの。
    今では「ホテル=バフェ」がデフォルト。時代先取りのシステムでした。



    数ある朝食バフェの中で、内容、種類ともに充実しているバフェ。フレッシュジュースを搾ってくれたり、卵料理を作ってくれたり、調理する人とのふれあいをはしょらずお客様の胃袋もてなすところがステキ。
    バフェのラインの写真を撮ってたら、なじみのシェフがニコニコしながら近づいてくる。
    もう20年位上の付き合いでしょうか。どちらもすっかり髪の毛、白くもなりました。ホテルからホテルを転々とする人が多い業界にあって、こうして長く続くことってステキだなぁ…、とボクもニッコリ。



    ココに来ると、まず平皿にご飯をポコンと盛りつけて、周りに料理を盛り合わす。
    バターを吸い込みトロトロになったスクランブルエッグにベーコン、ハッシュブラウン。グリルしたトマトにエシャロットと一緒に炒めたいんげん豆。レタスの葉っぱを周りにちらして、醤油をかける。
    不思議なモノで、ご飯に醤油をかけまわし、いろんな具材を一緒に食べると口の中で焼飯みたいな味わいになる。



    テーブルの上にはコーヒーポット。温かいコーヒーをお願いすると、ステンレスの保温ポットに入ってやってくるのがステキ。
    ポットはピカピカ。中のコーヒーはずっと熱くて、香りもずっと持続する。
    ニンジンとりんごだけで作ったジュースをちょっとだけ。
    飲むと案外サラリとお腹に収まって、健康的を感じるゴチソウ。

    トースト焼きます…、家でもトースト、ホテルのバフェでもトーストを焼く、まるでトーストフェチなおじさん(笑)。



    四角い箱の上側に食パン置くとベルトにのっかり奥へ奥へと運ばれる。
    ベルトの下にはヒーターがあり、こんがり焼かれて下にポトンと落ちてくる。ほどよき焼き加減になるように、ベルトの速度が設定されてて、ボクは二回分、乗っけてポトン、乗っけてポトンを繰り返す。
    トーストの上にハムとチーズ、それからレタスの葉っぱを乗っけてサンドイッチにしてみる所存。



    庫内型のトースターのようにふっくら焼けたトーストじゃない。オープン構造でだから水気が容赦なく飛ぶ。
    それでカサカサ。
    そのカサカサのパンにムッチリとしたハムやネットリチーズが混じる。調味料は一切使わず、2つにたたんでパクリと食べる。手巻きサンドイッtのようで、前歯がカサカサくすぐったくなるオゴチソウ。



    みずみずしいものが何か欲しくて、それでお行儀悪く汁かけご飯。茶碗に入れると本当にお行儀悪く思えて、それでサラダボールにご飯を盛った。
    ボウルの縁に貼り付けるように少な目ご飯を盛り込んで、静かに味噌汁を注いだところにワカメをタップリ。
    お皿に乗せて、お皿にかまぼこ。紅白模様を作って飾る。
    スプーンで食べると、ご飯が具材のスープのように感じたりして下世話感もほんのちょっとだけ和らぐ感じ。お腹もやさしくあったまる。



    ライスクリスピーがあったので、ひまわりの種とミルクを使ってデザート代わりの一皿作る。
    数あるシリアルの中でライスクリスピーが一番すき。サクサク軽やか。ミルクを含むとズブズブ、すぐにやわらかになり、けれどずっと香りはふくよか、こおばしい。これがチョコレート味のチョコクリスプだったらもっとゴキゲンだったのに。
    朝の時間を無駄にしたくて、のんびりのためのお供に一番のオキニイリ。シャクシャク脂が奥歯で崩れるベーコンとハッシュブラウンをもらってコーヒー、グビグビ飲んだ。体に悪いオゴチソウ。


    関連ランキング:ケーキ | 西新宿駅都庁前駅西新宿五丁目駅

    拍手[5回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    美しい…
    サカキさんのブログを読むことで教えていただいたことは数多くありますが、
    中でもいちばんは「バフェの楽しみ方」です。
    それまで、バフェといったら、とにかく盛り盛り!にすることしか頭に無かったんですが、
    「自分で新しい料理を作る」「盛り付けはあくまで美しく」というサカキ流バフェのたしなみにはショックと感銘をうけました。
    以来、気をつけてはいるんですが、やっぱりサカキさんはすごい!と今日の記事を見てまた思い知らされました。
    汁かけごはんとかまぼこが、サカキさんの手にかかるとどうしてああもエレガントになるのか…。
    今度バフェに行くときは、さらに精進したいと思います。
    じゅんこさん / 2015/09/22(Tue) /
    コラボレーション
    > じゅんこさん
    バフェって、お店の人が用意してくれた素材を、食べ手であるボクたちが最後のひと手間をお皿の上でかけることで完成する、お店とお客様とのコラボレーションでできあがる究極のワガママ料理だって思うんですネ。
    バフェレストランに今いるすべてのお客様の中で、自分だけの料理を食べて帰るぞ!って、いつもワクワクしながらお皿をもってバフェカウンターの前をウロウロしています。
    サカキシンイチロウさん / 2015/09/22(Tue) /
    MacBook Pro HOME 甘い午後
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]