忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    東京駅で食事をしよう…、と。ちょっと変わった何かで、しかもガツンとお腹に響き渡るような何かを食べたくて、それで「やばとん」。



    名古屋の名物、味噌かつの名店のひとつであります。
    場所は東京駅の八重洲口側。グランルーフという飲食施設の一番端っこ。場所としてはあまりよろしくないのだけれど、かなりの人気。
    特に中国系の人が続々やってくる。
    とんかつという料理が彼らにとって、日本で食べたい料理のひとつだからなんでしょう。とてもニギヤカ…、オモシロイ。
    それにしてもお店の前に化粧まわしをまとった豚。うちの料理を食べるとこんな具合になっちゃうぞ…、って挑戦かしら。だとしたら、受けて立とうじゃないかと思った。受けて立たなくてもいい勝負(笑)。



    鉄板味噌ヒレかつを選んでたのむ。
    焼けた鉄板の上に千切りキャベツをおいて、そこにズラリとひれかつ並べる。動物性の脂で揚げて、サクッとこんがり、パン粉が甘く仕上がったモノ。それが千切りキャベツの蒸気で軽く蒸らされる。
    この段階で、すでにパン粉のサクサク感がなくなるのだけど、それに追い打ちかけるように味噌だれ、ジャジャっとかけまわしそれがパン粉をしたたか濡らす。
    味噌の香りが鼻をくすぐり、食欲さそう。



    ふっくらとした豚ヒレがサクッと歯切れて、口の中に飛び込んでくる。
    カツではある。だから脂の香りがするけどパン粉がしっとり。味噌で濡れててだから揚げ物を食べてるっていうより豚の蒸し物たべてるみたいな感じ。
    これがなかなかやさしく、おいしい。
    八丁味噌の旨味と酸味。そして強い香りがカツの脂臭さを見事に拭い、一口食べると次の一口ねだるおいしさ。
    胡麻をすってかけると味噌の風味がより香ばしく。一味をかけると味噌の甘みが引き立ち旨い。



    ご飯がすすんでしょうがない。そもそも名古屋の料理というのは、ご飯をモリモリ食べられるようにできていて、例えばうどんすらもご飯のおかずに味噌がする。中でもこの味噌かつの、ご飯のおかず指数の高いことにはもう悶絶。
    しかもキャベツのおいしいコト。
    しんなりとして、熱の入ったキャベツの甘みにカツの油の風味であったり、味噌の旨みが混じってこれがご飯がお替わりできてしまいそう。
    お供の味噌汁が、八丁味噌ではなくて普通の合わせ味噌。出汁の旨みがシッカリしてて、口直しになったりするのもステキな工夫。オゴチソウ。


    関連ランキング:とんかつ | 東京駅京橋駅二重橋前駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    CCDD HOME お茶にお茶
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]