忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    お茶の水で打ち合わせ。場所がうれしい…、山の上ホテルと言うことで、せっかくだから朝食もそこ。



    ホテルの正面玄関の脇を入って日本料理の「山の上」を覗いてそれからホテルに入る。
    玄関脇の看板に明かりが灯ってて、もしかしたらやっているのかも?と思って中を見たらばやっぱり準備中。ホテルの地下のメインダイニングで、和朝食を食べることにする。
    フランス王朝趣味の空間で、日本の朝をいただき迎えるというのもなかなか乙でござんす。



    テーブルの上のセッティングはナイフフォークや銀のトレイと洋式で、ところがそれらが片付けられて、お茶の湯のみに梅干しが置かれた途端に、そこが日本の朝の食卓。
    おもしろいなぁ…、ニッコリします。
    背筋を伸ばしてしばし待ち、うやうやしくもやってきたのがうつくしきこれ。
    お膳の上に、色とりどりの料理がキレイの並んで朝を寿ぐさまに、お腹がグーッと思い切りなる。



    メインはどれと言うわけでない。キレイに粒が揃ったタラコ。青菜のおひたし、ちりめん山椒、煮付けにもずく。
    並ぶ料理のそれぞれが、シャキシャキだったりスベスベだったり。しっとりだったり顎を動かすたのしさ演出してくれたりと、それぞれ個性を主張する。
    それでいてバラバラじゃなく不思議なほどの統一感を持って口で混じり合う。
    おいしい出汁、と言うひとつの芯が通っているからに違いなく、みずみずしさに心潤うオゴチソウ。



    鯖の塩焼きと玉子焼き。
    ふっくらとして口に含むとジュワリと舌に出汁の旨みが滲み出すような玉子焼き。若干甘めで、体が滋味で満たされる。
    お行儀悪くも魚をひっくり返して見ると、皮がパリッと焼けていて、自分の脂で揚がった皮が破裂するほど。
    これなら皮まで食べられる。
    カサっと崩れて脂の風味と焦げた香りが鼻から抜ける。ご飯をパクリ…、ニンマリとなる。



    汁は赤出汁。赤いお出汁と書くその名前の通りの出汁の力で味わう一品。熱くてそっとすすってみれば、味噌の香りが空気と一緒に鼻腔を満たし、軽い酸味が旨みをキリッとひきしめる。
    ご飯の上にちりめん山椒。心なしか山椒の分量が多く感じて、噛むとビリリと軽い痺れで目がさめる。
    抹茶の香りの水羊羹で朝のお腹に蓋をして、時計を見れば打ち合わせまであと8分。席を変えます、立ち上がる。


    関連ランキング:フレンチ | 神保町駅新御茶ノ水駅御茶ノ水駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    長崎飯園 HOME ゴリラ食堂
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]