忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼を新宿三丁目。MKレストランにやってくる。



    本当は牡蠣を食べたく、オイスターバーを何軒か歩いて回った。ところがどこもが昼はパスタ屋みたいな状態。生牡蠣は食べられますか?と聞くと、そんなに入荷が無いんですと…。
    Rの付く月になったのにね。海が今年は熱いのかしらと思ったりしてそれでココ。
    混んでいるかと思ってきたら、案外静かで拍子抜け。しかもお客様の半分以上がアジア系の観光客って感じでそれも今の新宿的なのかしら。



    牛骨スープで煮込んで味わうアジアの火鍋。食べ放題のコースをたのむとまずは肉と鍋野菜の盛り合わせがくる。
    それを一気にザザッと鍋の中に入れ、クツクツ煮込む。日本のしゃぶしゃぶみたいにしゃぶしゃぶしては口に運んでまた鍋に入れ…、なんて面倒なコトをせずにただただクツクツ煮込んでハフハフ食べる。気軽なのがいい。
    肉以外の素材も多彩で、例えばエビの雲呑やすり身のエビの団子だったり、ウィンナさんや魚の形のさつま揚げ。いろんなモノが同じスープで煮こまれ味を吐き出していく。だからスープがどんどんおいしくなってくのです。



    さすがに肉の品質はそれほどでなく、食感、味とも癖がある。けれどタレが旨いのですね。
    ニンニクと唐辛子がタップリ入ったここオリジナルのチリソース。甘めで酸味がキリッとたったポン酢風のタレであったり、ごまだれだったり。
    特にオリジナルのソースを使うとどんな素材もおいしいタイ風料理になる。春雨みたいなそもそも味のない素材もおいしくたのしく味わえる。
    考えてみれば日本のしゃぶしゃぶ。長らくポン酢かゴマダレくらいしかタレの用意がなされなかった。最近やっと蕎麦ダレを使って食べさすお店がポツポツできてきたほど。なんと工夫のないことでしょう。



    寿司の食べ放題も用意されてて、これもほどよいクオリティー。
    どう程良いかというと、100円均一の回転寿司の寿司を食べてると思えば十分納得できる内容で、鍋食べ放題に追加490円でついてくるコレ。
    回転寿司の寿司一個は50円程度だから、たのんだ人が10個食べても十分やっていけるのでしょう。
    長方形の寿司ロボットが握っただろうシャリの状態が、思いがけずもよくてビックリ。寿司を沢山食べちゃうと野菜を沢山食べられないネ…、と、寿司と野菜が損得勘定の天秤の両方にのるという不思議。



    〆に麺。細く縮れた玉子麺。
    いろんな素材の旨みがとけたスープの中で煮込んで仕上げる。強火に調整。細かな泡が麺の表面洗っていくような景色を見つつ、ほどよき所で引き上げスルリ。
    ポン酢とチリのソースを合わせて、うずらの玉子をタップリ添える。
    スープで煮込んだ玉子は黄身がトロンとなめらか。ほつほつとした麺の食感引き立てて、お腹もしっかり満たされる。

    ちなみにタイからやってきたチェーン店。「MK / Dining / Thailand」で動画検索をすると、ダンスの動画が沢山出てくる。



    毎日決まった時間にダンスをスタッフ総出で踊るサービスがあるみたい。フーターズみたいでけれどどこか日本のアイドルダンスのようでもあって、初々しくて微笑ましい。
    日本のMKでもやればいいのに…、「よろしければお客様も」って言われた時のために今から練習しようかって思っちゃう(笑)。


    関連ランキング:しゃぶしゃぶ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿御苑前駅

    拍手[3回]

    PR
    ルノアールで朝ごはん。昔住んでた四番町の家の近所にお店があって、そのときにはかなりの頻度で使ったものです。



    今ではちょっと疎遠になって、そんなこんなでひさしぶり。
    完全分煙。大抵、入り口近くの席は禁煙席で、奥に喫煙席という構成。時間帯によっては禁煙席がニギヤカ。けれど朝の時間帯には喫煙席が混雑してる。
    長い通勤の間は当然、タバコがすえぬ。
    場合によってはこれからオフィスに入っても、そこは禁煙。それでしばらくココでタバコの煙を肺に充填するため、みんな必死にタバコを吸ってる。
    なんだか不思議な景色でござる。



    それにしてもフッカリとした分厚いおしぼり。いつも感心。
    包んだ袋の上には店名。昔はルノアールと書かれていただけ。ところが今ではいろんなブランドがズラリと顔を揃えてる。
    どこもがこういうおしぼりを使う業態…、ってそう思ったら立派と感じる。

    飲み物たのんで200円ほど追加すると、たのしめるのがココの朝食。
    トーストやサンドイッチとメインの料理がちょっとづつ変わったモノが4種類。ボクはいつもトーストをしたサンドイッチをえらんでたのむ。今日もそう。



    トーストをよく焼いてくださいネ…、っていったらこんなに、よぉく焼いて作ってくれました。
    黒焦げになる寸前まで焼いた色黒トースト。腹黒トーストっていうのがあるのは嫌だけど、こういうこんがり焼けたトーストは大好物でウットリします。
    「よく焼けたねぇ」…、って言ったら、「かなり勇気が必要でした」と答える。
    勇気よどうもありがとう。
    色黒トーストはカサカサ前歯をくすぐって、小麦が焼けた甘い香りを吐き散らす。中に挟んだ卵サラダのポッテリ感が否応なしに引き立って、ハムがムチュンと歯切れる食感もまたゴチソウのオキニイリ。



    ただサイドについた塩麹味のスープがどうにもいただけず、今日も残して、かつてのビーフコンソメがナツカシイなと、ちっくり思う。
    アイスラテをごくりゴクリとユックリ味わい、お腹もほどよく落ち着いた。
    見ればラテのグラスにも、「renoir」というロゴがしっかり焼き付いている。それにしてもこのルノアール。銀座ルノアールというのが正式名称。銀座のどこに本店が、あるんだろうか…、近々冒険してみよう。

    ちなみに昨日、夜のおやつにケーキを買った。家の近所の「ラ・ヴィ・ドゥース」っていうケーキ屋さん。



    バナナタルトとピスタチオ。さっくりとしたパイの中にバナナクリームのフィリングと熟したバナナがギッシリ層をなして積まれる。上にホイップクリームがフワリと覆ってうつくしきさま。
    うつくしいのはピスタチオのケーキも同じ。明るい緑のスポンジでざっくりとしたナッツを加えたビスケット生地を包んでホイップ。ベリージェリーの酸味と香りがどっしりとしたナッツの風味を引き立てる。
    甘い。なのに軽やかで口どけがよくて次の一口が待ち遠しくなる。おいしいケーキって気持ちを甘く明るくさせる。なんてシアワセ。オキニイリ。


    関連ランキング:ケーキ | 曙橋駅四谷三丁目駅若松河田駅

    拍手[5回]

    熱もそろそろさがりはじめて、それでも咳がなかなか取れない。



    このまま数日、風邪が治らず咳が続いたら、人生初の腹筋割れたお腹を手にすることができるかもしれないと(笑)。
    思いながらもやっぱり体力つけて早く直さなくちゃぁと、それで鍋ぞう。
    鍋食べ放題が売り物の店。
    当然、肉も食べ放題だけど、野菜の品揃えがすばらしくってしかもほとんどのモノが生でそのまま食べられる。中途半端なバフェやサラダバーなんかより選ぶたのしさがあってウレシイ。
    野菜だけじゃなくタレや調味料、薬味もふんだん。この景色だけで食欲が出る。



    二種類のスープを同時にたのしむことができる鍋。
    いつもココではしゃぶしゃぶとすき焼きを選んでたのしむことにしておりまして今日もそれ。
    90分と120分と食べ放題の時間を選べる。
    沢山食べられるかどうか自信はなかったけれど、ユックリ味わい、たのしみたくて120分のコースとします。



    肉は豚肉、牛肉があり、それぞれUSモノと国産モノが選べる仕組み。
    景気付けと元気を出すための食事であります。だから奮発。国産モノのコースを選ぶ。
    豚肉は脂の状態、まじり具合がとても良く、牛肉の方は赤身がキレイ。
    まずしゃぶしゃぶのスープの中にワカメやネギをたっぷり入れて、熱が入って泡がポツポツ浮かんできたら上にそっと豚肉乗せる。
    肉は沈まず湯気とネギ越しの熱でふっくら、しっとり仕上がっていく。
    牛肉は割り下に入れ、豆腐やしらたきとクツクツ煮込む。



    割り下がおいしくなったような気がした。スッキリとした甘みと醤油の風味がおいしく、これなら肉をいくつもお替わりできそうでなんだかあがる。
    溶いた玉子が苦手なもので、味の強めのすき焼きをサッパリ食べるためのキムチをのっけてパクリ。甘さや醤油辛さがキムチの酸味、辛味でおだやかになる。
    しゃぶしゃぶはポン酢とゴマだれを半分半分。そこにもみじおろしとごま油。いろんな味を総動員して、ハフっと食べると、味わい複雑。かなりグーッ。



    それにしてもお店はにぎやか。ボクがお店に入った時には半分ほどの入りで、そのあと、続々お客様がやってきて一時間目くらいにはウェイティングの列ができていた。しかもほぼ8割が女性というのに、あぁ、やっぱりなぁ…、って納得をする。
    肉も次々お替わりするけど、野菜をかなりたっぷり食べる。
    それでお腹はかなり満たされ、軽く〆的ななにかを食べよう。発芽米の上にすき焼き肉をのっけて贅沢牛丼。
    しゃぶしゃぶのスープを飲んでみたらばワカメの風味が旨い。それでうどんをとクツクツ煮込んで、ワカメ、豚肉と一緒に盛り付けスルンと食べる。あぁ、旨い。



    前回まではアイスクリームだったデザートがジェラートになってたところもかなり感心。ブラッドオレンジのジェラートたっぷり。レモングラスのお茶を飲んで、お腹をあっため食事を終える。
    スープも美味しくなっていて、頑張ってるなと思うと同時に、お店の人の気配りのしっかりしているところに感心。
    お肉が最後の数切れになったらすかさず、お替わりいかがと聞いてくる。飲み放題の飲みものもそう。使い終わったお皿の片付けは迅速で、テーブルの上がいつもキレイに整うステキ。
    なにより笑顔がうつくしく、なんだか惚れちゃう。オキニイリ。


    関連ランキング:しゃぶしゃぶ | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

    拍手[3回]

    ひさしぶりにロイヤルホストで食事をとった。



    チェーン店でありながら、チェーン店であることに甘えず必死にがんばっている。ときにその頑張りが空回りすることもあるけど、それも愛らしいと思えるお店。
    オキニイリ。
    トロピカルアイスティーをお願いすると、ずっしりとしたタンブラーに氷をたっぷり。中にスライスオレンジが浮かんでやってくるというのが、あぁ、ロイヤルホストにやってきた…、ってニッコリします。

    まずはサラダをむしゃむしゃと。今一押しの生ハムサラダを選んでたのむ。



    レタスの上にたっぷり生ハム。パルミジャーノをこれまたドッサリ。小さなトマトを彩りにして、目にうるわしいたっぷりな量。
    野菜のピュレで作ったドレッシングを、きれいによそおい、パクリと食べると、シャキッと歯切れるレタスがおいしい。
    甘くて軽い渋みがあって、なによりザクザク歯切れて奥歯でこわれていくのがなんとも痛快。
    それに比べて生ハムがいささかチープでちょっと興ざめ。まぁ、しょうがない。こういうところがファミレス的。



    メインはステーキ。アンガスビーフのサーロインを320gもらった。
    たのんだときに焼き加減を聞かぬところに、焼き加減はお任せください的自信を感じる。
    それを「焼き加減を聞くの忘れた?」と思われるようになったら、そのとき、ロイヤルホストはただのファミレスになっちゃうんだろうと解釈しながら、まってきたのは立派な肉の塊でした。
    鉄板ではなく熱々に焼いたセラミックの皿に乗っけてくるというのも、気が利いていて、ソースはデミにメンテルバター。



    ナイフと当てるとお皿と肉が触れ合って、ジューッと湿った音がする。
    ちょっと硬めで力が入ります。
    脂の部分と周りの筋が少々難儀で、そこを外して切ると中はほのかなロゼ色。焼き加減にして、ミディアムウェルというとこですか。
    口に含むと焼けた脂の匂いがおいしく、噛むとジュワリと肉汁が出る。軽い酸味とさっぱりとした旨みが広がり、アメリカの牛!って感し。
    味に深みがないのをバターとソースが補い、まぁ、いいかなぁ…。ただ値段のことを考えるなら「いきなりナントカ」ってお店の凄さを教えられるようで、ちょっと切ない。



    サイドの野菜が小さなキャロット、マッシュポテトというのもいささか貧しくて、もったいないなぁ…、って思ってしまう。
    気持ちをなだめてやりましょう…、とスイートポテトとコーヒーもらう。
    そしたらなんと、テイクアウト用のパッケージのままでてくるじゃない。あまりの興ざめ。
    テイクアウトもできまっせってメッセージなのかも知れないけれど、もしこれを創業者が見ることできたとしたらば一体?って、思ってしまう。
    気軽な値段の専門店から、高いファミレスに転がり落ちる寸前にまで来ているのかもと思ってかなりドキドキします。さぁ、仕事。

    拍手[5回]

    ホテルの朝をバフェではじめる。



    たんぼの真ん中にあるホテル。その立地そのままに、畑の料理が沢山揃う。しかもどれもが近所のおばぁちゃんたちが、早起きしてホテルの厨房で作ったモノ。
    オクラのたたき。つるむらさきのおひたしに、きゅうりの酢の物。ひじきの煮付けにスライスオニオン、千切りにんじん。どれもが素材の味わいシッカリ。調味料いらずでモリモリ食べてココロが満ちる。
    モヤシとお麩を実にした味噌汁。ちょっと辛めの麦味噌が、あぁ、東北だとニッコリさせる。ご飯の上に梅干しおいて、まずはパクリと食べて食欲沸かせる企み。



    コロッケだったり鶏の唐揚げと、被災地支援の若い人たちがよろこぶ料理も沢山あって、けれど不思議とそれらに気持ちが向かぬ今朝。
    昨日、たっぷり飲んでお腹がつかれているからに違いなく、ならばと大根おろしを食べる。
    刻んだめかぶと一緒にハフっと一口食べると、辛くてなのに甘みが後からやってくる。おいしくしかもみずみずしくて、それをお替わり。ご飯の上にどっさりのっけて、手作りエノキの醤油漬けを味のたよりにザブザブ食べる。
    タカジアスターゼの効果でありましょう。お腹が動いて目が覚める。おいしいクスリ…、アリガタシ。



    小さな食パンが目について、トースターでこんがりと焼く。
    マーガリンとイチゴのジャムをたっぷりのっけて、パクリと食べる。
    イチゴのジャムがジャムというよりジェリーのようで、マーガリンと組み合わせると、昔のジャムパンみたいな味わい。
    トロリととろける口溶け感もおいしくて、気持ちが明るくなっていく。
    冷たいミルクで割ったコーヒーで体潤し移動の準備をいたします。

    仕事の合間に上島珈琲店にくる。



    セルフサービスのスタバ系ではあるけれど、喫茶店的のどかがあって結構好きなチェーン店。
    サンドイッチの種類が多くて、そこそこおいしいところもありがたくって、黒糖ミルクアイスコーヒーにクロックムッシュを合わせてたのむ。15番の札がなくなってしまうまで10分ほどという待ち時間も喫茶店的。
    フッカリとした胡麻パンにチーズにハム。チーズだけが焼けていてパンはそのままフカフカしている不思議な仕上がり。まぁ、それもよし。



    真鍮製のマグに入ってやってくる冷たいコーヒー。それにストローがついてくるのがデフォルトで、せっかく冷やしたマグに触れずに飲むのは本当にモッタイナイ。
    だからストロー使わず、手に持ち唇つけて飲む。
    予想以上にヒヤッと冷たく、しかも冷たさがずっと持続するステキ。
    唇がマグにはりつきそうになるのを、ヒヤヒヤしながらゴクリゴクリと飲んで口から体をさます。
    水滴がたっぷりついてマグも汗かく、さぁ、仕事。

    拍手[2回]

    前のページ HOME 次のページ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]