忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝、西新宿ではじめる用事があって、それでホテルの朝食。ヒルトンホテルの一階にある「マーブルラウンジ」で華やかに。



    日本ではじめての外資ホテルとしてこの場所で創業をして、もう20年もたっちゃった。
    それまで永田町という東京のど真ん中で東急さんと一緒にやってたときとはまるで違った、西新宿の中でも駅から遠く離れた不便な場所。
    そこまでワザワザやってきてもらおうと、レストランを充実させた。しかも必ずどこかでバフェをやってる…、ホテルのレストラン=バフェのブームを作ったホテルがココじゃないかと思う。中でもこのマーブルラウンジは朝から夜までずっとバフェ。ホテルロビーのフロアなのにおいしい匂いがしてるというのがたのしくて、よく通ったモノでありました。



    近所に住んでたコトもあって、気づけばココで朝をボンヤリしている時期もあったりして、「もしかしてココに住んでらっしゃいます?」って、キッチンスタッフに言われたこともありました(笑)。
    今朝も馴染みの顔を見つけておはようございますって挨拶をする。

    まずは一皿…、ココではいつもお皿の真ん中にご飯を置いて周りにおかずをおいてお子様ランチみたいにして食べる。
    レタスにキュウリ、蒸した焼売。スクランブルエッグにケチャップのっけてグリルソーセージに焼いたベーコン。茹でたお豆をいつもの通り。



    このクシュクシュのベーコンが好きなんですね。
    薄切りなんだけどよく焼けている。カリカリベーコンが好きな西洋からのゲストとソフトなベーコンが好きな日本人。その両方がなんとか我慢できる落とし所がこういう調理法だったんでしょう。

    一緒にスープ。トマトを飲んでみませんか?ってポップがあって、あぁ、粋だなぁ…って思って食べる。
    ボウルにスープ。チーズをまとわせたクルトンに、ジェノベーゼソースをちょっとくわえて、飲むとお腹が動き始める。体に染み込む健康的なるゴチソウに、お腹もニッコリ。



    トースト焼きます。コンベア式のトースターで、ライブレッドを2度通す。そしたらちょっと焼きすぎちゃった(笑)。今日はよく焼き設定だったようであります。それもよし。
    そこにチーズとハムをのっけて、パラリとレッドオニオンあしらう。
    二つ折りにしてパクリと食べると、グリルサンドイッチの様相。ガッシリとしたライブレッドを噛みしめている…、って歯ごたえがよくチーズの渋みが口に広がる。
    唾液をみんな持っていかれそうになるところ、生の玉ねぎが潰れて口をみずみずしくする。
    焦げたトーストもそれはそれで香ばしく、苦味もおいしい。大人味。



    コーヒーたのむとポットでやってくるのがステキ。
    アメリカのダイナーレストラン。あるいはホテルのルームサービスのこういうポットでやってくる、コーヒーってなんでか本当においしく感じる。
    自分で注ぐ。好きなだけ。
    好きなときに、好きなように飲むコーヒーって自由な飲み物、…って感じでウレシイ。ありがたい。

    そして〆です…、朝の〆。



    ホテルのバフェにシリアルがあると、どうしても食べたくなっちゃうのね。
    しかもここには何種類ものシリアルがあり、中でもボクが好きなライスパフが今日はある。それをメインにドライフルーツやナッツが混じったミューズリーをくわえて、ミルクを注ぐ。
    プチプチはじけるライスパフ。
    クシュっとときおり大麦が潰れてフルーツの甘みが広がる。コツコツナッツに奥歯を叩かれ、今日の朝餉がたのしく終わる。
    バナナを一本。もしものためにもらって帰る。はたして「もしも」は、やってくるのか…(笑)。わかりませずも、行ってきます。


    関連ランキング:ケーキ | 西新宿駅都庁前駅西新宿五丁目駅

    拍手[3回]

    PR
    日曜の昼。妹親子に誘われて女子系バイキングにいそいそでかける。



    新宿のタカノフルーツバーというフルーツが主役のバフェで、実は男性だけでは利用できない。女性に同伴されないとお店の入り口すらくぐれないという、女子天国で、それで誘ってくれたワケ。
    11時オープンというのに10時からもう行列で、並んだ順に案内されるも開店同時にすでにウェイティングという人気ぶり。
    料理をとって、お皿に並べる。
    フルーツサンドにマチェドニア。サラダに野菜の料理があれこれ。夏のスパイシー料理が今の料理のテーマで、ジャンバラヤとかアラビアータとあれこれ揃う。



    お腹に余裕を作りましょうと、オムレツキッチンの行列並んで作ってもらう。プレイン、チーズ、オムライス。それにソースをデミグラスソースかケチャップ選ぶシステムで、おじさん的にケチャップ味のオムライス。
    ケチャップライスの量より多いバターをとかし、玉子でくるんで作ってくれる。ホツホツとしたご飯が玉子のシットリ感を引き立て旨い。

    それにしても女性の胃袋の殉難にして丈夫なコトにビックリします。料理の種類がそれほど多くはないけれど、食べる、食べる!



    山盛りフルーツにケーキにサラダと、ビックリするほどの量が次々、周りのテーブルを囲む人たちのお腹の中に飛び込んでいく。
    全員フードファイターみたいなすさまじさ。圧倒されて、言葉もでない。
    言葉もでないけど、負けちゃいかんと2皿目。
    ココはガツンと野郎盛りにしてやりましょうと、どっさりジャンバラヤを盛り上げて、まわりにどっさりグリルチキン。



    一度目にとって案外おいしく感じたゴボウの煮物にキャロットラペ。カレー風味のオニオンスライスに果物あれこれ。
    かなりの量を思い切って盛ったつもりがボクの隣の後ろの女性のすがすがしいほどの盛りっぷりに、おじさん、赤面。ほうほうの体(笑)。
    それにしても果物は本当においしい。
    密の入ったパイナップルに、持ち上げると果汁がポタポタ垂れ落ちるほど売れたメロン。酸味と甘みがほどよくバランスとれたオレンジ。
    皮ごと食べるぶどうも旨い。



    今の季節の果物はスイカで、これも甘くてなんともみずみずしい。タネをプップッと吹き出しながら、体の中をみずみずしくする。
    マンゴージェラート。プリンと食べて、あっという間の90分。
    「真剣勝負をすれば絶対、男は女にかなわない!」って、そんな事実を思い知る今日。歩いて家まで帰ります。


    関連ランキング:バイキング | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

    拍手[5回]

    新宿三丁目で仕事を終えて、それで伊勢丹。キッチンステージにやってくる。



    伊勢丹では今、ブラジル関係のイベントやっててその一貫なんでしょう…、キッチンステージの料理もブラジル。
    ブラジル生まれの日系三世。フランス料理のシェフを経験。今はブラジル大使館の料理顧問をしているという人のレシピがたのしめる。



    日本ではブラジル料理は少数派。
    最近、シュラスコのお店が増えててだから「ブラジル料理=肉食べ放題」みたいな感じになってしまってるのがもったいない。
    移民の国。
    つまり世界中からいろんな料理文化が持ち込まれ、豊かな自然に育まれた力強い食材使って生まれる多様な食文化。
    すき焼きばかりが日本料理じゃないように、多彩なブラジル料理を食べてみたいもの。



    そんな気持ちでワクワクしながら、まず前菜。
    パオデケージョと冷製スープ。
    チキンブイヨンをベースにし、ヤシの芽くわえたビシソワーズのような出来栄え。ぽってり冷たく、ときおり刻んだヤシの芽がツルンと舌を撫で回す。
    ハリのあるホワイトアスパラガスみたいなナメラカ、涼やかさ。
    パオデケージョの生地がもってる引っ張り感と、スベスベとした食感にウットリしながらお腹の準備。



    イチボのグリルの塩釜焼きに、サルサをたっぷりかけたメインにケールのサラダ。
    豆の煮込みにブラジルライスという、ワンプレートのカフェご飯的気軽なひと皿。ケールのサラダの強い緑にハッとします。
    細く刻んだケールの葉っぱとトマトとレモンとオリーブオイルで味整えただけのサラダで、軽いケールの苦味がビリリと、食欲誘う。
    脂ののったイチボの旨みを、サルサの酸味、ケールの苦味が引き立ておいしくしてくれる。肉をモリモリ食べられそうないい組み合わせ。



    カリオカ豆をベーコン、玉ねぎ、にんにくと一緒に煮込んでクミンシードで風味をつけた煮込み料理は素朴な味わい。
    塩の旨みと豆の甘みが互いをおいしくさせながらトロンと口でほどけるやさしさ。
    ご飯の上にかけて食べるとおいしいですよ…、と言われた通りにためしてみたらタイ米使って炊いたご飯の香りで豆の煮込みがまるで違った料理になっていく。
    おもしろいなぁ…、気持ちが一気に赤道超えていく面白さ。世界は料理で満たされている…、ステキなコトって思う今日。


    関連ランキング:レストラン(その他) | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅


    ところで「ブラジル」といえばこの曲を思い出します。



    マンハッタン・トランスファーが1987年にリリースした「ブラジル」ってアルバムの中でも代表的な曲。
    「Soul food to Go」。
    上手いなぁ…、本当に上手い。
    ひさしぶりにこのアルバムを聴いてみたくなりました。

    拍手[3回]

    昼を新宿の伊勢丹で。キッチンステージにやってきます。



    銀座のレカンのシェフのメニューが味わえる。
    日本を代表するフランス料理のメゾンのひとつ。あいにく現在、改装中で今、そこの料理を食べることができるのは、この場所だけ…、というのがステキ。
    しかも手頃な値段でもあり、だからでしょうネ。
    かなりの人気で、ランチタイムがはじまったばかりというのにいつももらうテーブル席はすべて一杯。



    カウンターの席をもらった。
    実はカウンターの座るのははじめてのコト。
    カウンター席の後ろ側にテーブル席が並んでて、後ろ姿を見られて食事をすることになる。ボヨンとたるんだお腹をずっと見られる自信がなくて(笑)。
    ところが座ってみると、目の前で盛りつけられる調理の一部始終を手に取るように眺めることができるのですね。
    見事な手際を見ながら料理を待つステキ。なんだか今まで損をしていた気持ちになった。



    黒くて四角いお皿の上に、ミルクで伸ばしたマヨネーズをを絵を描くようにスプーンでシュシュッとのせていく。
    そこに次々料理をならべて、最後にエディブルフラワーを、パラリと散らして前菜料理の出来上がり。
    まず目で味わってくださいな…、っておいしいもてなし。
    お皿の真ん中にはグリーンアスパラガスのピュレに浮かんだホタテの切り身。キリッと冷たくされて喉をやさしく潤す。これが普通のポタージュだったらゴクッとすぐに飲み込んじゃう。けれど中にホタテが混じっているからそれを舌が探して、結局、ジックリ、ピュレを味わうことになる。



    極細パスタのカダイフに、茹でたブロッコリと割いた鶏肉。
    カダイフのパリパリとした乾いた食感。ブロッコリのみずみずしさに、バッサリとした鶏肉が、口の中で混じりあう。
    とてもニギヤカ。しかもクミンシードやヘーゼルナッツ、コリアンダーに島とうがらしと、個性的なスパイスが舌にもニギヤカ。ビリッと香る。
    カニのほぐし身をソースであえて、薄切りにしたアボカドで巻いてカネロニ状にしたもの。ネットリとした食感が肉感的なオゴチソウ。



    メインは肉と魚が用意されてて、肉は豚肉、魚はアイナメ。
    どうにもアイナメのネロリと粘るような食感が好きでなく、それで豚肉。
    豚ロース肉の表面を焼き、オーブンの中でジックリロースト。芯の部分はロゼに仕上がり、表面つやつや、みずみずしい。
    フルムダンベールという青カビチーズを白ワインで伸ばしたソース。肉の旨みを煮詰めて作ったフォンドボー。二色のソースで味わう趣向。
    ナイフで切るとサクッと切れて、肉はクチャっと歯茎にまとわりついてくるよう。脂は甘くて、しかもこんがり焼けたところは香ばしい。



    サイドにペコロス、小さなジャガイモ、カリフラワー。すべてが同じ大きさに揃えられてて焦げ目キレイに焼かれてる。
    中でもペコロスのシャキシャキ、カリカリした食感にウットリします。
    ジックリ味わい、ユックリ食べる。
    そして最後に残ったソースをバゲットちぎって拭って食べる。ほどよき量でけれどココロが満たされる。
    次はどんなシェフの料理がたのしめるんだろう。また来なくっちゃ。さぁ、仕事。

    拍手[5回]

    ひさしぶりのホテルバフェ。西新宿のハイアットリージェンシーホテルの「カフェ」ってお店を選ぶ。



    バフェを差別化するにあたって、その方法には2種類あって、ひとつは品数。大型ホテルのバフェは大抵、「全100種類の料理をどうぞ」なんてうたい文句で気持ちを誘う。
    並んだ料理を取りに行くだけでもかなりの労力。全部をとりあえず一口づつでも食べるとそれだけでお腹一杯になったりもして、案外これがなやましい。
    もう一種類のやり方は品数ではなく「料理の味」で差別化しようという、つまりレストランの正攻法でそれがココ。



    バフェではあるけど、なるべく出来立てのモノ。あるいは目の前で調理したてのモノをたのしんでもらおうというバフェで、だからお店の真ん中にキッチン作ってそこで料理が作られる。
    料理は全部で40種類くらいかなぁ…、たのしく選べるほどよい種類。
    テーブルの上にズラリとならぶナイフ・フォークに、糊の効いたナプキンと、バフェというよりレストラン。



    まずは、前菜料理。
    モツァレラチーズに小さなトマト。酢漬けのカルチョーフィなどをちょっとづつ。工夫してるなぁ…、と思ったのがスモークサーモンの炙り鮨。前回まではスモークサーモンをそのままお皿に並べてた。こっちの方がたくさんとられず原価が下がる。しかも回転鮨のサーモン握りと違って上等な燻製風味がなんとも贅沢。
    ヨーロッパとかアメリカのクラブイベントで出されるSushiのような感じがおしゃれでもある。オモシロイ。



    食べ放題が基本のバフェではあるけど、一人一食限定の贅沢料理が用意されるのが、ここのバフェのうれしい特徴。
    先日来たときはアワビのステーキ。
    今日はフォアグラをのせたスープヌードルという趣向。
    透き通ったスープの中に断面四角いたまご麺。合鴨のソテと角切りにしたフォアグラが恭しくものっかり揺れる。フォアグラが贅沢であるのは当然。クリアなスープはエビの香りをたたえた芳醇にしてさわやかな味。こういうスープを作れるところが、和洋中のシェフが揃ったホテルという場のステキなところ。

    そしてココの名物、ローストビーフ。



    お皿を持って差し出すと、カービングするシェフが「分厚くしますか?」と聞いてくる。
    肉食おじさんに見えたのでしょう。
    まずは薄切りでお願いします…、と言ったら「お代わりお待ちしてますね」ってニッコリ。なんかうれしい。
    ローストビーフは薄くて削るとネットリ、歯茎にからみつくようななめらかにして肉感的な肉の食感たのしめる。ホースラディッシュにグレービーで、肉の旨みに味わい、そして軽い酸味をたのしんで、お言葉通りにお代わりをする。



    お代わり分は厚切りで、これは奥歯が沈むような噛みごたえと滲む肉汁をたのしむことができてたのしい。
    なにより見た目が肉肉しくてなんともゴージャス。
    そうだこれを使ってテーブルの上で料理をしようと、それでカレーをとってくる。
    お皿の上でローストビーフを切り分けてご飯の横に盛り付けて、カレーのせてパクリと食べる。分厚いローストビーフは贅沢。けれど分厚いローストビーフが入ったカレーの贅沢はこの上ないモノ。ルーのとろみが肉のむっちりした食感を引き立ておいしくしてくれる。



    こういう風に自分好みの料理を作って食べられるのが、バフェという場のたのしいところでもあって次々、勝手料理を作って食べる。
    葉っぱ野菜を小さなボウルに入れて上にツナ、細かく砕いたゆで卵。ワインビネガーを注いだところにパルミジャーノ。バフェカウンターに置かれた大きな塊を削ったモノをたっぷりのっけて、パクパク食べてお腹の準備を本格的に整える。
    野菜たっぷりのミネステローネにこれまたパルミジャーノをあわせ、ピザにピカンテオイルをたらす。イタリア的に拍車がかかる。



    それから魚の料理をいくつか。
    エビのアジア風のフリットいうのがあって、たまご色した衣がふっかり。プリプリのエビを包み込み、ふっくら仕上がる。
    それにスイートチリをかけて食べるという趣向。
    ミートソースリゾットをオーブンの中で焼いたドリアのような料理を、サイドに置いてパクパク食べる。
    フライパンでソテして仕上げた、イカのファルシの中にはギッシリ、イカスミリゾットが入ってて、クニュっと歯切れるイカをとろりとなめらかにする。



    そしてデザート。ヘーゼルナッツとダークチョコレートのアイスクリームを一個づつ。小さなシュークリームをちょこんとのっけて、お皿の上にホイップクリームをたっぷりのっける。
    それらそれぞれ、別々に食べて味をたしかめて、ヘーゼルナッツのコクにウットリ。
    ザックリとしてどっしり歯切れるシュー生地と、ぽってりとしたクリームが口の中でとろける感じに、思わず目を閉じ感謝する。



    感謝ついでにプロフィットロールのようにしようかと、ホイップクリームとチョコレートアイスクリームを一緒にスプーンにのっけて食べる。
    甘みに苦味。ふわっととろけるホイップクリーム。ぽってりとしたカスタード。最後にチョコの軽い酸味でひきしめる、あぁ、おいしいなぁ…、とココロとろけるオゴチソウ。
    バフェではあるけど飲み物だけはお店の人にたのんで持ってきてもらう。そのためのメニューがテーブルに用意されているのが、バフェレストランではなく、テーブルサービスレストランがサービスとして行うバフェ…、ってメッセージ。
    そしてその度、何か一言かわしてくれて、笑顔を名残に去っていく。ペパーミントのお茶を最後にシアワセな昼のしめくくり。


    関連ランキング:イタリアン | 都庁前駅西新宿駅西新宿五丁目駅

    拍手[5回]

    前のページ HOME 次のページ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]