忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    それから再び原宿の街…、街ゆく人たちはさすがに少な目。雨にも負けず元気に街を歩いているのは外国からの観光客。
    渋谷から原宿、表参道はすっかり世界の街になったような気がする。



    そんな中でもココはひっそり。
    原宿の中でもとてもディープなエリアのディープな場所のディープなお店。キャットストリートが渋谷に向かって伸びきって、もう終わりを迎えようかというところにある「ロースタリー」というお店。



    エスプレッソの専門店ではあるのだけれど、ちょっと変わった造りに最初はビックリします。
    ニューヨークのアンダーグラウンドのクラブみたいなガランと大きな空間の、真ん中部分にエスプレッソ用の厨房があり、奥にはロースター。それらを眺めるように配置されたカウンターやハイテーブル。椅子がまるで劇場のスタンディングバーのような景色を作り出している。
    ロースターの横には物販カウンターと試飲スペースが作られていて、そこでコーヒーを入れてはテイスティング。まるでおいしいコーヒーの入れ方を実験しているような雰囲気に思わず喉がなる趣向。



    見事な手際で入れられたカフェラテを飲む。
    豆が2種類。エチオピア産とメキシコ産で、どちらも深煎り。豆の香りをかがせてもらって選べるというのが、なんともステキ。
    最初はビターで若干、酸味を感じる飲み口。ミルクの泡もポッテリとして、それが徐々に甘みを帯びてくるのがたのしい。
    一番小さなサイズのカップも、かなりタップリした量で寒さに縮んだ体もフワッとゆるんであったかになる。

    コーヒーのお供に2つ、甘いもの。



    実はココはソフトクリームがおいしいお店。けれどさすがに今日の寒さでは冷たいモノに気持ちがいかず、それでまずはニューヨークリングス。
    クロワッサン生地で作ったドーナツ。
    グラニュー糖がタップリかかって、ジャリッと奥歯で潰れる食感がかなり痛快。油が同時にジュワリとにじみ、サクサク壊れる。
    スティック状のチーズケーキは、砕いたビスケット生地がしっとりシナモンフレーバーにてこれまたおいしいニューヨーク風。ラテもおいしくさせる味。
    オキニイリです、またこよう。


    関連ランキング:コーヒー専門店 | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅



    それから街をまたブラブラと。MOMAショップで今度来たらあれ買おうとか、アップルショップでやっぱりパロットの新作はいいんじゃない…、って思ったり表参道の街を堪能。



    メールチェックに次の予定までの時間調節をホノルルコーヒーカンパニーにて。
    最近、お店が着実に増え始めているこのチェーン。表参道ではじめたハワイアンパンケーキが人気であるのも、その成長の要因かもね…、と思いながらもやっぱりボクにとってはココは、サンドイッチとコーヒーの店。
    マカデミアナッツの香りが甘いコーヒーと、クロワッサンのハムチーズ。トースターで焼いてもらってパクリと食べる。ランチを軽めにすませたから、お腹にしみます…、オゴチソウ。


    関連ランキング:カフェ | 表参道駅外苑前駅明治神宮前駅

    拍手[3回]

    PR
    ゃーっ、これカワイイ。



    ルームランナーの上をとぼとぼ歩くテディベア…、のように見える実はシーズー。
    実際のテディベアの背中を切って中身を繰り抜き、それをシーズーの頭からかぶせただけなんだけど、両手をブラブラさせながら歩く姿は確かにテディベア。
    もうたまらんです…、オキニイリ。
    東京は寒い雨の日。コレで元気をもらいます。

    昨日に続いてツナメルト。スタバじゃなくってドトールコーヒーに食べに来る。



    先日、日本橋のドトールで食べたく、なのになかった料理。チェーン店とはいえ別に全店同じじゃなくてもいいんじゃないの…、と、そんな自由な柔軟性が悪くはないなと思いもします。
    だって場所や市場に合わせたメニューで、儲けることをまず考えなくちゃ働く人がいつまでたってもシアワセにはならないんだもの。
    だからそのときはちょっと我慢で、それで今日。近所のいつものお店でたのむ。



    ソフトバゲットを半分に切り、それそれぞれを紙で包んでくれるのだけど、お皿も白くて紙も白。他の食器も白色で、テーブルの上が真っ白になる。
    清潔感はあるかもしれない。だけどちょっと寒々しくて食べ物みたいな感じがしない。なんだかちょっと勿体無い。
    ラテをたのむと、ミルクの泡がタップリ乗っかり、これまた白くて笑っちゃう。



    袋から、サンドイッチをひとつ取り出し小麦色したパンの色合いにホッとして、パクリと食べると、ネットリとしたツナの食感。
    トロンとチェダーチーズが混じって、そのネットリに拍車がかかり、ホツホツ、奥歯を触る玉ネギ、ピクルスが口の中を軽快に、みずみずしくさえしてくれる。
    ピリリとコショウが最後に残り、これはおいしい…、大人味。
    フッカリとしたパンの食感もツナやチーズと相性がいい。ツナメルト対決においてはドトールがスタバに僅差で勝っている…、って勝手に思った。さぁ、仕事。

    打ち合わせを終え、渋谷、原宿の街をブラブラ。雨降る今日。いつもは行列ができるような店も案外のんびりしてる。



    ちょっと気になり来たかった店。「niko and ... TOKYO」っていうライフスタイルショップの中にある、「ナヴァー」っていうレストラン。
    アメリカの人が住みたくてしょうがないと今いうポートランドという街にある、人気のレストランの支店だという。
    物販の売り場の奥の窓際に広々とした居心地の良いダイニングエリア。レジの並びにショーケース。そこで料理を注文しテーブルに運んで食べるというシステム。



    メインを3種類、サラダをおなじく3種類から選ぶスタイルで、料理はどれもアメリカ的。良く言えばシンプルで素朴、悪く言えば大雑把で突き放したような料理ばかりで、なるほどこれがポートランド的(笑)。
    ボクはメインをローストポーク。緑豆のサラダをのっけたグリーンサラダを選んで今日のひとそろえ。
    ローストポークにはパプリカ色のソースがほどこされているのだけれど、味も香りもあまりにほのかで舌が馬鹿になっちゃったのかと一瞬思う。



    素材の味や香りをそのままたのしんでという提案なのかもしれません。
    他の人がたのんだクミンシード風味のラムミートボールに、ここの名物というチキンの煮込みもどれも一味たりなく感じ、日本の料理は美味しすぎるのかもしれないなぁ。あるいは太平洋を飛んでくる間に何か大切なモノが蒸発しちゃったのかもしれないね…、と、あれこれ理由を考える味。
    メインディッシュよりサラダが多いというのがおそらく女子向けで、そう思ってお店を見ると女性ばかりでボクらおじさん…、小さくなった。オモシロイ。


    関連ランキング:アメリカ料理 | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

    拍手[2回]

    地方から友人が来て渋谷に昨日泊まったという。ならば一緒に朝ご飯でもと、仕事の前に会うことにした。



    ホテル近くに早めについて、時間を潰そうと渋谷珈琲研究所。
    サイフォンだてのコーヒーをひとつひとつ丁寧に作る専門店で、一杯たてるのに15分ほどはかかるでしょうか。
    だから急いでいるときはちょっとイライラするお店。
    けれどぼんやり、時間をつぶしたいときは便利でたのしいお店であります。待ち合わせの時間までに40分ほど。そんな今朝にはピタリとはまる。



    ちょっと深めのコーヒーカップにタップリ入ってやってくる。
    カップの取っ手を握ってくるりと、飲もうと回すとそこには顔が描かれているカップ。
    やさしい女性の顔でしょうか。笑っているのか、眠っているのか、見ようによっては泣いてるみたいにみえなくもなく、その日の自分の気分がわかる。
    今日のこの子はニッコリ笑っているようで、そんな調子で一日ニッコリまいりましょうか…、と思ってそろそろ、移動する。


    関連ランキング:カフェ | 渋谷駅代官山駅神泉駅



    金曜日の朝。しかも明日から三連休がはじまるというコトもあってか、街はいささかせわしない。行こうと思ってたお店が朝食、休みの日。
    それでと「集」という店にくる。



    朝の時間は飲み物たのむと、朝食セットがもれなくついてくるという名古屋スタイルの朝食で、ついてくるのがキッシュやワッフル、あるいはトースト。
    一番一般的であろう、トーストをメインに選んで朝としました。
    ほどよき暑さのパンをこんがり焼き上げて、そこにタップリ、バターを塗り込め表面しっとり。濡れているのにウットリします。

    マーマレードをお供にたのんで、それをタップリ。



    バターの塩気とマーマレードの甘みと苦味。軽い酸味が後口引き締め、朝のお腹がほどよく満ちる。
    エッグスタンドにのっかった茹でた玉子をコンコン、テーブル叩いて割って、キレイにペリッと剥いてやろうとするのだけれど、玉子が若くて新鮮だったからでありましょう。キレイに剥けずにゴツゴツしちゃう。まぁ、それもよし。
    今朝の一番のゴチソウは、ひさしぶりにあった友人との楽しい会話。5年ぶりほどになりましょうか…、あれこれ話をしているうちにあっという間に仕事の時間。
    またあいましょう…、と約束をしてお店を後にいたします。

    で、この不気味な画像。
    my friend outdid herself for this costume…、私のう友人はこのメイクのためにがんばりました、ってタイトルで投稿されていた画像。



    じっくり見ればどこが本物の顔のパーツで、どこがメイクってわかるんだけど、それでも必死に意識をしながら見てないと、何がなんだかわからなくなる。
    さてさて今日はハロウィーン。
    こういうメークでTrick or Treatなんていいかもしれない…、どうでしょう。

    拍手[3回]

    朝を渋谷のヒカリエの中…、クリームオブザクロップにてとる。



    物販施設の営業前から、この一角だけが営業してる。いつもかなりのにぎやかで他のフロアの開業待ちのような人たちもちらりほらりと。
    特に最近目立つのは、海外からの観光客。
    街が動く時間を待ちかね、ホテルを出たけどいくところがない…、それでとこういう店で時間を潰してる。
    今日はスペイン語らしき言葉をしゃべる男性二人が、カフェラテたのみ、ショートパンツが寒々しい台湾系の男性二人がキャラメルラテを飲んでいた。



    売り物がドリップコーヒーのお店であっても、自分の飲みたいスタイルを曲げぬところが潔い(笑)。
    ホットドッグのセットにします。
    トレーの上に紙で包まれプレーンドッグがやってくる。しかも下には紙おしぼりがついてくるという、どれだけ日本の人たちは清潔にこだわるんだろう…、って不思議な景色。
    紙でくるむならおしぼりいらず、おしぼり出すならもっと小さな敷き紙でいいじゃないのと思ったりする。オモシロイ。



    レタスの葉っぱに細めのまっすぐソーセージ。ケチャップとマスタードを搾って彩りつける。
    コンテナーの口が細く切られてて、だからチュチュっとキレイに搾れるのがなんだかうれしくなった。
    パンはフッカリ、程よい状態。
    ソーセージの皮が頑丈で、噛んでるうちに紙を噛んでるみたいな食感になるのがいささか残念で、コーヒーごくりとお腹にすべてを流し込む。


    関連ランキング:コーヒー専門店 | 渋谷駅神泉駅表参道駅



    待ち人来たりて、どこかで話をしましょうか…、と。みると外はかなりの雨でならば同じヒカリエの中の、ポールバセットにしましょうか。



    エスプレッソのおいしいお店ではじまったココ。御多分にもれずここもシングルオリジンの豆のおいしさをたのしむ商品を増やしてる。
    エアロプレスを使ったコーヒー。エチオピアの豆を選んでたのんでみると、ちょっと濁った明るい色のコーヒーがくる。
    酸味がおいしくさわやかで、砂糖をいれずも甘みが後からおいかけてくる。やさしい風味で、胸がやけるようなコトなくコーヒーの味をたのしめる。
    いいんじゃないの…、と思ったりする。コーヒー世界はオモシロイ。


    関連ランキング:コーヒー専門店 | 渋谷駅神泉駅



    ちなみにエアロプレスとはなにかを説明したビデオを一本。



    なるほど、なるほど。オモシロイ。

    拍手[2回]

    喫茶店にて朝を迎える今日の朝。「集」という店。



    サイフォンだてのコーヒーを、サイフォンごともってきてカップに注ぐパフォーマンスで人気をとった、「ちょっと贅沢系」の店。
    お店の造りもカチッとしてて、とはいえ何風といえばいいんだろう…。
    英国風でもフランス風でも北欧風でも東欧風でもあるようで、けれどどこか和風のようにも思える不思議な無国籍風。なのになんだか居心地いいのがオモシロイ。
    朝の時間は飲み物たのめばもれなく朝食メニューがついてやってくる。
    そんなところは名古屋風にて、しかもテーブルの上にズラリと並ぶナイフフォークがずっしり重たい上等なモノ。



    フォークに比べてナイフやスプーンが小さいところが、力を入れて切らなくてもいいモノがメインの料理なんです…、と言ってるみたいでオモシロイ。
    メニューは3種。トーストにジャム、ワッフル、あるいはキッシュプレート。キッシュとたのんだときだけ200円増しになるという。
    ダージリンのお茶をもらって、キッシュをたのむ。
    大きなポットにティーコジーがついてくるのが、また上等にて背筋が伸びる感じがします。
    ちなみに料理はかなり時間がかかってでてくる。急いだ朝にはドキドキするに違いなく、けれど今朝はのんびりの朝。だからゆっくり、待ってこれ。



    キッシュが主役の朝のプレート。
    大きな長方形に焼いたキッシュを棒状にする。スティックケーキのような姿がちょっとおしゃれで、そこにサラダとフィナンシェ、パイナップルのヨーグルトムース添えがつきひと揃え。
    パイ生地の上に薄切りベーコン、茹でたジャガイモがタップリ入ってかなりドッシリした味わいで、朝のお腹を満たすに十分。
    ゆっくり食べて、紅茶でお腹を潤したらばニッコリ移動をいたしましょう。


    関連ランキング:喫茶店 | 渋谷駅神泉駅表参道駅



    打ち合わせを終え、次の移動の前にお茶。ポールバセットにやってくる。



    ヒカリエの地下。食品売り場の一角にある。
    周りにビッシリ、ケーキショップが並んでてだからでしょうか。コーヒーが売り物というよりも、パンケーキだとか軽食メニューが充実してて「おしゃれなカフェ」のような雰囲気。
    新宿の店はセルフサービス。けれどココはテーブルサービスというのも、コーヒー専門店的ではない、カフェをよそうおう工夫なのでしょう。



    とは言えコーヒーは本当においしい。
    お腹にたまらぬマキアートをもらって飲むと、ポッテリ喉越し濃厚で、酸味控え目で甘みのドッシリした味わい。
    最近、エスプレッソ系のお店でたのむのは、ほぼマキアートになっちゃった。
    ミルクの風味とエスプレッソの味わいがギュギュッと凝縮されていて、しかもエスプレッソの香りがミルクの泡で包まれ、直接口にやってくる。
    気持ち穏やかになると同時に、キリッと元気も湧いてくる。喉のゴチソウ、アリガタシ。


    関連ランキング:コーヒー専門店 | 渋谷駅神泉駅

    拍手[1回]

    前のページ HOME 次のページ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]