忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    この歳になると、朝、空腹でめざめないときがたまにある。今日がそういう朝の日で、それでラッテで朝とした。



    表参道の路地にある「パンとエスプレッソと」というお店。
    お店の半分近くがパンの工房。朝の時間は売り場にパンが続々と並び始めて、お店の中が甘いパンの匂いで満ちる。
    いつもはこれでお腹がグーグー、すくのだけれど、やっぱり重たく、それでラテだけ。緊急事態(笑)。



    甘くしてねとお願いをする。
    ココはエスプレッソを落としてスティームミルクを入れる前に、甘みを加減してくれる。出来上がってから砂糖を入れて、混ぜると泡が壊れてしまう。だからとてもうれしい一手間。
    ここのラテは砂糖を多めに入れてもらうと、苦味がキリッと透き通る。砂糖が甘くするのじゃなくて、酸味を抑えて苦味を引き立て大人の味に整える役目をするのがオモシロく、だからいつも甘くする。



    とろりと喉を撫でつつお腹に流れこむ、とてもなめらか。官能的で、体がやさしくあたたまってく。
    タップリのワインに料理でお腹を満たし、そのまま寝ちゃうラテンな文化がこういう飲み物を生み出した。朝ご飯を食べるかわりに泡と砂糖がたっぷりはいった飲み物で体を中からあっためて、たのしいランチの準備をする。
    今日はつかのまイタリア人になった気持ちでぼんやりします。
    アシダカグラスに入った水をコクリと飲んで、そろそろ仕事の時間です。


    関連ランキング:カフェ | 表参道駅外苑前駅明治神宮前駅



    ちなみに昨日の夜。食事を終えて、家に帰って結局仕事になっちゃった。それで夜食を作りたく、ご飯を炊いた。それが多分、今朝のお腹を重たくしたワケ。



    一ヶ月ほど前に高知で買ったかつおのなまり節。かつおを蒸して醤油に漬け込んだ生のかつお節みたいな食材。
    かつおの旨みと香りがギュギュッと凝縮されてる、海のゴチソウを薄く削ってご飯の上にこんもり散らす。醤油に出汁、味醂を少々くわえた汁で土鍋でゴトゴト、炊いて蓋して蒸らして、三つ葉をたっぷり。
    よぉくかき混ぜ、なまり節をご飯にしっかり混ぜ込み仕上げる。



    かつお独特の酸っぱい香りがほのかに漂い、醤油の焦げた風味もおいしい。
    三つ葉の緑の香り、さわやか。固めに炊けたご飯もおいしい「鰹飯」。
    昔、松山にいたころたまに作って食べてた。あるいはなまり節をそのままおやつに食べてたような記憶もあって、なんだかちょっとナツカシイ。
    ちなみずっと「鉛節」だと思っていたけど、実は「生利節」だったという、インターネットはいろんなコトを教えてくれる。オモシロイ。

    ところで先日、ドゥバイの動画を紹介しながら、かっこいいなぁ…、って感心したけどこの東京の動画もステキ。



    霧に包まれた東京の街。
    まるで霧が生きているかのようにビルの間に忍び込み、次々形を変えながら居場所を探してうつろっていく。幻想的で息を飲みます。
    ちなみにコレ。
    ニコンの一眼デジカメのプロモーションのために作られた動画のようで、たしかにカメラの描写力が問われるシーン。オモシロイ。

    拍手[6回]

    PR
    ひさしぶりのカフェマメヒコ。公園通りの上の方。



    入り口がどこにあるか分からないビルの2階というロケーション。
    便利な場所にあるのに、そのわかりにくさで隠れ家風をよそおえる。あいかわらず立地選びが上手だなぁ…、って感心します。
    知ってる人、関心のある人にいつも使ってもらえるようにと、お
    れる場所に出店するのがいいカフェ、喫茶店の立地選びのコツでもあって、そういう意味でこの場所のココは教科書通り。



    お店のほぼ端から端までを占める大きなテーブルに、すわり心地のよいソファ席。テーブル席に、壁に向かってプライバシーをたのしむためのカウンターと、いろんな使い勝手を提案する店作りも、なかなかなモノ。
    オキニイリ。
    お茶だけでもって来たのだけれど、時間も少々、余裕があって、お店も静かでならばちょっと小腹を満たしてみましょうか…、って、トーストたのむ。
    はちみつがセットになったハニートースト。
    忙しかった今日の前半をいたわるご褒美みたいなセット。



    ほどよき厚さのトーストブレッド。比較的空気を多めに含んでやけた、粗いパン。だから焼くとサクッと軽く仕上がっていく。
    耳が固めで焦げるとそこがカリッと歯切れる。これ以上、焼くと苦くなってしまいそうになる寸前まで焼き、バターをのっける。
    塩分多めに含んだバター。
    パンの自然な甘みにバターの塩味まじって、もうそれだけで十分おいしい。
    おいしいところにはちみつタップリ。渋味の少ないやさしい甘みのはちみつで、カサカサ乾いたトーストをムッチリ、なめらか、濃厚味にしてくれる。
    お菓子以上にお菓子らしいとでもいいますか…、頭の疲れがとれていく。



    一緒にもらったミルク珈琲。ハンドドリップのコーヒーと常温のミルクを混ぜた飲み物で、だから人肌。最初からぬるめの温度。
    熱くない分、舌が安心して味わえる。だからミルクの旨みやコーヒーの香りや風味が首から上を満たす感覚。
    温度的にはゴクゴク飲める。けれどゴクゴク飲んでしまうのが勿体無くて、ユックリじっくり、時間をかけてたのしみたくなるオゴチソウ。
    それを一口。
    そしてはちみつトースを一口。口の中ではちみつ味がミルク珈琲と混じりあい、はちみつの持つ渋味とコクが舌に残ってハッとする。



    テーブルの上に塩や砂糖や紙ナプキン。塩の容器にメッセージ。
    「大人は袖すり合う縁も縁とする」って書いてある。
    大きなテーブルをみんなでシェアする豊かな気持ち。飲食店というひとつ空間をみんなでシェアする、それも縁。
    人と人とがやさしく自然につながれる、こういう場所ってステキと思う。トーストをキレイに食べたら、さぁ、移動。


    関連ランキング:カフェ | 渋谷駅神泉駅明治神宮前駅

    拍手[4回]

    渋谷で朝食。ちょっとエリアを変えて新南口にあるお店。



    「珈琲研究所」というドリップコーヒーのお店に来ます。
    渋谷の駅はおそろしいほど南北に長い駅。特に埼京線や湘南新宿ラインが到着するホームは他のホームが終わるとこからはじまる感じ。連絡通路を歩いていると隣の駅にそろそろ着くんじゃないかと思ってしまうほど。
    その遠いホームから一番近い「新南口」という改札をでたとこにある。だから結構いつも静かで、重宝します。



    ただ静かなのにテーブルの上が片付いていない。ちょっと前までいた人たちのバッシングが出来ないほどに、働く人が少ないのでしょう。
    後片付けくらいはセルフサービスにしちゃえばいいのに…、って思いもするけど一生懸命やっているから、まぁ、しょうがない。
    ちょっと待ってドリップコーヒーがやってくる。
    コーヒーの味にこだわっているんだから、フレッシュクリームももっとキチンとすればいいのに、普通のスジャータ。
    こういうところがアンバランスで、勿体無いなぁ…、って思っちゃう。



    朝食セットが何種類か。中でも一番うりにしてるのがピザトーストで、それをたのんで食べてみた。
    ほどよき厚さのトーストブレッド。こんがり焼けてて、耳まで旨い。
    トマトソースにベーコン、オニオン、ピーマンがタップリのっかり、なによりとろけるチーズの姿が色っぽくってうつくしい。
    日本にしかないこういう料理。最近しみじみおいしくて、愛おしいなと思ってしまう。そろそろ仕事といたします。


    関連ランキング:カフェ | 渋谷駅代官山駅神泉駅



    飲んで食べては、たまにパソコンで書物をしての正月休み。すっかり体が鈍ってしまって重い、重い。で、こんなキーボードがあったらいいかもしれないなんて…。



    パソコンのモニターが置かれたテーブルの上や周りに大小、いろんなサイズのサンドバッグが配置されてて、その1つひとつがキーボードの役目を果たしているというモノ。
    実際に使っている動画があります。ちょっとお遊び過ぎた内容なんで、実際、どうやって動作しているのか知りたいむきには物足りないかもしれないけれど、それはそれでオモシロイです。

    BLESS N°40 whatwasitagain from BLESS on Vimeo.


    このキーボードでブラインドタッチできるようになったらスゴいコトに違いない。これでロッキーの最新作の脚本を打つシルベスター・スタローン…、なんてところを見てみたくもあり。
    なんかたのしい…、オモシロイ。

    拍手[3回]

    お腹を軽く満たしてビールもおいしくお腹に収まった。去りがたい気持ちをどこかで甘いモノとなだめましょうか…、とそれで赤坂。カフェベネにくる。



    韓国のナンバーワンブランドと言われるセルフスタイルのカフェで、日本ではメゾンカイザーと提携し、おいしいお菓子を売り物にしようとしている。
    特にロールケーキは自慢のようで、ケーキの生地がまずたまご色。上等な玉子を使っているのでしょう…、ムッチリしていてそれに合わせるクリームは軽くてポッテリ。いや、旨い。
    ホットクの生地にあんこを挟んで焼いたホットクワッフルに、ジェラートつけて甘くて熱くて冷たいスイーツ。カモミールティーを片手に食べて話に花咲かす。


    関連ランキング:カフェ | 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅



    それからしばらく時間を置いて、なんだかお腹がすいたように感じる不思議。



    なにかお腹を軽く満たせるものはないかと街を歩いてあれこれ探す。夜の街赤坂と呼ばれるココも、さすがに日曜の夜は早じまい。
    それで結局、てんやを選ぶ。
    飲んだ〆に天ぷらという、なんたる放蕩。不健康。けれど同じような考えの人もかなりいるのか、それとも他に開いてる店がないからか次々、お客様がやってきて閉店間際のお店が満席。厨房の中は大忙しで、みているだけで元気がでます。



    季節の天丼。ズワイの足の天ぷらがついた小さな天丼と蕎麦のセットを選んでたのむ。エビが一本。ズワイの大きな足が一本。イカにレンコン、いんげん豆でひと揃え。そこに生の帆立を追加で贅沢よそおう。
    ご飯は少な目。ちょうど今日のお腹にピッタリ。アリガタイ。



    それにしてもココの天丼。エビがおいしい。
    水をタップリ含ませ、ぷちゅぷちゅ、水ぶくれになった最近流行りのエビと違ってしっかりとした歯ごたえのある、本物のエビ。
    頑張ってるなぁ…、と思います。
    ちょっと甘めのコッテリダレに疲れた舌をタップリ用意されてる漬物で、シャキシャキ癒して食べ続け、蕎麦をツルンとたぐってお腹に蓋をする。

    さて、まもなくクリスマスのこの時期。東京のそこかしこで、クリスマスイルミネーションが輝いている。どこも趣向を凝らしてキラキラ見事。
    でも、こんなクリスマスイルミネーションってステキだろうなぁ…、って動画を一本。



    マライア・キャリーのクリスマス・ソング「All I want for Christmas」にシンクロするように、街ぐるみでプログラムしたイルミネーション。
    それをドローンで空撮したというモノで、いいなぁ…、こういう人間関係。
    イルミネーション以上に気持ちがキラキラします。あったかい。

    拍手[2回]

    朝をアサイーではじめるという、炭水化物ブレックファストが得意なボクにあるまじき朝(笑)。



    とある理由でお腹がすかずしかもお腹の芯がほてった感じ。それで何かスキッと爽やかで、しかも栄養のあるものはないかと考えたらば、頭に思い浮かんだのが「アイランドビンテージコーヒー」なるお店。
    コナコーヒーとアサイーボウルを売り物にして今年東京にやってきたばかりのニューフェイスにて、朝からママ友たちが和気あいあいとお茶をしている。



    ハーフサイズというポーションで、けれどかなりボリューム満点。
    凍ったシャーベット状のアサイーに砕いたグラノラ。バナナにブルーベリーにイチゴを飾ったところにはちみつとろり。
    十分これで朝の体を作れるボリューム。しかも栄養タップリを感じてキリッと、頭も目覚める。オゴチソウ。


    関連ランキング:カフェ | 表参道駅渋谷駅明治神宮前駅



    ちなみに今朝のお腹がほてった理由。回転寿司を食べたあと、どうしても気になり前から行きたかったお店でラーメンたべたのでした。



    場所は新宿駅の北側の小滝橋通りというラーメンメッカの通りのはずれ。「味噌屋八郎商店」という名前の味噌ラーメンの専門店。
    マイルドで食べやすいとんこつラーメンで名を馳せた「なんつッ亭」がやってるお店。寒くなると味噌ラーメンがおいしく感じる。かなり評判もいいようで、近所まで来たついでにちょっと食べてみようと、それでくる。



    カウンターだけ。ちょっと床がヌルヌルしますか。ラーメンが好きで好きでしょうがなそうなおにぃちゃんが、長靴履いて元気にラーメン作ってる。
    いかにも「旨いラーメン作ってまっせ」って感じのお店。
    カウンターの上にはやかんが汗をかいてる。ラーメンなんて野郎の食べ物!ってこの割り切りがラーメン好きにはたまらぬもてなしかも知れないネ。



    お供に餃子をとりました。夫婦円満餃子という名前で、どこがどうして夫婦円満餃子なんだろう…、と。
    やってきたのを見ると5個。
    夫婦円満なら偶数個にすればいいのに…、って言ったら一緒の友人が「夫婦円満が試される」餃子じゃないの?ってポツリと言った。なるほど2人で分け合う愛情、やさしさこそが夫婦円満の秘訣なのかも(笑)。
    実際食べてみるとかなりにんにくタップリ。これを食べ手手に入れられる夫婦円満もあるかもネ…、って大人な感想。どうだろう。



    ここのメインの味噌ラーメンと辛味噌ラーメンを激辛にする。
    とんこつベースのスープに味噌をといて作った味噌ラーメン。なんつッ亭の味の特徴の黒マー油が彩りそえるうつくしさ。スープはポッテリなめらかで、甘めの味噌が味全体を濃厚にする。
    厚切り叉焼がスープに馴染んでトロンととろける。茹でたもやしはみずみずしくてドッシリとした味噌の旨みをリセットさせる。こりゃ旨い。

    この味噌ラーメンに赤唐辛子と山椒をくわえて炒めた挽き肉味噌をタップリのっけた辛味噌ラーメン。辛さもスゴいけど山椒の痺れや香りが鮮烈で、舌は辛いとひぃひぃいうのに、次のひと口食べたくてしょうがないよなオキニイリ。



    断面四角い角張った麺。太くてほとんどよじれるスルンと素直な麺で、コツコツ固い。バッサリ歯切れてしかも噛んでるうちにもっちり、ずっと弾力が続いてずっと噛んでいたくなる独特で、味噌のスープに負けぬ個性を発揮する。
    味玉一個を2人で分ける。
    黄身がトロリとほどよき状態。ラーメン屋さんの味玉ってなんでこんなにおいしんだろう…、激辛スープに疲れた舌が甘い黄身でなだまる感じもありがたい。
    餃子をスープに浮かべて温め、一緒に食べるとこれがますますおいしく感じる。ラーメンにあった餃子がおいしい餃子。そんなコトを思ったりする。
    この店、かなりのオキニイリ。


    関連ランキング:ラーメン | 西武新宿駅新宿西口駅大久保駅

    拍手[4回]

    前のページ HOME 次のページ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]