忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    渋谷の東急インで朝バフェをとる。



    ちょっと気になるコトがあって、最近ちょっと朝のバフェにハマっております。今日でなんと3日連続バフェの朝。
    ジュニア野菜ソムリエが監修しているバフェというコト。たしかに野菜の種類は多い。けれどほとんどが生の野菜で結局、お皿に盛るとそれはサラダにしかならないというのが、ちょっとさみしい。
    豆やセロリとツナのおひたし風の料理くらいかなぁ…、野菜を食べる実感をくれるモノって数少ない。

    ちなみにこの画像。



    かつて銀座にあったホテルコムズのコーヒーショップ「キャッツアンドドッグス」っていうお店の朝食バフェの写真。
    ココはすごかった。
    調理長が日本中をかけまわり集めた野菜をそのまま食べたり焼いたり蒸したり。ありとあらゆる食べ方で、それこそ野菜でお腹いっぱいにさせてくれた名物バフェではあったのだけど、最近、ホテルがリブランド。敢え無く閉店。もったいない。

    愚痴を言うのは嫌だけど、手間を掛けることをいとわない正直な店が、見せかけだけの格好良さに負けていくのは悔しい限り。なやましい。



    気を取り直してトーストを焼く。
    薄切りのパン。しかも耳を落としたパンで、英国式の朝食のメルバトーストがコレで作れるというモノです。トースターの前に陣取り、生地の水分がほとんどなくなるくらいまで。とは言え焦がさぬようにと焼いた。
    これが小躍りするほどおいしくて、カサカサ、口の中で散らかる小麦粉の甘くて香りの豊かなコトにウットリします。
    このトーストで来たかいがあるって、思えるほどにオキニイリ。



    にもかかわらずこの名トーストにあわせて食べるべき料理がなくて、しんみりしちゃう。
    いわゆるビジネスホテル的なるあれやこれやをお皿に盛って、トーストはトーストとして、料理はご飯のおかずにさせる。
    オモシロイのが山芋とろろがおかれているとこ。大きな鉢にタップリ出汁をくわえたとろろで、ご飯にかけてサラサラすると朝の元気がわいてくる。健康的にも感じてこれって、他のホテルでも導入すればいいのにねって思ったりする。



    食後のコーヒーと、それのお供にプレーンヨーグルト。上にタップリ、グラノラのっけて朝から顎の運動をする。
    決して悪くはないのだけれど、期待が高くてちょっと滑った感じではある。お店の雰囲気もシットリとしたカフェ風で、居心地いいから、なおもったいない。
    野菜がおいしいのは当たり前。
    野菜の種類を多く揃えているのも今では当然のコト。野菜のおいしい食べ方と、野菜をおいしくさせる努力をしなくちゃ本当の「野菜がおいしいお店」だとは言えないんだろうって思いもしました。さぁ、仕事。


    関連ランキング:ダイニングバー | 渋谷駅神泉駅表参道駅

    拍手[4回]

    PR
    ちょっと気になるお店があって、それでランチを渋谷に来ます。



    「焚火家」っていう店で、オモシロイ焼肉の提案をしているというので話題になってた。お店のデータを調べてみたら、なんと頻繁に前を通っている場所で、しかもオキニイリの「羽當」っていう喫茶店と同じビルの中。
    「見ているつもり」でも「見てないコト」ってあるんだなぁ…、ってビックリしました。
    暗めの照明で昼もムードのある店で、かなりの人気なのでしょう。満席でした。
    炭の上に網をおき自分で焼くスタイルの焼肉店で、普通の焼肉定食もある。けれど今日の目当てはココの名物料理…、「ヒマラヤ焼き」。



    たのむと800gの赤身の塊肉がそのままやってくる。
    それをドッカと網に乗せ、お店の人がひと言…、「表面がカリッとするまで焼いてください」と。トングを手渡し消えていく。
    じっくり焼きます。時間をかけて丁寧に。
    一面、一面、こんがり焼けるまでひっくり返したくなる気持ちを我慢しながらじっくり焼いてく。脂少な目のがっしりとした赤肉から、それでも脂がしみだしてきて炭にあたって蒸散していく。10分ほども焼いたでしょうか…、お店の人がやってきて、それではお切りいたします…、と。

    厨房の中に可愛く育てた肉の塊を持って行き、そして戻ってきたらばなんと、こんな姿になっている!



    ローストビーフのようでもあって、肉の叩きのようでもあって。
    薄切りにした800gの肉がお皿の上で山をなしている。肉のヒマラヤ…、それでヒマラヤ焼きというネーミング。
    ベリーレアな状態で、そのまま食べてもいいけれど、好きな具合にもう一度、網で炙って召し上がれというのも目の前の炭と網ある焼肉店ならではのたのしい工夫。
    まずはそのまま、何もつけずに味わうと、ピトッと舌に貼り付くレアな赤肉の、スッキリとした旨味と仄かな酸味がうまい。なによりネットリ、歯茎にからみつくような肉の食感がなんとも肉感的で良い。



    シッカリ炙るとがっしりとした繊維の歯ごたえ。軽い脂の香りが肉を食べてる感じを盛り上げて、軽く炙るとムッチリとした噛みごたえがある。
    ガーリックバターのディップがやってくるのだけれど、胡麻の油の香りが漂いレバ刺しにつける塩ダレみたいな感じ。
    肉の風味がひきたってよい。
    ポン酢醤油をつけて食べれば、さっぱり、あっさり、いくらだってお腹に入る。
    とは言えやっぱり一番おいしく感じるのが、焼いたまんまにワサビを乗せて軽く塩してご飯と食べる食べ方で、あっという間に三人で800gが無くなっちゃった。
    オモシロイです、このスタイル。
    この専門店は都会ならではかもしれないけど、この商品「も」目玉商品としてあるような焼肉店ってかっこいいかも。だってこれってステーキと焼肉という料理のいいとこどりのように感じる。オキニイリ。


    関連ランキング:焼肉 | 渋谷駅神泉駅明治神宮前駅

    拍手[3回]

    渋谷ではじめる今日の朝…、クリームオブザクロップコーヒーでホットドッグを食べましょうと、開場前のヒカリエの中。このお店のある一角だけが早起きしてる、商業施設の舞台裏をみているようなたのしい場所にやってくる。



    ホットドッグにアイスコーヒーのセットをもらう。
    ここのホットドッグは定期的にレシピが変わる。この前来たときはザワークラウトが酸味を添えるホットドッグだったのだけど、今日はレタスが挟まっている。
    レタスの葉っぱはシャキシャキが過ぎ、ドッグロールやソーセージの食感邪魔して好きじゃないけど、まぁよいでしょう。朝にはレタスのみずみずしさもおいしいだろうか…、とたのんでみたら、これが見事なとっちらかりっぷりでござった。
    ロールに入れるスリットの場所を間違ってしまったのでしょう。ベロンと中身が滑り降りそうな姿でござる。
    まぁ、それもケチャップ、マスタードをほどこすカンバスが広がったと思えばたのしい。
    ドッグロールは焼けるとパリッと歯切れがよくて、けれどソーセージの皮が以前より硬くてなんだか紙を食べてるようだった。ちょっと残念。とはいえアイスコーヒーはなめらかにして甘みを感じるやさしい味わい。朝をたのしくしてくれる。


    関連ランキング:コーヒー専門店 | 渋谷駅神泉駅表参道駅



    ところでアップしていたつもりで忘れてしまってた日記を一本。

    新橋のおじさまたちの聖地「ニュー新橋ビル」の中にあって、行列できるレストランのひとつと言われる「チャーハン王」。
    未だ食せていなくて今日…、赤坂の街を仕事に向かって歩いていたら看板発見。



    「チャーハン王プラス」って名前がいかにもパチモノっぽく、本当か?って思って調べてみたらばなんと、チャーハン王の新店でした。
    行列ができてるような様子もなくて、それでお店をのぞいています。
    おそらく気軽な和食屋さん、あるいは居酒屋を居抜きで借りたのでありましょう。
    チャーハンの専門店というには重たく、だから夜には居酒屋メニューもおいおい出していきたいんだとお店の人は言っているけど、いいのかなぁ…?



    チャーハンしかない店だったからおいしく感じて、行列作った一号店。
    それがチャーハン「も」ある店になったらチャーハンの有り難みがなくなっちゃうんじゃないかと思ったりするのだけれど。
    厨房の主役は大きな中華レンジと中華鍋。そこでジャジャっと勢い良く作られるのがこのチャーハン。
    お皿にこんもり、丸く山盛り。細かく刻んだ肉にかまぼこ、ネギに玉子と具材はシンプル。炒め脂の香りがどっしり、鼻から入ってお腹を直撃。おいしそう。



    ご飯はパラパラ。炊き加減が固めで噛むとフッカリ奥歯を沈める食感。たしかに旨い。ご飯の食感にムッチリとしたかまぼこと、ポツポツ暴れるひき肉の食感かなり騒々しくて、食べててたのしい。
    脂の甘みと九州系の甘み、旨味がこってりとした醤油の風味でかなり甘口。
    食べてるうちにちょっと舌が疲れてくるとこで、用意されてるポン酢をかけるとスキッと脂が旨味に変わって、これまた旨い。
    そういえば、中華料理屋でチャーハンと一緒に餃子をたのんで、餃子のタレをちょっと垂らしてチャーハン食べると旨いんだよネ…、そのなぞり。
    一緒についてくる鶏のスープも濃厚で、悪くないよ。キチンとおいしい。けれどこれで980円という値段が果たして妥当な値段か。それにこの店のぼんやりとした風情が果たして吉と出るのか凶とでるのか。いささか心配。また来るか。


    関連ランキング:中華料理 | 赤坂駅溜池山王駅赤坂見附駅</p

    拍手[2回]

    夜にみんなとバーベキュー。渋谷の東急百貨店の屋上にバーベキューガーデンができているというのでいそいそやってくる。



    システムがちょっと変わってて、一人2000円の入場料を払って入る。
    その金額でバーベキューコンロが用意されたテーブルと、あらかじめ火が起こった炭にトングや軍手にお皿。最小限の調味料が用意されてる。
    会場の一角にはまな板やシンクが自由に使えるようになっていて、そこで何を焼くかというと食材持ち込み自由というシステム。



    手ぶらでやってきてもなんとかなるように、肉や野菜のセットを買うこともできるのだけど、それじゃぁなんだかつまらない。
    それで自分であれこれ調達。準備の時間を1時間半ほどみてはいたのだけれど、それじゃぁ足りないくらいあたふた。渋谷の街で食材を買う機会がほとんどなくてどこで何を買えばいいのか少々迷って、それであたふた。
    でもそのあたふたが楽しくもあり、なんとか予約の時間に間に合いみんなで乾杯。
    生ビール飲み、そして早速、あれこれ焼く。



    鶏肉、豚肉、牛肉にエビにホタテにタラバガニ。
    もう祭りであります。炭の上で焼くとなんだかなんでもおいしくなるようで、おいしい塩と胡椒で下味。レモンをしぼっただけでおいしい。
    それに叙々苑の焼き肉ダレやポン酢も使ってパクパク食べる。
    炭の置き場を変えながら、よく焼けるよう試行錯誤をするのもたのしく、周りのテーブルからもおいしい匂いが漂ってくる。
    トングで肉をつまみあげ、はさみでジョキジョキ切りながら食べるっていうのもたのしく、いつも以上に食欲が湧く。



    アスパラガスや菜の花、エノキと野菜もあれこれ。ハンバーグのパテをアルミホイルでくるんで焼くと、自分の脂でこんがり揚がっていくようにサクッと仕上がる。
    もうたまらない。
    焼き物だけじゃ物足りないからと、買った寿司をつまみに飲みます。
    ジップパックにちぎったレタスとトマトを入れて、ドレッシングをたっぷりかけたら蓋して何度も何度も上下に揺すって混ぜる。
    なんだかキャンプに来たみたいだネ…、って笑いながら食欲全開。



    アルミプレートが用意されてて、それで〆の焼きそばつくる。
    豚バラ肉を牛脂で焼いて、そこに深蒸麺を投入。付属の粉末ソースを半分。良く炒めたら、菜の花入れてしんなりさせて焼き肉のタレで風味をつけたら出来上がり。
    焼きそばって、こういう場所で作るのが一番おいしく感じる料理なんだろう…、って思ってしまうほどのゴチソウ。
    この場所、すっかりハマってしまって、また来なくちゃぁってみんなで誓う。
    その時にはフライパンや鍋もってきてもっとキチンと料理したいね…、と話もたのしく盛り上がる。
    おいしいモノよりたのしいモノが人の記憶に残るんだなぁって、そんなことを思ったりもした、思い出の夜。オキニイリ。


    関連ランキング:バーベキュー | 神泉駅渋谷駅

    拍手[3回]

    渋谷にあってオキニイリの店…、「ハタケのマメヒコ」というお店があって、そこがなんと今月末で閉店すると言うので顔を出しにいく。

    a04779bf.jpeg渋谷の路地裏。
    煉瓦造りの小さなビルの三階にある。
    もともと喫茶店としてスタートし、パン焼き工房を作ったと思うと今度は、とんかつコーナーを設えた。
    おいしいパンを作ったら、それでおいしいパン粉ができた。
    このパン粉でとんかつ作ったらどれほどおいしくできるだろう…、って。
    コーヒー専門店の中にもう一つ入り口があって、ドアをあけるととんかつ屋…、っていう不思議なしつらえが面白かった。
    その後、豚肉がおいしい「マメヒコ飯店」という中国料理のお店になった。
    いろんなたのしい試行錯誤の末に、今では野菜がおいしいレストランのようになってる。
    ひとつの場所でこれほどいろんなコトを試したお店は少ない。
    しかもそれらすべてが「おいしい素材に正直に」と言う、一本芯の通った営業をしてたというのも、スゴいコト。
    ところがとうとう、それもおしまい。
    ビルの建て替えでクローズしちゃう。
    開店当初からずっとここでニコニコがんばっていた、笑顔凛々しいオバサンとも、間も無くお別れ。
    ご挨拶をしなくちゃ後悔しそうでそれで。
    ちなみにココの近所のカフェマメヒコも、現在改装中でござりますゆえ、ますますここでマメヒコワールドを味わわなくちゃしばらくオアズケ…、それで今日。
    9a0f520f.jpegかなり混雑、にぎやかでした。
    こことのお別れをしにくるおなじみさんたちでしょうか…、お店の人たちはてんやわんやの大忙しで、いつもはのんびり作って間に合う作業が、なかなかペースをつかめない。
    コーヒー飲みつつユックリ待って、まずは前菜…、ブロッコリとジャガイモの温サラダとレバーペーストをもらって2人で分ける。
    チーズソースのうま味で味わう素直な野菜のうま味、それから食感に体の中が洗われるような気持ちになります…、フッカリとしたパンもおいしい、…、にてメイン。

    13a3183b.jpegホエイ豚のロースを使ったステーキが今日一番のオススメという。
    確かに分厚く、しかも脂がキレイな健康色の肉がおいしい。
    しっかりとした噛みごたえ。
    噛むと、したたか奥歯に抵抗する頑丈さ。
    ところが瞬間、サクッと歯切れて中からジュワッとタップリ肉汁。
    こってりとした濃厚なうま味に肉の風味が香る。

    この店がとんかつ専門店であった理由も。
    そののち、中国料理のお店に一時期なったのも。
    おいしい豚肉に出会ったから。
    その豚肉を使って、おいしい料理を作ろうといろんなレシピを作った中のひとつが今日のこのステーキ。
    肉そのものがおいしい上に、その食べ方にも一工夫。
    肉の下にはマッシュポテト。
    バターでトロンととろみをつけて、シットリぽってり。
    そこにガーリックバターに醤油を少々くわえたソースをほどこして、このマッシュポテトとソースだけでもなんとおいしい。
    それを肉と一緒に食べると、ポッテリとした食感、うま味が肉にくわわりゴチソウ感が一層、豪華に盛り上がる。
    隣の人が食べてたかつサンド…、とんかつ専門店があった頃、喫茶コーナーでたのむと奥のとんかつ厨房で揚げたカツを使って作ってくれた名作…、それも今日で見納めです。

    もひとつたのんだハンバーグ。
    bc678dc3.jpeg牛肉に大豆をまぜて作ったパテが、フックラ、しかも大豆が肉汁をしっかり受け止め肉のうま味がパテの中にずっと静かにとどまっている。
    それが口の中ではじめてにじみ出す…、デミグラスソースも上等、こりゃ旨い。
    しかもサイドのキャロットラペが、ニンジン臭さがおいしくてお腹がスッキリ、肉を一層たのしく味わう工夫になってる。
    あぁ、こんな料理ももうしばらくで食べられなくなっちゃうんだと思うとちょっとさみしいけれど、来週は忙しくって多分やってくる時間がない。
    お店の人に、いつか再びどこかでお目にかかる日をとお辞儀をしました、今日の昼。



    関連ランキング:定食・食堂 | 神泉駅渋谷駅代々木公園駅

     

    拍手[5回]

    前のページ HOME 次のページ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]