忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ちょっと気になるお店があって、それでランチを渋谷に来ます。



    「焚火家」っていう店で、オモシロイ焼肉の提案をしているというので話題になってた。お店のデータを調べてみたら、なんと頻繁に前を通っている場所で、しかもオキニイリの「羽當」っていう喫茶店と同じビルの中。
    「見ているつもり」でも「見てないコト」ってあるんだなぁ…、ってビックリしました。
    暗めの照明で昼もムードのある店で、かなりの人気なのでしょう。満席でした。
    炭の上に網をおき自分で焼くスタイルの焼肉店で、普通の焼肉定食もある。けれど今日の目当てはココの名物料理…、「ヒマラヤ焼き」。



    たのむと800gの赤身の塊肉がそのままやってくる。
    それをドッカと網に乗せ、お店の人がひと言…、「表面がカリッとするまで焼いてください」と。トングを手渡し消えていく。
    じっくり焼きます。時間をかけて丁寧に。
    一面、一面、こんがり焼けるまでひっくり返したくなる気持ちを我慢しながらじっくり焼いてく。脂少な目のがっしりとした赤肉から、それでも脂がしみだしてきて炭にあたって蒸散していく。10分ほども焼いたでしょうか…、お店の人がやってきて、それではお切りいたします…、と。

    厨房の中に可愛く育てた肉の塊を持って行き、そして戻ってきたらばなんと、こんな姿になっている!



    ローストビーフのようでもあって、肉の叩きのようでもあって。
    薄切りにした800gの肉がお皿の上で山をなしている。肉のヒマラヤ…、それでヒマラヤ焼きというネーミング。
    ベリーレアな状態で、そのまま食べてもいいけれど、好きな具合にもう一度、網で炙って召し上がれというのも目の前の炭と網ある焼肉店ならではのたのしい工夫。
    まずはそのまま、何もつけずに味わうと、ピトッと舌に貼り付くレアな赤肉の、スッキリとした旨味と仄かな酸味がうまい。なによりネットリ、歯茎にからみつくような肉の食感がなんとも肉感的で良い。



    シッカリ炙るとがっしりとした繊維の歯ごたえ。軽い脂の香りが肉を食べてる感じを盛り上げて、軽く炙るとムッチリとした噛みごたえがある。
    ガーリックバターのディップがやってくるのだけれど、胡麻の油の香りが漂いレバ刺しにつける塩ダレみたいな感じ。
    肉の風味がひきたってよい。
    ポン酢醤油をつけて食べれば、さっぱり、あっさり、いくらだってお腹に入る。
    とは言えやっぱり一番おいしく感じるのが、焼いたまんまにワサビを乗せて軽く塩してご飯と食べる食べ方で、あっという間に三人で800gが無くなっちゃった。
    オモシロイです、このスタイル。
    この専門店は都会ならではかもしれないけど、この商品「も」目玉商品としてあるような焼肉店ってかっこいいかも。だってこれってステーキと焼肉という料理のいいとこどりのように感じる。オキニイリ。


    関連ランキング:焼肉 | 渋谷駅神泉駅明治神宮前駅

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    コーヒー二題 HOME ドッグ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]