忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    またまた、そうだ…、ホットドッグで朝にしようとドトールコーヒー。



    ジャーマンドッグがメインの今朝。ドトールコーヒーという店が生まれた時からずっとこうして提供されてる。
    その詳細は時代に合わせて代わりはしたけど、骨格自体はそのままでこれほど長命の商品ってなかなか他にないんじゃないかと感心します。
    ホットドッグじゃなくって、ジャーマンドッグというそのネーミングもよかったのでしょう。独特ですもの…、この商品。



    ムチュンと歯切れるソーセージ。粒マスタードにパンの旨味で完成する味。
    そのパンがこれまた独特。
    フッカリとした食感で、けれど表面はパリッとバゲット風になってる。普通のバゲットで挟んでしまうと頑丈すぎて、中のソーセージと一緒に歯切れてくれないけれど、このソフトバゲットはどちらもが同時に歯切れて、噛んでるうちにどちらも同時になくなっていく。
    よき相性にうっとりします。粒マスタードもハイカラ的で専門料理を装うステキ。



    ところでココのソーセージ。その両側の形状がちょっとだけ違っているのがオモシロイ。
    ボクは勝手に尖った方がしっぽ、まんまるの方を頭と呼んでいるのだけれど、おそらく作る過程でこういう形違いになるのでしょう。
    今日のソーセージはちょっとやわらか。皮がパキッとはじける感がひ弱で、脂の香りもいささか強かった。ソーセージ自体が変わってしまったのか。それとも保存の仕方、あるいは調理の仕方で違ってしまったのか。わからないけど、ちと残念。



    アイスラテをお供にごくりと。
    ストロー使わずそのまま飲むと、カラリカラリと氷がグラスに当たって涼しい。口にやってくる前に手から伝わる温度に、体がヒヤッとするのもたのし。
    混ぜずに飲むので、最初はコーヒーの苦味が直接やってきて、それにゆっくりミルクがまじり、やわらか味になっていく。元気がでました…、さぁ、仕事。

    ドッグつながりでたのしい動画。
    イヌにイヌの鳴き真似したらどうなるんだろう…、って内容なんだけど。



    イヌじゃない形のモノから、イヌの鳴き声が聴こえてくるっていうのが不思議なんでしょう。戸惑い具合が愛らしい。
    それにしても鳴き真似しているこのおにぃさん…、上手な上に表情までもがイヌみたい。研究すればイヌと会話ができるようになるんじゃないかと思わせるほど。
    オモシロイなぁ…、オキニイリ。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    サカキさんこんばんは。
    普段、お肉なことには余り関心のない私ですが、サカキさんのホットドッグトークでサルシッチャや中華な腸詰、そしてかつて高校生の頃アルバイトしていたモスバーガーのチリドッグが恋しくなってしまいました。笑
    ワンちゃんの鳴き声のオニイサン、完全に犬の気持ちを理解していますね。笑
    確かに、よく猫の前で鳴き真似するとびくッッとされるか、警戒されたり、おバカな(もしくは適応能力の非常に高い)猫ちゃんは仲間だと思って仲良くしてくれます。笑
    モノ言わない動物さんたち。
    どんなこと感じて思ってるのか、察してあげないと上手くお付き合いするのがムズカシイ。
    飲食店のお客様も、モノ言わない方のほうがムズカシイ。
    察するコトを、神経を研ぎ澄ませて、声にしない(ならない、できない)想いに耳を傾ける。
    片想いにならないように、相思相愛を目指して日々を積み重ねていく。
    ズバっっと告白して頂くと、真摯に受け止めてまた悩んだり有頂天になったりして何かを見つけたり見失ったりするのですが。笑
    いずれにせよライヴであり、生身の人を相手に商売するのも、同じように生身の人が創ってくれた色々を売るのも、色々な想いをのせて、お仕事できるって幸せです。
    なくてはならないようで、なくたっていいような、嗜好や思考や志向や至高のセカイだと思っています。
    飲食店て生キテル商売。
    問題に直面したときも、幸せな場所に立ち会えたときも、あぁ生きてるんだなぁって実感します。
    サカキさんのご経験や感性、コトバ、少なからず影響しています。
    また明日も、どなたかの幸せや楽しいに立ち会えるように、精一杯生きるのです。
    そのためのヒントをたくさん下さるサカキさんに、心から感謝しております。
    うきさん / 2014/06/21(Sat) /
    食文化
    > うきさん
    ソーセージ、腸詰め、サルシッチャ。
    同じような食品が世界各国に散らばっていて、それらそれぞれが異なる魅力をもっている。
    多様で多彩な食ってありがたい。
    そしてそういう食が気軽にたのしめる東京という街って本当にステキな街だと思います。
    だからもっと貪欲に。
    そしてもっとゴキゲンに、おいしい文化をたのしめればなんて思っています。
    ステキなコメントありがとうございます。
    サカキシンイチロウさん / 2014/06/21(Sat) /
    ハイブリッドな肉のたのしみ HOME 2SHL
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]