忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ところでおいしいコーヒーを入れるための、新しい道具が紹介されていました。
    KONE」って言う、ステンレス鋼でできた円錐形のコーヒーフィルター。

    kone.jpg使い捨てじゃない、こうした金属製のコーヒーフィルターって他にも結構売られてて、いくつか買って試してみたけどあんまり感心するのがなかった。
    けれどコレ。
    コーヒーの味を進化させる新しい煎れ方…、という動画が商品紹介ページに一緒にアップされてて、それを見るとなんだかかなり気になってくる。

    用意するのはスケール、それからキッチンタイマー。
    400グラムの熱湯にケトル。
    細かく挽いたコーヒー豆に、事前に温めたコーヒーカップ。
    それからケメックスのコーヒーピッチャー(腰のくびれた形状の耐熱ガラス製のピッチャーですネ)。
    このKONE。
    あとは、適量の豆をフィルターに入れ、少量のお湯で蒸らして本格的にお湯を注いで落としてく。
    つまりドリップコーヒーをおいしく落とす定石通りの煎れ方なんだけど、それをグラム単位、秒単位にて計算しながらそれに適したフィルターにしているんだという。

    コーヒーを自分で入れる行為って、ちょっと化学実験に似ていたりする。
    手順にしても道具にしても、オトコの中にある「男の子的」な部分がウズウズしてくる飲み物で、そこが紅茶と違ったところ。
    そんな部分を上手にくすぐる、「コンセプト付きのキッチンガジェット」というコトなのでありましょう。

    KONEでコーヒーを落とすとは一体どういうコトなのか…、ってことを簡単にまとめた動画を貼っておきます、ステキです。



    一個50ドルという値段がかなり微妙なプライス。
    ちょっと高くて、けれど決して高すぎなくて、なんだかスゴイ効果が約束されていそうなちょっと無理して買おうかなぁ…、って思える値段。
    ニューヨーク・タイムズ紙でも大絶賛だったんだそうであります、なんだかかなりのオキニナリ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    50、ですか・・・
    $50とは・・・クリスマスギフトに思い切って、ってお値段かもしれませんね。
    なんとなーくNYだなあって思わせるオシャレさ。
    これで落としたコーヒーって、どんな味わいなんでしょう。
    試してみたい・・・と思いますが、50ドル・・・。
    確かに微妙ですね。
    これが30ドルなら「よしっ!えいっ!」とポチっとな、になりそうなのに。
    まあ現実的に、今の私にはゆっくりコーヒーを落として味わう時間も余裕もないのですが・・・お値段も自分の状態もせつないですー。
    おいしいコーヒーを、ぼんやりのみたいなあと思っちゃうような動画、ありがとうございます。
    サカキさん、よい一日を。
    ねえねえさん / 2010/12/07(Tue) /
    そうなんですよ
    > ねえねえさん
    50ドルって言うと、ウォルマートでコーヒーメーカーが買えちゃう値段ですものね。
    なかなか強気の値段をつけたものだ、と思います。
    ホリデーシーズン用のご褒美価格。
    まぁ、それでも買う人がいるんだろうとは思います。

    ホリデーにむけての準備をたのしんでらっしゃいますでしょうか?
    ねえねえさんも、よい一二値を!
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/08(Wed) /
    無題
    おおおおっ
    ケメックスを買ったばかりのわたしに、なんて素敵な情報!ありがとうございますっ!
    確かにお値段が気になるところ… そもそもケメックスのフィルターじたい安くない+取扱いが少ないことを考えると、高すぎることはないかも…って、自分に言い訳しちゃいます、笑

    コーヒーを入れるのって、確かに実験っぽいですね。行為も過程も飲む楽しみも含めて、リフレッシュのための素敵な儀式みたい!
    ちかさん / 2010/12/08(Wed) /
    たのしい手間
    > ちかさん
    もっと簡単に、自動的においしいコーヒーを入れてくれるマシンがあれこれあるにも関わらず、こうした手間をかけること。
    それそのものがスペシャルな感じがして、ステキですよね。
    ちょっとしたご褒美に。
    いい買い物じゃないかと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/08(Wed) /
    おおっ!
    コレ、かなり欲しいです。
    わたしが使っているのは、KONOの円錐ドリッパーなのですが、たぶんそれにも使えるはず……。

    コーヒー、確かに科学実験的、男の子的、かもしれません。
    でも、自分が、コーヒー豆をがりがり挽いて、フィルターにのせて、そっとケトルのお湯を落とす時などは、なんだか魔女っぽい……、と思ったりもします(笑)。
    桃さん / 2010/12/08(Wed) /
    魔女的
    > 桃さん
    たしかに、魔女的でもありますよね。
    おいしくなぁれ…、って呪文をかけながらコーヒーをおとす作業。
    なんだかステキに思えます。
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/08(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    アイスティーの朝 HOME コンパナ・数の子・塩ラーメン
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]