忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2017/11 12
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ところで最近、なんとなく飲んでみて、それでかなりオキニイリになった飲み物がコレ。
    モスの「ほろにがアイス抹茶ドリンク」…、これ、おいしいっ!

    moshoroniga.jpg最初、飲んだときは、苦いって思った。
    かなりたっぷり、抹茶の粉を使っていれているんでしょう。
    コッテリしてて、粉っぽささえ感じさせる。
    しかも無糖で作ってくれて、好みに応じてガムシロ足して甘みを加えるタイプの飲み物。
    だから一層、苦味にがひきたつ。

    アイス抹茶系の飲み物。
    ファストフードやドリンクバーで、割と当たり前に用意されるようになっている。
    けれどほとんど、甘くしている。
    抹茶の粉を安定させて保存しやすくするために、砂糖を安定剤の代わりに使うから。
    だから甘くて当然的なる飲み物で、チェーンストアではカフェ・ベローチェが唯一無糖。
    けれどモスのこの抹茶。
    ベローチェのそれのヌルンと滑るような不快な喉越し感がまるでなく、味はコッテリしてるのに、喉越しサラッと自然な感じ。。
    最初はこのまま、かき氷にかけても十分成立するかな?って濃くて、けれど氷がユックリ溶けて、徐々にほどよき苦さになってく。
    時間をかけてたのしむ飲み物。
    グラス一杯全部飲んだら、ちょっとお腹が満たされるような充実感すらあっておいしい、オキニイリ。

    夜を王将…、渋谷の道玄坂の途中にある「大阪系」の王将にくる。
    22d0e25b.jpeg一時に比べてテレビの露出がかなり減り、それで随分、静かになった。
    ほぼ満席という状況でいまどきやはり繁盛店ではあるけれど、一時のいつも行列的なる超繁盛ではなくなった。
    自ら生んだブームに溺れて押しつぶされぬよう、ブームを自ら終わらせる。
    そして実力通りの営業をして、実力通りの繁盛を継続している…、それがなんだかステキに感じる。
    当たり前のコトなんだけど、その当たり前が今や風前のともし火だったりするのがちょっと悔しくて、それでこうしたお店を贔屓にしたいよなぁ…、って思いもします。

    友人と二人であれこれたのんで食べる。

    83979d79.jpegまず餃子。
    凍らせず包んだばかりの餃子を焼けば、必ずおいしくなるだろう…、ってその当たり前を守ってできたよき餃子。
    口の中でホロッとあんがやさしくほどけるオゴチソウ。
    揚げそばという、たのんでみれば皿うどん。
    細麺をバリバリに揚げ野菜を炒めてとろみをつけたあんをタップリかけて味わう。
    サラダにクルトン。
    野菜炒めに揚げ麺っていうそんな感じの野菜の料理。
    油の香りが香ばしく、どんな店でもあるとたのんでしまうコレ。
    ココのは甘くておこちゃま味な感じがするけど、まぁ、これはこれ。
    ウスターソースがあればおいしく食べられたのに…、お酢かけ甘みをうま味にかえてパリシャク食べる。
    茄子を味噌で炒めた料理。
    チャチャッとスピーディーに仕上げたからでありましょう…、茄子に味が入ってないのがご愛嬌。

    毎月一品取り上げる「今月の料理」というのの今月分が、この炒飯。
    炒飯とかけばチャーハンと読むのが普通で、けれどココではわざわざ「ヤキメシ」と、るびがふられる。
    持ってきてくれた人も大きな声で「ヤキメシお待たせしました」って言っていた。
    たしかにパラッとチャーハン風の仕上がりじゃない。
    残ったご飯を使って作った、ご家庭風のヤキメシでただ具材がチャーシュー、それから玉子に白ネギと中国料理店風である…、そのアンバランスがちょっとたのしくオモシロイ。
    お腹をほどよく満たしてさぁさぁ、おうちに帰って一風呂浴びよ!と思う夜。

    ところでこのヘンテコリンで不思議なグッズ…、ローリーブラッシュという名前。

    rollybrush.jpg口の中を転がすタイプの「使い捨て歯ブラシ」というのであります。
    なんと斬新。
    食事のたびに歯磨きをする。
    これが歯の健康のためには一番よき習慣だ…、ということはわかっちゃいるけど外出先なんかでは歯磨きできないことがほとんど。
    ハミガキセットは水がなければ使えない。
    歯磨きガムとかがありはするけど、爽快感にかけたりします。
    そんな時に…、というのがこれで曰く「世界で一番小さい歯ブラシ」。
    使い方は簡単で、直径1センチ5ミリのボール状のブラシを口に放りこみ、舌を使ってコロコロ転がすだけで歯垢までキレイにとれる。
    ボールの周りに276本の小さなブラシが付いていて、ミントの味がついている。
    キシリトールも配合されてて、虫歯予防にバッチリ対応。
    キスの王国。
    イタリア生まれというのもなんだか説得力があってステキです。

    オメガクリエーション」って会社が総輸入元でもう販売中のようであります。
    6個入って630円。
    ガムをくちゃくちゃ噛むよりも、こちらの方が確実に歯の健康が守れそう…、かなり気になるオキニナリ!

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    うらやましい…
    抹茶うらやましい…
    佐藤Rさん / 2011/08/02(Tue) /
    歯みがき
    サカキさん、こんばんは。
    ・・・不元気にしていました。(笑)

    我が職場では、ランチの後に歯磨きって日本人のほんのひとにぎりしかしません。
    リンゴなんか皆無でした。
    私は歯科医に勧められて、ウォーターピックというのを使っているのですが、これを使うだけでかなり歯間のお掃除ができるようです。
    でも・・・・この世界一小さい歯ブラシ、よさそうですねえ。
    ウォーターピックを使えなくてもオフィスのデスクででも使えそう。
    素敵な実用アイテム、お教え下さってありがとうございます。
    こちらでも買えないか、探してみようっと。
    よい水曜日を!
    ねえねえさん / 2011/08/02(Tue) /
    無題
    この歯ブラシ使ってみたいですo(^▽^)o
    でも、なんだか虫みたいですww
    lovekuma69さん / 2011/08/03(Wed) /
    セシウム
    > 佐藤Rさん
    日本のお茶。
    手に入れることができなくなってしまっている国がかなりあるようです。
    お茶だけでなく、日本の農作物は日本でだけ食べられる。
    日本にいると当たり前なことが世界では当たり前でなくなりはじめている…、なんだかなやましいですね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/03(Wed) /
    歯磨きの習慣
    > ねえねえさん
    歯のうつくしさに執拗なほどに執着するアメリカ人。
    フロスや歯間ブラシなどさまざまな道具を作り出すことに関しては天才的なアメリカの人も、不思議なことにランチの後の歯磨きはしませんよね。
    なぜなんだろう。
    最近、一週間という単位がどんどん崩れ始めていて、なるほど今日は水曜日なんだ…、って実感しました。
    がんばります!
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/03(Wed) /
    ゾワゾワ
    > ovekuma69さん
    口の中でどんな感じで転がるんだろう…、って興味津々ですよね。
    ゾワゾワするような感じかなぁ…。
    みんなで一斉にためしてみたいって思いますネ。
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/03(Wed) /
    ローリーブラッシュ
    午前中にこちらを読んでから出掛けたら、出先のドラッグストアに有ったので、つい買っちゃいましたよ(^^ゞ
    昼食後、使ってみた感想を短く云えば、歯磨用ガムとローリーブラッシュのどちらかひとつを選べと云われたら、私は歯磨用ガムの方を選びます(^_^;)
    も少し細かく言うと、メントスにギザギザが付いた大きさのタブレットを「噛まずに舌で転がせ」と書いて有り、歯の裏側は、まあ良いとして、表側の汚れを落とそうとすると頬の裏側と歯茎の間に挟んで転がすのですが、このギザギザが結構痛くて口内炎なんか出来てたら使いたくないカンジです。そして、この転がす様は、まるでラクダのようで、かなりみっともないです。これを人前でやるには、ちょっと勇気がいる気がします。ご自分の舌で歯茎と頬肉の間をグルッとした様を鏡で見るとよく判ると思います。そこに更にタブレットが加わるので、見た目がよろしくないこと甚だしいです。
    肝心の汚れ取りですが、確かにサッパリはします。でも、歯磨きガムと比べてどうかと云われると、あまり変わらないかなぁ。それに「噛んじゃ駄目」なのがストレス溜まります。
    話の種に気の置けるお友達同士でレストランの個室かお家で使ってみると面白いかもしれませんが、1人でオフィスの自席だと、ちょっと…。
    あ、あと非常用としては水が要らないんで良いと思いました。なので、我が家では残りは非常用品入れに入れとく事にしました。
    波留さん / 2011/08/03(Wed) /
    なるほど!
    > 波留さん
    詳細なレビュー、どうもありがとうございます。
    なるほど…。
    噛んじゃいけないのですね。
    見た目、グニュグニュやわらかそうで、クニュクニュ噛めればきれいになるだろうなぁ…、と思っていましたが。
    非常用に!
    了解です。
    早速、探してストックしておこうと思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/03(Wed) /
    売ってたのは
    アメリカンファーマシー系列のトモズで498円でした。
    感想の追加で、噛めないので歯間にモノが詰まる方はやはりフロスが必要だと思いますヨ。
    波留さん / 2011/08/03(Wed) /
    ありがとうございます。
    > 波留さん
    アメリカンファーマシー。
    なるほどです。
    早速、探しに行ってきます。
    サカキシンイチロウさん / 2011/08/03(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    夏の近江屋、かき氷 HOME ガード下の昭和のランチ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]