忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    5月になった。
    2010年ももう3分の1が終わったのネ…、気持ちがちょっとせわしない。

    a3c65555.jpeg出勤途中の友人と、朝を一緒にしましょうか、とそれで四ツ谷のおむす人。
    待ち合わせをして、けれど電話を切った直後に連休中日の土曜日で開いてるかどうか、ちょこっと心配。
    昨日あたりから都心のお店は長期休暇に入るところが目白押し。
    どうかなぁ…、と思いながらもテクテク歩いて一駅移動。
    ちょっと汗ばむほどのゴキゲン天気で散歩もたのし。
    そしてお店の前に着き、中を覗くと今日も朝からやっててくれてる。
    アリガタイコトコノウエナシ。

    おむすび三個をたのんでわける。
    ツナと昆布のおむすびと、炒めたベーコン。
    海の旨みと山の旨みを代わる代わる口に含んで、ニッコリとする。
    ツナマヨネーズのほんわかとしたやさしい油と、カリッと炒めたベーコンの脂の風味が朝の体に元気をくれる。
    特にベーコン。
    一体、ダレがこんな具材を考えたのか…、食べるたんびにニンマリとなる、おもしろい。
    それから梅とおかかのおむすび。
    スキッと酸っぱい梅の酸味が、スキッと目をさまさせる、朝のゴチソウ、いい感じ。

    obtobt.jpgそれと一緒におかずセット。
    甘く焼けた玉子焼き。
    カラッと皮まできっちり揚がった鶏の唐揚げ。
    同じく素揚げのソーセージ。
    どれもおいしい。
    でも何よりも、これおいしいなぁ…、と思ったのは、手に伝わってくるご飯の熱々。
    一口目にはハフハフ、口の中を踊らせながらさまさなくっちゃ味わえないほど。
    これをこうしてむすんでくれた、お店の人の手にはどれほど熱かったのか。
    口に含むとホロッとほぐれる、この絶妙の力加減を思うととてもありがたくなる。
    おいしさ以上のおいしさ感じる。
    それで朝がシアワセになる、オゴチソウサマ、また来ます。

    食後にちょっとお茶をする。

    e313377a.jpegひさしぶりのエクセルシオール。
    四ツ谷の駅の界隈はとても不思議なファストフードの不毛地帯。
    マクドナルドもスタバもない街。
    都心でしかも鉄道交通の要所でもある、なのに駅の回りにお店が出来ない。
    JRがアトレを駅につくる駅。
    不思議なコトに駅の回りがまるで栄えず、あかぬけない。
    駅がすべてを取り込んで、囲い込もうとするのはやっぱりいいコトじゃない…、って思ったりする。
    カフェラテとブランドオレンジジュースを飲んでスキッとします、朝となる。

    銀座で働くその人に、最近、銀座の様子はどうなんですか?って聞いてみる。
    Foever21が出来て行列だらけの松坂屋。
    その界隈の人はたしかに多いけれど、ちょっと前まで人気のあったアバクロなんかにゃ、もう人はいない。
    何か新しいのができればそこに人がズルンと動いていっているだけみたい。
    景気が好転しはじめたとは、まるで全然、思えない…、って。
    テレビなんかでは調子のいいコトいっているけど、多分、消費総量が増えてる訳じゃないんだろうネ。
    消費の場所が動いているだけ。
    行きたい場所を知らぬお金は動かぬお金。
    小売り、外食、どの産業もその根本は同じだろうな…、って思ったりする、なやましい。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    景気
    いいとは全然思いません、街を歩けばテナント募集の紙ばかり。
    今までしなかったお店がセールしたり、なにかとキャンペーンしたり。
    でもそんなにそんなに悪いかなぁとも思います。
    一年以上前から赤プリ予約して、フレンチレストラン予約して、
    プレゼントはティファニーで・・・なんてことをいいと思わなくなってるのかなぁと。
    身の丈にあった生活をしてると言うのでしょうか?
    今は無理でもいつかはあれを買おうとか、なにかをしようとか、
    憧れのようなものがないのかなぁ。
    そして、こんなことを言うと「これだからバブル世代(しっぽをなでただけですが(笑))は・・・」
    なんて反応されちゃうんだろうか。
    あーたさん / 2010/05/04(Tue) /
    傍観者
    > あーたさん
    僕自身もバブルの時代にいきてはいましたが、その恩恵に浴したか?というと、決してそうではありませんでした。
    バブルの傍観者。
    だからこそ、その良さと悪さとを客観的に見ることができたかもしれません。
    それにしても今の日本の状態。
    バブル崩壊の時期よりももしかしたら心貧しい時代かもしれない。
    そんなコトを思います。
    こんなときだからこそ、ちょっと上を見ながらにこやかに生きていきたい、とそう思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/05/04(Tue) /
    やよい軒のちGROMのソルベ HOME 麺・麺・men(笑)?
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]