忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    朝、フレッシュネスでホットドッグにして食べる。

    f8d2feca.jpegやっぱりホットドッグがブームな感じでありまして、先日、東京駅で食べ損なったマクドナルドのホットドッグの仇を今朝。
    フレッシュネスでコレにする。
    フッカリとしたパン。
    皮が硬くてパリッと歯切れる男性的なソーセージ。
    カリカリとした生のタマネギ。
    シャリシャリ、ピクルス。
    フンワリ、肉汁、カサカサパラパラ。
    口の中がにぎやかになるたのしい食べ物。

    そうだ、そうだ、と思いつき「パンを良く焼いてもらうコトって出来ますか?」って。
    お願いしたら、いいですよ…、って。
    パンの表面がサクサクするくらいやいてくれるとうれしいんです…、って付け足した。
    待つことしばし。

    トースターじゃなくグリドルの上で焼くからでしょう。
    目でみただけではわからないけど、食べるとたしかにパカッと割ったパンの内側がカラッと焼けてカサカサしてる。
    パンの表面の水分がなくなった分、生地が乾いて中の具材を引き立てる。
    ちょっとたのしいカスタマイズな気分でステキ…、これをボクの定番にしよ…、って思ったりした。
    ハマりそう。

    c2c5fd4b.jpegアイスティーをお供にします。
    アールグレーのフレーバーがフンワリ漂うアイスティー。
    ベルガモットの香りという、薬臭さを感じる不思議なフレーバー。
    昔、はじめてアールグレーを飲んだとき、かなりビックリしたものです。
    嫌な匂いではなかったけれど、存在感が強すぎて一緒に食べる料理やお菓子の味や風味を台無しにする。
    日本のお茶のおだやかで、とても控え目な味わいに慣れてた口が戸惑ったから。

    ところが慣れとは不思議なモノです。
    不快に感じた匂いが徐々に違和感なくし、むしろ動物性の脂っこさを適度に中和してくれる西洋料理のよいパートナー。
    特にバターやショートニングの重い風味を、軽くスッキリしてくれる。
    飲み物って、風土や気候、食文化なんかと深い関係を持っている。
    今ではむしろ日本のお茶より、アールグレーをおいしく感じる。
    肉食系になった証拠でありましょうや?
    ホットドッグにもあうアイスティー。
    ミントの葉っぱに氷がサラサラ…、カップにビッシリこびりつく水滴たちもオゴチソウ。

    d90baff3.jpegそれにしてもこのお店。
    いつやってきても朝はとても静かな店内。
    タバコが吸えると言うコトもあり、コーヒー片手にタバコをくゆらす近所で勤める人たちがポツリポツリといはするけれど満席になるコトは滅多にない。
    今日は特にユルリとしてて、二階の席は貸し切りだった。

    タバスコはじめスパイスソースの瓶がズラリと並んだスタンドラック。
    オーク調の濃い茶色した椅子にテーブル。
    テーブルの上にはガラスの瓶。
    あまり背丈の高い草木を飾らぬココには似つかぬ大きなカーネーションが華やかだけど素人臭い、家庭的な雰囲気を出す。
    日本語よりもアルファベットが目立つバナーに、ケープコッド風の淡い色調の塗り壁などなど。

    カメラを向けてシャッター押すとなんだかココがアメリカみたいに見えてくる。
    それもノーマンロックウェル的、剥かしなアメリカ。
    フリーウェイ沿いにポツンとあるダイナーみたいな感覚が、なんだかかなりなつかしい。

    今日は夜まで外仕事。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    香るお茶
    アールグレイ、好きです。
    ジャスミン茶も今の季節は
    美味しいですよね。

    緑茶やジャスミン茶は体を
    冷やしてくれる効果がある
    そうです。
    ジャスミン茶に蜂蜜とレモン
    を入れて飲むと美味しいですよ。

    夫は嫌いですが…。
    アールグレイもジャスミン茶
    も、お花を食べてるみたいで
    苦手だそうです。
    ぷりさん / 2010/06/11(Fri) /
    花の香り
    > ぷりさん
    たしかに独特の香りがします。
    ボクの父は、いまだにアールグレーが化粧品臭いと言って飲めない人。
    食べ物に関する人それぞれの印象、感度がわかってとてもおもしろい。
    スッキリ冷やしたアールグレーにはちみつ。
    おいしそうですね。
    ソーダドリンクに頼ってしまいがちな夏の喉に、やさしいゴチソウ…、って感じがします。
    ためします。
    サカキシンイチロウさん / 2010/06/11(Fri) /
    温は紅茶、冷はビア!
    どもです。

    英国だとタップリお茶をいただきます。それもティータイムだけでなく、
    いつでもどこでも、隙あらばお茶!という感じになります。

    そんな彼らが日本に来ると、喫茶店では必ず「ミルクティー」をオーダー。
    ポットでサーブの紅茶だと、先にカップへポーションミルクを入れてから紅茶を注いでいました。

    銘柄のこだわりを聞くと大抵、品種とともにメーカー名も言いますね。
    しかも日本にないメーカーも結構あるので、それをお土産にしちゃったりします。

    昔は、紅茶をアイスティーでもたくさん飲みましたが、
    今は彼らに感化されて基本は暖かくして飲んでいます。
    そして、冷たい飲み物といえばパブでビアのようです。私もですが。
    CIANさん / 2010/06/11(Fri) / URL
    英国
    > CIANさん
    温かい紅茶をポットでもらって、クロテッドクリームにスコーンでお茶。
    あぁ、英国に行きたいなぁ…。
    ミルクティーもいいけれど、ランプサンのようなちょっと香りの独特なモノをそのままストレートでいただくと、フルーツプリザーブのおいしさが引き立つような気がして好き。
    ビールにフィッシュアンドチップスもステキですけれど、やっぱりボクはお茶の方が性に合ってるかもしれません。
    サカキシンイチロウさん / 2010/06/11(Fri) /
    素敵カスタマイズ
    ああ、カリッと焼いたホットドッグ、美味しそうですね。
    今度真似させて頂きます。

    そう云えば、今年も店内限定のハモンセラーノサンドが
    出てますね~
    さっき頂きましたけど、美味しかったですよ!
    タカハシケムヂさん / 2010/06/12(Sat) /
    先日
    > タカハシケムヂさん
    ハモンセラーノ。
    先日、ありがたくいただきました。
    バンズ、チーズともにフンワリしてて、口の中でトマトとバジルがソースになってく、あのゴージャスは相変わらずだなぁ…、と。
    数量限定じゃなくなれば、どんなにシアワセか…、って思ってたのしくいただきました。
    サカキシンイチロウさん / 2010/06/13(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    スパゲッティーのパンチョでナポ HOME スコッチエッグをなつかしむ夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]