忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    西新宿でユックリと朝。

    eb3cab3c.jpegバーガーキングでクロワッサン。
    好きなのであります…、どうにもこうにも。
    定期的に無性に食べたくなってしまう。
    味というより、この噛み応え。
    空気を含んだふんわか生地が幾重にも層をなし、フカフカカクカク。
    前歯が何度も噛む感覚をたのしめる。
    ちょっと強めに塩味きいたパンの味わいたのしんで、たどりつくのがふんわりとした玉子焼き。
    そして一口、ちぎれた分を頬張って奥歯でしっかり噛みしめてやる。
    するとジュワッとパンが含んだバターの風味。
    玉子のうま味が滲んででてくる。
    フランス的なるサックリとしたクロワッサンとは違って、シットリ。
    パリパリ、壊れた生地がテーブルや膝を汚すコトはないけど、形はクルンと三日月型で、たしかにこれはクロワッサンよね…、ってにんまりとなる。

    6785ba55.jpegパンにはさめる具材は3種。
    ベーコン、ハムとソーセージ。
    本当はハムをはさんだ、クロワッサンウィッチを食べたかった。
    シュレッド状の薄切りハムの、空気をタップリ含んだトコロがクロワッサンの生地にピッタリくるのが好きで、けれどそれだけなくなっちゃってた。
    多分、コストと合理化のせい。
    ボクの好きなモノから、こうして整理されていく。
    ここだけじゃない。
    コンビニの棚やレストランのメニューや雑貨屋さんの店先まで。
    まるでボクみたいな客は必要ないんだ…、って言われるみたいで切なくなっちゃう。

    気を取り直して、ハッシュブラウン。
    油を食べて血を汚す。
    真ん丸にコロンと揚がった芋に、自由にとって使えるケチャップ、タップリつけてカリコリ食べる。
    ファストフードで自分で好きなだけケチャップ使えるお店はココと、フレッシュネスの二軒くらいかな?
    さすがにフレッシュネスの瓶ごとどうぞ!って、おおらかさにはかなわないけどこれはこれにて十分うれしい。
    ありがたい。

    7b9c212a.jpegコーラやコーヒー、10種類ほどのソフトドリンクから飲み物選べて、今日はファンタグレープを選んで飲んだ。
    人工的でありつつなぜだか自然を装うファンタ。
    ここではメロンとグレープというツーフレーバー。
    ファンタオレンジ。
    ファンタゴールデンアップルにほんの一時期だけあったはずのファンタレモン。
    できればそれらを並べてゴクゴク、大人飲みをしてみたい…、って小さな野望。
    そんなドリンクバーがあれば絶対飛んでいくのに。
    そうそう、部屋に帰ってweb調べてもバーガーキングの朝食メニューは昔のまんま。
    こうしたトコロをきめ細やかにできなくなるのは怪しい証拠。
    かなり疲れているんだろうなぁ…、って心配します、なやましい。

    ささっとちょこっと移動して、隣のビルのポールバセット。

    bkpb.jpg西新宿の朝のハイダウェイ。
    昼ともなれば隣のサルバトーレは大忙しで、その喧騒が当然、ここまで流れ込んでくる。
    朝のひととき。
    隣が目覚める前の時間は、この場所自体がもともと持ってる隠れ家感がとても濃厚。
    空気がやさしく、軽く感じる。
    カプチーノ、一杯、たのんで飲みます。
    しばらくドリップコーヒーや、ルンゴばかりを飲んでいた目に、ポッテリとした泡の姿がなによりゴチソウ。
    カップに唇つけるとジュワッと泡がやさしくつぶれて、くすぐったさを少々感じる。
    ミルクの甘さ。
    エスプレッソのコクと風味がトロンと喉をやさしく撫でる。
    ほどよくぬるめで、一口目から心置きなく旨み、香りを堪能できる。
    タップリ時間をかけて飲んでも、最後の最後まで泡がこわれずミルク混じりのエスプレッソを守ってくれる、その頑丈な健気がゴチソウ。
    堪能す。

    そうそう、今朝のNHKの朝のドラマ「ゲゲゲの女房」で、こんなコトを言っていた。
    逢い引きで映画をみたらコーヒーを飲む、それが憧れ。
    昭和20年代の日本のコト。
    なるほどなぁ…、って思ってニコリ。
    優柔不断な今年の春も、重い腰をやっとあげてくれるよう。
    次の移動まで、ゆっくりす。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    朝のポールバゼット。
    いいですね~。
    あのけん騒の前の静けさ、想像しただけでわくわくしてきました。
    その空気を味わうためだけに行ってみたいくらいです。

    そして、ゲゲゲの女房、私も観ていました。
    そして、同じセリフに反応しておりました(笑
    映画の後のコーヒーが憧れのデート…とかみしめつつ
    会社に持参するポットに今日のコーヒーを淹れていました。
    風民改め放置民。さん / 2010/03/31(Wed) /
    憧れの飲み物
    > 風民改め放置民。さん
    コーヒーが大人の飲み物であった時代。
    なんだかなつかしいですよね。
    ゲゲゲの女房ってかなり地味な作りで、はたしてこの先どうなっていくのか心配半分、でも興味津々。
    朝のお約束になりつつあります。
    サカキシンイチロウさん / 2010/03/31(Wed) /
    無題
    バーガーキングのパン、おいしいですよね。ハッシュドポテトも大好き!
    でも、日本にはバーガーキングが少なくて少し残念です。
    チキンさん / 2010/03/31(Wed) /
    がんばれって思いますよね。
    > チキンさん
    がんばっているチェーンだと思います…、バーガーキング。
    けれどファストフードである以上、もう少しお店がなくては経営的には苦しいだろうなぁ…、って心配します。
    日本のバーガーチェーンがマクドナルドだけになっちゃうようなコトだけはあってはならないと思うのですよね。
    だからやっぱり応援しようと思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/03/31(Wed) /
    げげげ,
    いかがでした?

    気にはなっているんですが,
    どうもあんなお目々ぱっちり長身美人に
    貧乏暮らしが醸し出せるのかという
    違和感があって……

    佐藤Rさん / 2010/04/01(Thu) /
    難儀です
    私もよくお気に入りがなくなります。
    つい先日も、いつも使っているスーパーの棚から、好きなパンがメーカーまるまるなくなっていました。
    とあるキッチン家電を探しにいったら、取扱いがない、と言われましたし。
    一番多いのは、店ごとなくなるパターン。
    カフェがいくつなくなったことか!
    マイノリティなのかニッチなのか。
    お気に入りが見つかることが稀になってくると、ずっとあってね、と祈るような気持ちになります。

    西新宿、久しく行っておりません。
    そろそろジェラートの季節もきますね。
    新緑の頃、行ってみようかな。
    ryoko*さん / 2010/04/01(Thu) /
    ゲゲゲ
    > 佐藤Rさん
    まだ子供時代ということで、長身美人さまの活躍はまだまだこれから。
    大杉漣の大げさな演技ばかりが目立つ、ちょっと残念な状態。
    けれどNHKのこの時間枠はあとからどんどん良くなって行くコトが多いので、しばらく静観というところです。
    サカキシンイチロウさん / 2010/04/01(Thu) /
    どうしてかしら?と思います
    > ryoko*さん
    オキニイリ以外もたくさんなくなっているのでしょうけれど、気がつかないだけなのかもしれません。
    けれど。
    熱烈に好きな人がいる。
    けれどその人の分量がそれほど多くはない。
    小さなパイで商売をしていても、先が見えないから、ということでどんどん「特徴のあるもの」が切り捨てられていくのかもしれませんね。
    なんだかとてもさみしくなります。

    そうそう、西新宿のポールバセット。
    ここのジェラートもまずピスタチオからなくなっちゃった。
    残念なコトでありました。
    サカキシンイチロウさん / 2010/04/01(Thu) /
    ピスタチオ!
    ええっ!?
    ピスタチオ、ないんですか・・・。
    がっくり。
    エイプリルフール、じゃないのですね。うぅ。
    BABBIがやっていることを祈ります。
    ryoko*さん / 2010/04/01(Thu) /
    BABBIは
    > ryoko*さん
    そう、なくなっちゃったんですよ、あのコッテリとして旨み抜群のピスタチオ。
    Babbiにはまだあったはず。
    或いは、丸井の中にある「grom」でしょうか。
    でも、ポールバセットのピスタチオは抜群でしたよね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/04/01(Thu) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    牛たん・利久・赤坂店 HOME おうちご飯とmobileの先をあれこれ思う寒い夜
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]