忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    仙台から来た「牛たんの利久」が東京に2号店を赤坂に開店をした。
    と言うので陣中見舞いにやって来ます。

    rka.jpg場所はTBSの赤坂サカスの向かい側。
    2週間前に開店したばかりなのに、もうお客様でにぎわっている。
    東京一号店の池袋のお店はスゴイ評判でありました故。
    開店する前から問い合わせが結構あった、っていうコトで大した宣伝もしていないのに「東京って街は口コミで出来てるんですね」って、お店の人もビックリしてた。

    赤坂という街にあわせて、牛たん料理だけじゃなく酒がおいしいおつまみ料理も結構揃う。
    もともとこの店。
    仙台で大ブレークしたキッカケが牛たん以外の料理がシッカリしていて、居酒屋がわりに使えて重宝…、って言うところ。
    料理上手の厨房スタッフがお客様のニーズに合わせて次々作った料理を開発し、試しに売る。
    それらの中から本当に人気のあるモノだけが残って定番商品になっていく。
    お客様との共同作業でできたみたいなおつまみ料理を、ここ赤坂でもさぁ、どうぞ…、って趣向でかなりたのしい。
    とは言え今は昼の時間帯。
    それでココの大定番の牛たん定食を食べることにする。

    b5b0cc87.jpeg分厚い牛タンの切り身をコンガリ、炭で焼いたの。
    ツヤツヤ、まるでサンオイルをまとって日灼けをさせたみたいなタンの姿の色っぽさ。
    細かに飾り包丁をいれられて、そこがペロンをめくれて中の色がすけて見えているのもまたつやっぽい。
    食べるとひんやり、まずは脂が唇、濡らす。
    炭の香りが鼻をくすぐり、噛むとザックリ、タンが歯切れてそのまま前歯をムチュンとくるむ。
    その肉感的にウットリとなる。
    口に溢れる肉汁、濃厚。
    同じ汁でもいわゆる肉の汁とは違って、コクはあるけどスッキリしてて脂っこさがまるでない。
    ところでタンは厳密に言えば内臓であって、肉じゃない。
    だからタンからほとばしりでるおいしいジュースは「肉汁」じゃなく「タン汁」とでも言うべきなのかもしれませぬなぁ(笑)。
    「たんじゅう」って入力をしてスペースバーを叩くと「胆汁」って変換されてしまうのが哀しくちょっと笑っちゃう。

    a8c2ba16.jpeg麦のご飯にテールのスープ。
    ジックリ煮込まれ、ホロッとほぐれる牛の尾っぽの肉のなんともおいしいこの食感。
    透き通ったスープの上にポツポツ浮かぶ、キレイな脂。
    程よき脂とビックリするほどに濃厚なテールの旨み。
    牛の体の中で一番よく使われているところ…、と言えば草を食むための舌とハエを追うための尻尾の二ヶ所。
    使い続けているからこその確かな食感、豊かな味わい。
    そのふたつの部位をこうして食べる…、なんとうれしくありがたいコト。
    塩と胡椒で味と風味をおぎなっただけの素直な味わい。
    ネギがシャキシャキ、香りと軽い食感添えてなんともさわやか。

    浅漬けにした青菜と、青唐辛子のみそ漬け南蛮。
    麦のご飯と一緒に食べると、口の脂がササッと消えて次の一口が待ち遠しくなる。
    お通し代わりにやってくる牛タン端材の生姜煮も、ホロッと奥歯でほぐれるほどにやわらかで、ご飯がいくらあってもたりなくなっちゃう。
    気づけばお皿は空っぽで、体に元気が湧いてくる。

    それにしても、仙台式の牛たんの店でタンを食べると、焼き肉屋さんのペラペラ牛タンが二度と食べられなくなっちゃうほどに、この分厚さにはココロ惹かれる。
    またまいりましょう…、次は夜。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    利久
    利久、サラダの上のサラミが
    猛烈においしい・・・
    あれだけで ごはんが 食べられます&ワイン飲めます
    しろはなげさん / 2010/03/31(Wed) / URL
    サラミ
    > しろはなげさん
    サラミもそうですが、ソーセージもかなりいけます。
    ここの料理はご飯にもお酒にも合うというのが、ステキなところ。
    重宝ですよね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/03/31(Wed) /
    エイプリルフールの朝のコト HOME バーキン・バセット、春気配
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]