忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    ドトールコーヒー。いつものお店でいつものように朝のサンドイッチをたのんで食べた…、のだけれど、ちょっと残念なコトがござって、しんみりします。



    朝のココのサンドイッチは、焼いたパンで具材を挟んでザックリ切ってお皿に移して提供するモノ…、だったのですね。
    ところがいつしかその「切る」というコトをはしょって、紙でくるんで出すようになった。つまり「レストラン的料理」が「ファストフードの商品」になってしまった…、のだけれど。
    この店だけはずっと昔のままに、切って出してくれてた。なのに今日。



    やってきたのは切らずにそのまま。
    ハトロン紙のような紙につつまれやってくる。
    パンはおんなじ。焼かれ具合もおんなじで、ハムにレタスに卵サラダと中に挟んだ具材も同じ。
    どこをとってもかつてと同じサンドイッチではあるのだけれど、切れているのと切れてないではまるで違った料理に感じる。
    紙から出して食べようとすると、両手でがっしりつかんでも中身が反対側からペロンと飛び出す。だから結局、紙をつかんで食べることになる。



    パンの表面がなんと遠く感じるコトか。
    サンドイッチの醍醐味は、口が感じる前に指から伝わる感触。温かさだとか、パンの状態、あるいは重さ。その手触りに続いて前歯や唇が、サンドイッチの実体感じて、そして味わう。
    舌が味わうおいしさなんて、数あるおいしさのほんの一部にすぎないんだと、思いながらも味そのものは昔のままにおいしくはある。
    カサカサとしたパンの食感。ポッテリとした玉子サラダにシャキシャキ、レタスがみずみずしくて、ほどほど気持ちも満たされた。

    そして移動で東京駅。電車の時間までをディーンアンドデルーカのダブルエスプレッソでのんびりとする。



    ズッシリ苦く、けれどほのかな甘味を感じるエスプレッソ。ポッテリとした喉越し感と、豊かな香りに気持ちがキリッとひきしまる。
    カップの底にほんの少々というこの分量。
    スタバのような店がまだまだ一般的じゃなかった頃。エスプレッソやマキアートをたのむと小さなカップを手に取り、この分量の少量の飲み物ですがいいですか?って、いちいち説明してた。今ではほぼほぼ常識でしょ…、って感じになってる。
    エスプレッソもやっと市民権を得たのかもねと思ったりする。さぁ、移動。


    関連ランキング:デリカテッセン | 東京駅京橋駅大手町駅

    拍手[2回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    浜松にて HOME ル・モンド
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]