忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    マクドナルドでマフィンを食べたく、それでかなりひさしぶり。



    朝のマックもひさしぶりなら、他の時間のマックはもっとひさしぶり。
    100円でおいしいコーヒーが飲めるコトにちょっと熱狂したこともある…、けれど今ではコンビニですらおいしいコーヒーを売っていて、ワザワザ、マクドナルドにいく必要がほとんど失せた。
    改装をしてお店はキレイになってくんだけど、お店の雰囲気がどんどん重たくもっさりとした感じになって、空気が悪い。
    それであんまり行かなくなった…、けれどときおり、やっぱり食べたくなるのであります、朝のマフィン。



    中に挟むスタッフでいくつか種類があるけれど、一番好きなオキニイリはソーセージとチーズだけを挟んだソーセージマフィンでござる。
    マフィンのムッチリした食感と、ソーセージのプチュリと歯切れる噛みごたえ。
    その両方を心置きなく味わえて、例えばこれに目玉焼きがくわわるソーセージエッグマフィンにすると、肉の風味が損なわれるような感じがするのでいつもこれ。
    このソーセージの香りって、マクドナルドがやってくるまで日本になかった匂いでだから、しんみりアメリカ感じてしまう。



    それにしても塩味こくてミルクがないと口の中が塩で燃えてしまいそう(笑)。
    セットでもらったハッシュブラウンも塩が強くて、しかも油がジュワリと口ににじんで広がる…、どうせだったらこれを一緒に食べたらどうだ!と。
    ソーセージの上にのっけてマフィンではさみ、バクリと噛んだらこれがわらっちゃうほど旨いじゃないの。
    バリバリ揚がったじゃがいもがムチュンとはじける肉と一緒になって歯ごたえ痛快になり、油と脂が混じりあいつつ口の中に広がっていく。
    この食べ物は悪い食べ物…、意地悪いほどおいしくて、意地悪いほど体に悪く、けれどたまに食べるくらいならストレス晴らしてくれそうな味。



    気づけばすっかりなくなっちゃって、全てがお腹の中に収まる。
    ミルクをチュチュっとパックをグシャグシャ潰しつつ、スッカリ飲んで朝のお腹を元気にします。
    そういえば、新宿三丁目にあったお店は未だクローズ。
    かつて繁華街には必ず目立つところにお店を構えていた彼ら。
    銀座なんかも町外にだけ小さなお店が残ってて、だからなんでしょう…、大きなイベントするときは渋谷のお店を彼らは使う。
    マクドナルドがない街って、おしゃれで大人が集まる街って証拠なのかもって思ったりした…、時代は変わる!でございましょ。

    ホラーだとか、サスペンスものだとか、あるいは意味もなくお金のかかったSFモノとかそういう映画がどうにも好きでしょうがなくTSUTAYAにいくとドサドサかりてみてしまう。
    そのほとんどが、「ながら見」程度の作品でけれど昨日、ながら見できず見入ってしまった。「キャビン」ッて言う映画でござんす。



    いや、オモシロイ。
    今までのどんな映画とも似ていない、不思議な設定。
    それでいて、今までのいろんなホラー系の映画のいろんな要素がごった煮的にぶちこまれていて、先が読めないストーリーは一級品。
    なのに予算の都合もあったんだろうけど、おそらくかなり確信犯的にどうしようもなく安っぽい、下世話な作りをたのしんでいる。
    秀作でした…、ぼんやりできる時間があったら是非みてちょんまげ。
    なにより、「あの」大物女優が情けないほどのちょい役で、チョイっと出ていてなのに存在感が抜群で、やりやがったな!って感心します。
    こういう映画があるから映画が好きって思って昨日でありました。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    利久の極み HOME 新宿アレコレ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]