忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    テラスでむかえる今朝の朝。

    3e8d6f38.jpeg寒くてさすがに好んでテラスに来たわけじゃない。
    実はサブウェイでサンドイッチを一個買い、そこでそのまま食べて帰ろうと思ったのだけど、お店が満席。
    分煙の店ということもあり、タバコの匂いがカウンターまでただよってくる。
    ちょっと嫌だなぁ…、と思って、テイクアウトにしてもらう。

    どこで食べよう…、そう思いながら街を歩くと、タリーズみつける。
    テラスの大きな気持ちいい店。
    さすがに朝からテラスを使う人はまばらで、タバコの煙も気にならない。
    よっしゃ、ここでとコーヒー買ってテラスに座る。
    ドリップコーヒー。
    熱さ避けのためのスリーブはずして、中の熱さを手に伝えてほんわかあったか。
    フウフウ飲むと焦げた香りがこうばしく、甘さと酸味が舌の両側に広がっていく。

    サンドイッチを開きます。

    7ff0ad65.jpeg季節限定のプレミアムサンドイッチ。
    全部で二種類。
    パストラミとスモークサーモン。
    どちらもニューヨークのデリカテッセンの定番メニュー。
    サンドイッチの具材の代表。
    ちょっと高めのお値段で、たしかにプレミアム。
    真っ赤なクリスマスモチーフの商品ポスターが、ホリデーシーズンくらいはちょっと贅沢しませんか…、ってサジェスチョンをしているようでためしてみます。

    スモークサーモンとマスカルポーネのサンドイッチ。
    スモークサーモンとクリームチーズの組み合わせというのは、ニューヨーカー的ベーグルサンドイッチの大定番。
    ウィートブレッドを選んで強めにトーストしてもらう。
    トマトを抜いて!
    オススメソースはジェノベゼだって言うので、そのままその通り。
    作る手元をみていると、チーズはスプーンに一杯ほど。
    うすぅく伸ばしてパンの片面に塗りこめてくのが、まるでバターのようだったりする。
    スモークサーモンは細切れで、端材っぽくって値段も値段だからなぁ…、って思いながらそれでもワクワク。
    ズッシリとした一本が、みるみるうちにできあがる。

    7ad9088d.jpegサンドイッチを包んでた紙を開くと、スモークサーモンの脂の匂いがポワンとします。
    あぁ、なつかしい。
    ニューヨークのデリカテッセンの匂いがしてくる。
    長い間、行ってないなぁ。
    甘くて切ない気持ちがしてくる。

    さていただきますと食べると、うーん。
    かなり微妙な出来上がり。
    スモークサーモンが硬くてちょっと筋張ってて、本来あるべきネットリ感がまるでない。
    ゴワゴワ、しかも味もそれほどしてこない。
    クリームチーズも存在感がほとんどなくて、野菜の食感、味がほとんど。
    パンがフカフカしているのも、チーズやサーモンを支えきるには力不足に感じてしまう。
    これはサブウェイのサンドイッチで、ニューヨーク風のスモークサーモンのサンドイッチじゃないんだってコトは十分わかっているのに、それでもなんだか寂しくなっちゃう。
    ガッシリとしたパンの間にネットリとしたスモークサーモン。
    クリームチーズが歯茎をガッシリ固めるような、ドッシリとした歯ごたえこそがこのサンドイッチのおいしいところ。
    …、のはずなんだけど、その独特の食感はどこにもないのが哀しくなっちゃう。
    それでも最後までたのしめるのは、ジェノベゼソースがおいしいから。
    爽やか。
    ドッシリ、コクもあり多分、これだけパンに塗って食べてもおいしく感じるでしょ。
    贅沢いってもしょうがない。
    もっとがんばり、早くおいでとニューヨークが手招きしている。
    そう思うコトにいたしましょうか…、さて、仕事。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    いつかニューヨークにご一緒したいです♪私もずいぶんご無沙汰してます。。。あー、ニューヨークが私を呼んでるぅ。
    キョーコさん / 2010/11/29(Mon) / URL
    行きたいですねぇ…。
    > キョーコさん
    ご一緒しましょう。
    ボクも呼ばれているのはわかるのですが、もっと気合を重点して、エネルギー満タンで行きたいところです。
    サカキシンイチロウさん / 2010/11/29(Mon) /
    無題
    私もです。
    来年か再来年を目指して整えまする。
    行きたいとはいつも言ってますが、具体的目標をもつとそれを目指して頑張れそうです♪
    キョーコさん / 2010/11/29(Mon) / URL
    来年
    > キョーコさん
    来年のサンクスギビングあたりなんて、いいですね。
    お洒落のしがいのある気候で、料理もおいしくなる季節。
    がんばりましょう。
    サカキシンイチロウさん / 2010/11/29(Mon) /
    ちょうど一年後
    来年のサンクスギビングですかぁ
    ちょうど一年後、楽しい旅行になるように願ってます
    koutagawaさん / 2010/11/29(Mon) / URL
    そのときには
    > koutagawaさん
    この計画が実現するときには、ぜひ、ご一緒に。
    それまで一生懸命、がんばりましょう。
    サカキシンイチロウさん / 2010/11/29(Mon) /
    無題
    サブウェイのサンドイッチ、大好きです!
    でも、最近は具を乗せてから焼かなくなったから、とろとろのチーズが楽しめない。確かアメリカのは焼いてくれるんですよね。
    チキンさん / 2010/11/30(Tue) /
    先焼き、後焼き
    > チキンさん
    具をのせる前に焼くのも、具をのせてから焼くのも、どちらもOK。
    お願いすればなんでもしてくれるのが、アメリカのサブウェイですよね。
    日本のサブウェイは忙しすぎるのかもしれません。
    ちょっと残念ですね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/11/30(Tue) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    グランの昼とエトセトラ HOME 昼、夜、それからアンバランス
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]