忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼、弁天庵で軽くすませる。

    siti.jpg鍋焼きうどんがはじまったのです。
    お店ができた当時は年中あった…、それも今では冬限定というコトになり、ずっとおやすみ。
    やっと先週の終わりくらいから、再登場でお店の外に告知の張り紙が貼ってあった。
    それで今日はとやってくる。

    土鍋でグツグツ煮こまれて、蓋を開けると外気にふれて再び一気に汁が沸き立つ。
    ああ、おいしそうってまず目がたのしむ。
    それと同時に、柚子の香りが湯気と一緒にわきあがり、鼻をくすぐる。
    出汁の香りと柚子の香りって、冬の香りのひとつだなぁ…、って。
    そう思いつつ、ハフハフ食べます。
    うどんの上には、椎茸、白菜、焼き餅、かまぼこ。
    出汁をタップリ吸い込んだお麩にそれから落とし卵。
    よく煮込んでくださいねって注文したときお願いをして、だからカチッと固まっている。
    汁の中にはタップリ、鶏の切り身がはいって具沢山にてうま味も濃厚。
    一緒についてくる揚げたてかき揚げをのせて食べると、油がジュワッとスープににじんで美味倍増。
    昼の定食セットをたのんで、分け分けにする。
    ランチタイム専用に、小さな丼と蕎麦のセットが10種類ほど揃ってて、中で一番魅力的に感じたカレー丼セット。
    豚肉タップリ入ったカレーがご飯になじみ、お米の粒をすべすべさせる。
    冷たい蕎麦の角ばったバサッと口の中にちらかる様もひさしぶりにて、おいしく感じる。

    sitihuku.jpgそれはそうとこのお店。
    スタンプカードをはじめて出した。
    恵比寿さまからはじまって、弁財天で上がりをむかえる全部で7つのスタンプ揃えると二八そばが一枚もらえる。
    途中、途中でおいなりさんがもらえたり、海老かき揚げと交換できたりとサービス精神旺盛ではある。
    気づけば10軒以上になった、支店のどこでもつかえるカード。
    チェーン店と思われることが得か損かと言えば多分、得はあんまりないであろう、地域に根ざしたこうしたお店。
    チェーン店のようにふるまわず今までひっそり頑張っていたココもそろそろ方向転換?
    まぁ、それはそれで悪くない。
    出店している場所のすべてが、地味で地元の人しか来ないような小さな商圏立地でどこに行っても同じような人が馴染みになるお店。
    いつもの店じゃない例えば馬喰町の支店にいっても多分、ボクはそのままなじむ。
    だからこうしたキャンペーンがお店の雰囲気や空気を壊す心配はない…、って思ったりする、悪くない。

    夜は家でユックリご飯。

    4f4e9bb6.jpeg生姜焼きをメインに作る。
    程よい厚さの豚肩ロース。
    たっぷりのおろした生姜と味醂に醤油。
    ほんの少しの玉ねぎと、一緒にフライパンでジャジャっと炒めてタレを炒りつけ照りを出す。
    生姜焼きにはいろんな流儀があるけれど、ボクはこの作り方が一番好み。
    ちょっと多めにタレを作って、千切りキャベツにその熱々をジャジャっとかける。
    生のキャベツの青臭さが、タレの油で甘い香りにかわってく。
    千切りキャベツもメインのひとつ。
    けっしてただの付け合せではないんだよね…、ってそう思いながら、シャクシャク食べる。

    他にも料理をあれこれいくつか。
    愛媛産のブリのきれいな切り身があって、それを塩焼き。
    皮目にタップリ塩をこすりつけ、グリラーでこんがりと焼く。
    ブリの脂がにじみだし、魚の表面を揚がるように焼きあげていく。
    箸でコロンと身離れをして、食べるとシットリ、甘い脂の風味がたのしい…、これにも生姜をタップリのせて香りをそえて冬を味わう。
    ビーフンと豆苗、蟹かまぼこでスープ仕立ての卵とじを作ってお汁がわりにして食べる。
    体もぽっかり、あったかになる。

    ところで、この週末にちょっとハマってしまったドラマの話。
    「恐怖劇場アンバランス」という、1973年にフジテレビにて放映されたテレビシリーズ。
    円谷プロダクションが作成したウルトラシリーズのひとつなんだけど、いわゆる超常的な怪奇現象をテーマにした社会派ドラマ。
    物語り良し、ストーリー良し、俳優、演技もすべて良し。
    なにしろ松本清張のようなビッグネームが脚本をかき、13本ある全てのドラマが先が読めない見事な出来で、緊張感をもちつつ真剣に見入ってしまう…、オキニイリ。


    恐怖劇場 アンバランス①
    アップロード者 devo12120928. - アートとアニメーション動画。

    物語りそのものもいいのだけれど、なによりすべてのドラマに舞台になった1970年代の東京の街。
    高度経済成長時代が始まる寸前の、微熱を帯びたような街角。
    ファッション、そして風俗が実験的な映像とともに丁寧に描かれていて見ごたえがある。
    脚と扉のついたコンポーネントステレオだったり、ビーズカーテン。
    サラリーマンの夜はクラブやスナックで大はしゃぎして、二日酔いはオトコの勲章。
    ミニにパーマにパンタロン。
    ボクが子供の頃の日本がなんとも眩しく、なつかしく、ちょっとホッコリもいたします。
    明日からはじまる一週間。
    11月が終わりそして、今年最後の月がはじまるそんなあらたな一週間とあいなりましょう…、がんばろう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    ご無沙汰しております。1年ぶりですか。
    やはり本名では支障がある為、
    名前を30年来の筆名に代えさせて頂きました。(私が誰だかわかりますでしょうか?)
    スタンプカードに関しては実はかなり前からお配りしています。
    唯、それを配るかどうかは個々のお店に任せておりますので
    四ツ谷3丁目店では面倒くさくて配っていなかっただけなのですよ。
    このカードをお客様に浸透させる為には、
    レジ担当の人間がかなり根気強く徹底しないことには出来ません故。
    浅葱さん / 2010/11/28(Sun) /
    そうなんですか
    > 浅葱さん
    なるほど、そうなんですか。
    もしかしたら、ボクが朝を中心に、あまり他の時間帯に行かないから初めて今日、見たのかもしれません。
    それにしても商売繁盛。
    順調にお店を増やされていて、まるで自分の子供がどんどん大きくなっていくを見ているようでウレシク感じます。
    おひさしぶりでした。
    情報、どうもありがとうございました。
    サカキシンイチロウさん / 2010/11/28(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    スモークサーモンマスカルポーネ HOME アボカドサンドにジャーマンドッグ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]