忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    エクセルシオールで朝を迎える。

    ac5a5cf7.jpegなぜだか今までボクの生活圏に、エクセルシオールという選択肢があまりなかった。
    たまたま行った駅の前。
    一番、目立つ場所にあったのがこのエクセルシオール。
    それでちょっと覗いてみます。

    ドトールコーヒーの姉妹チェーン。
    ドトールコーヒーとの違いはといえば、料理にこだわりを持ってるコトと、洗練されたカフェ的空間を持っていること。
    お店によってはパスタやジェラートまでもを扱っていて、レストランの一歩手前の様相呈する、そんな店。
    ドトールコーヒーが喫茶店的な気取りのなさが売り物で、一方、ココはおしゃれな気取りを装っている。
    フォカッチャだとか、田舎風のフランスパンとかサンドイッチを作るにしてもちょっと気取りがございます(笑)。
    朝食メニューの一番の売り。
    それが「クロックムッシュ」というのもそんな気取りのひとつ。
    オーブンの中で焼き上げるという、ちょっとした手間がドトールコーヒーではおそらく無理で、だからココの独壇場。
    たのんでみます。
    やっぱりちょっと時間がかかる。
    ボンヤリしながら待つことにする。

    9f18e7c7.jpegしばらくすると、厨房の中からメガネをかけた男の子が来て「142番のお客様」と大声で呼ぶ。
    ふーん、142番かぁ…、ってボクはぼんやり、ボーッと立ってた。
    彼は何度も「142番のお客様」。
    半ば怒鳴るような声にもなって、そしてやっとこう告げる。
    「クロックムッシュとロイヤルミルクティーでお待ちの142番のお客様」。
    ボクの手の中のレシートをみる。
    なるほど、142番はボクの番号だった。
    ココでは人は番号にならなきゃいけないルールなんだね。
    省略するのもいいけれど、それにしてもあまりの省略。
    それほど忙しいわけでもないのに、なんだかちょっと切なくなった。

    おそらくこの店。
    スターバックスが日本に来るのがわかったときに、なんとかしなきゃとできたんでしょう。
    お店の雰囲気、商品構成。
    お店のロゴまでスタバ風に出来上がってて、けれどスタバと絶望的に違うのですネ。
    ドトールコーヒーの違いは決して気にならない。
    気にならないどころか、ドトールというオリジナリティーあふれるお店のように思える。
    ちょっと真似して気取ったばかりに、違いばかりが目立っちゃう。
    エクセルシオールってかなり残念なポジションにいるって思ったりした、どうだろう。
    あらかじめ煮出して作ったミルクティー。
    それを蒸気でプシュッとあっため、それでロイヤルミルクティーって言い張るところもかなり哀しい。
    そこそこおいしく、タップリあるから悪くはないけど良くもない。

    af472628.jpegそして件のクロックムッシュ。
    なかなかおいしい。
    バターをタップリ含ませて、そこに粉チーズをふってサクッと焼いたパン。
    中にはタップリ、とろけるチーズ。
    ジャンボンハムもタップリでチーズのしぶ味と混じりあい、風味豊かで大人味。
    ドトールにしてもここにしても商品開発の力はあるって、そう思う。
    問題は、それを継続して再現していく現場の力にあるんだろう…、って思ったりする。

    ドトールコーヒーは小さいお店がほとんどで現場の人の実力がみんな同じで「一致団結」のムードを感じる。
    エクセルシオールは大きな店舗が多くって、チームワークを整えるのがちょっと難しかったりするのでしょう。
    飲食店ってむつかしい。
    おもてなしの気持ちが伝わるほどよい大きさ、距離に空間。
    それが大切って思ったりした、さぁ、仕事。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    刑務所?
    人を番号で呼ぶ
    なんだか刑務所みたいですね
    ワタシはまだ行ったことがないので詳しくはわかりませんが・・・
    koutagawaさん / 2011/03/10(Thu) / URL
    たまたま?
    > koutagawaさん
    どこのお店もがこんな状態ではないのだろうと思います。
    番号「だけ」で呼ばれるさみしさ。
    ちょっと嫌な感じがしました。
    サカキシンイチロウさん / 2011/03/10(Thu) /
    ウーピーゴールドバーガーでサラジェシカバーガーを喰らう昼 HOME そして焼肉
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]