忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    渋谷の外れ、宮益坂の郵便局の裏側にある「ウーピーゴールドバーガー」って言う、ハンバーガーの専門店に来る。
    d497b64c.jpeg渋谷駅から5分ほど。
    決して遠くはないのだけれど、道玄坂に比べて静かで急な坂道…、それで昔から宮益坂の飲食店は成功するのがむつかしいって言われてた場所。
    しかも路地裏…、分かりにくい場所ですよって教えてもらった。
    人の通りもまばらで静かで、けれどボクが学生時代に近所のバーでアルバイトしてたコトがある。
    それでなんだかなつかしくって、フラッと来たらアッサリ見つかる。
    去年まで、中目黒に店をかまえてやってたらしい。
    2時を過ぎた中途半端な時間だけれど、お店に入るとカウンターはにぎやかで、入口近くの一番端の椅子をもらって、こんにちは。

    b8722806.jpegいい店です。
    決して大きくはないけれど、おいしい匂いに満たされた居心地の良いたのしい空間。
    カウンターの一番奥にグリルがあって、なんとそれも炭火のグリル。
    肉の焼ける甘い匂いがやってくる。

    店名と同じくハンバーガーの名前もハリウッドスターの名前をもじったモノばかり。
    スタンダードなウーピーゴールドバーガーにアボカド入れたヘレナボナムバーガー
    チリはスティーブンソダーバーガー
    ベーコンバーガーがケビンベーコンっていうのはわかるけど、トリプルパテでボリュームたっぷりなチーズバーガーが、なんでシャルロットゲンズバーガー?って、その理由はあんまり真剣に考えちゃいかんのでしょう。

    ダブルパテのチーズバーガー…、「サラジェシカバーガー」をたのんでみます。
    パテを二枚、食べなきゃいけないってほど空腹じゃなかったけれど、サラジェシカバーガーって言う言葉の響がなんだかよくて。
    SATC2で見事にラジー賞を受賞召された記念にひとつ(笑)。
    たのむとサッとおしぼりがくる。
    ハンバーガーの専門店。
    しかもお洒落でまるでキューバンバーのようなレゲーの流れる店で、分厚い布のおしぼりがでてくるのって珍しい。
    でも、布のおしぼりでなくちゃいけない理由がのちほど…!

    b5881dd7.jpeg分厚いパテを炭の上に置く。
    するとフワッと煙があがる。
    脂がおちて、炭とふれあいそれが煙になるのでしょう。
    あの煙。
    脂の甘い香りを帯びた煙がパテにくっついて得も言えぬ味になるのであります。
    バンズもやいてユックリ、そして丁寧に。

    ハンバーガーが出来上がるまでを、ジンジャエールを飲みつつ待ちます。
    ウィルキンソンのドライジンジャー。
    細かでしかも頑丈な泡が、ピトッと舌にはりつくおいしさ。
    ジンジャエールをスイート、ドライと二種類もってる。
    ハンバーガーをおいしく食べてもらう工夫をキッチリしてる。
    しかも奥から絶え間なく、肉が焼ける音に気配がしてくる訳です。
    否応なしに気持ちがあがる。
    10分ほども待ったでしょうか…、やってきたのがこのハンバーガー。

    5106b2e9.jpegつやつやとした胡麻つきバンズ。
    焦げてしまうその寸前まで焼きあげられた、ビーフパテ。
    キラッと輝く脂もきれいでうつくしい、分厚いパテがドッシリ2枚。
    レタスにトマト。
    生の玉ねぎ、ピクルスそれからチェダーチーズと多彩な具材がはさまれている。
    …、はずなんだけど、パテのあまりの重量感に他の具材が沈んでみえる。
    肉の香りが濃厚にする。
    ハンバーグ的なる匂いじゃないのね。
    アメリカのダイナーレストランで食べる、ガシッと硬いUSビーフのステーキ臭。
    さてコレを、どう退治てくれようと闘争心がわくボリューム感。

    蓋をしているバンズをさっと片手でおさえ、用意されてるパラフィン紙のペーパーバッグにいれてかぶりつく。
    顎を精一杯ひらいても、一度にカプッとやるのは無理で、それで斜め下から上に向かって攻め上げる。
    こりゃ、文句なく旨いです。
    ガッチリとした歯ごたえと、肉のうま味。
    辛子マヨネーズを唯一のソースのようにして作ってる。
    だから味のメインはあくまで肉のおいしさ…、レタスのシャキッとした食感とみずみずしさが、コッテリとした肉の脂を中和しつつもやっぱり肉の味がズッシリ。
    煙の匂いに野菜の香り。
    トマトの酸味と甘みが肉の脂と混じって、まるでトマトソースのようになっていく。
    けれどやっぱり肉がおいしい…、肉付きさんのために生まれてきたハンバーガー。

    ab97cec4.jpegもしボクに小さな男の子がいたとしたらば、絶対ここに連れてくる。
    ここのハンバーガーを彼に食べさせ、これが本当のハンバーガーだ…、って教えてやりたい。
    マクドナルドのハンバーガーをクーポン使って食べて得したって、そんなコトで満足してちゃぁいけないんだ。
    そのために、金を稼いで顎を鍛えてこのハンバーガーを食べる大人になるんだぞ!って。

    そうおもいつつ…。
    同時に自分にそういいきかせつつ、味わうここのハンバーガー。
    死ぬ直前に食べたい料理ベスト10の中に入れたい、そう思う。
    肉汁じゃない、肉のおいしさ。
    バンズも野菜も、すべてが肉を味わうために最適化された見事を味わう。
    シアワセなり。

    ハンバーガーにはジャガイモがつく。
    フレンチフライがマッシュポテト。
    マッシュポテト好きさんにて、それをたのんで食べてみたらば、これ、大当たり。
    甘い、そしてなめらかでところどころにホツホツ、芋の塊がある。
    それを食べるとまるで栗を食べてるみたいな食感、香りにそれから甘さ。
    上にタップリ胡椒がのって、ハンバーガーの合間に食べると胡椒の香りと辛さにビリッと体が震えるような感動覚える。
    無心にムシャムシャ食べていき、気づけば両手がベットリとなる。
    「布のおしぼりありがとさん」…、って言うことになる、なんてサービス精神旺盛でお客様のコトを知っているんだろうって感動しました、また来よう!

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    素敵な駄洒落的店舗
    オヤジギャグ好きなあてくしとしては行かねばならぬお店ですね!w
    まっしゅぽてと、ナタリーポテトマンって言うんですね。
    これまた素敵なり
    まりおさん / 2011/03/10(Thu) /
    ブラックスワン
    > まりおさん
    ブラックスワンなマッシュポテト。
    それともレオン風?
    ねっとりとした熟した味は、おとなになってからのナタリー・ポートマンという感じでした。
    サカキシンイチロウさん / 2011/03/10(Thu) /
    ナイスなタイミング
    明日のお昼過ぎに渋谷で所用があって・・・
    その前にランチでもと考えていた矢先のこの記事
    とっても良いタイミングでありました
    早速明日行ってみましょう
    ありがとうございました
    koutagawaさん / 2011/03/10(Thu) / URL
    ぜひぜひ
    > koutagawaさん
    それはよかった。
    この店…、スゴイです。
    すべきことを全部していると同時に、しちゃいけないコトはしない努力もしているところに好感がもてました。
    食後にもし、時間の余裕がありましたら、ストリーマーコーヒーカンパニーっていうお店が近所にあります。
    http://r.tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13109635/
    ココのエスプレッソはまた絶品です。
    サカキシンイチロウさん / 2011/03/10(Thu) /
    ありがとうございます
    食後のコーヒーまでお世話いただき感謝感激
    なのですが、渋谷珈琲研究所に惹かれるワタシなのです(笑)
    koutagawaさん / 2011/03/10(Thu) / URL
    無題
    大きなお口をあぁ~んと開けて、ガブッとかぶりつきたくなるハンバーガーですね(≧∀≦)ノ
    あー、食べたい(@ ̄ρ ̄@)(笑)
    lovekuma69さん / 2011/03/10(Thu) /
    コーヒーの研究
    > koutagawaさん
    たしかに。
    JR系のわりには、なかなか頑張っているように感じました。
    サイフォンだてのコーヒーのクオリティの高さと、こなれた値段。
    もっといい場所にあればなぁ…、と思いました。
    サカキシンイチロウさん / 2011/03/10(Thu) /
    ぜひ
    > lovekuma69さん
    みんなでまいりましょう。
    みんなで大きな口を開けて食べると、絶対にシアワセな午後がやってくると存じまする。
    サカキシンイチロウさん / 2011/03/10(Thu) /
    渋谷、それから丸の内 HOME 142番の朝
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]