忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    さてさて、ニッコリ、おむす人。
    8d18a334.jpeg最近、朝からずっと手を動かしていないと昼が乗り切れないの…、と昼のお弁当の準備に必死なおばさんたちが、だからの元気で「いらっしゃいませ」。
    四ツ谷駅のアトレが改装中で、そこにあったおむすび屋さんが営業してない。
    だからそこにいってた人たちも、うちで買い物するようになったみたいなのよね…、ありがたいけど準備が大変、うれしい悲鳴って。
    それでキャッキャと、まるで少女のように笑顔をで働いている。

    27090103.jpegステキでこっちもニッコリします。
    おむすび2個と、ウィンナさんをたのんで待ちます。
    お店の中は3人一組。
    レジでボクのお金を受け取った人が大きな声でボクのオーダーを読む。
    すると残りのふたりが「ハイッ」ておむすび作り始めてくれる。
    ひとり一個。
    お米がジャッジャっと最初は湿った音がして4つの手のひらの中で徐々に形をなしてく。
    湿った音がしなくなり、海苔でくるむ気配がしてくる。
    あぁ、ボクの料理ができていく…、って。
    なんだか気持ちが盛り上がってく。
    注文を受けたおばさんが「ウィンナーも出来ました」っていいつつお皿をおむすび作るところに持ってやってくる。
    お店の中の3人が、よってたかってボクのメニューだけに全力投球。
    なんてステキでありがたい。

    さぁ、出来上がり。
    四角いお皿に2個、よりそうように並べておいて、そこにウィンナ。
    おまたせしましたってやってきたのが今朝のこれ。
    おむすびの具はツナマヨ昆布と、梅おかか…、二種類の具材を自由にあわせて作る「縁むすび」ってココではよんでるカスタマイズおむすび2個でございます。

    e4ad4d27.jpeg具材の相性がよければおいしくできる。
    特にクセの強い食材。
    例えばツナマヨ。
    それだけくるんでもらうとちょっと油っこくて、マヨネーズの味が前に出てしまう。
    おむすびがちょっと洋食料理のようになってしまうと台なしです。
    そこに昆布の佃煮を混ぜて作ると、あら、不思議。
    ツナの脂の風味が昆布の香りにまぎれ、マヨネーズの酸味が昆布の甘みでとてもおだやかになる。
    コンビニで売ってるツナマヨおむすびは、やっぱりツナの匂いが強くてそんなときにはこれを真似して、「ごはんですよ」を乗っけたり、あるいは麺つゆちょっと垂らすとおいしくなってくれたりします。
    それから胡麻。
    これがプチプチ、歯ごたえたのしく奥歯で潰れて油を吐き出す。
    その香り、それから風味がツナの香りを別の香りで豊かにさせる。
    これもときたま自分でもする、コンビニ料理をおいしくたのしむひと工夫。

    梅とオカカは昔から、相性よくて当たり前。
    だって、そもそも「おかか梅」ってあらかじめ梅干しにおかかをまぶしたモノが売られていたりしますもの。
    ここの梅干しはかなりガツンと酸っぱくて、塩の風味もシッカリしてる。
    そこに鰹節のコクと旨みが混じって、酸味につかれた舌をたのしく紛らす。
    なによりココのおむすびは、ギッシリ沢山、具材が入っているのがステキ…、どこからどう食べてもかならず具材がタップリ口に入ってやってくる。
    今日もタップリ、口をご飯とおいしい具材で満たしてお腹も満たされる。

    ところで、まもなくすんごいインド映画が日本公開になるんだそうな…、トレーラーをまずはご覧いただきましょうか…、唖然クラスのオモシロさです。



    マサラであります、インド的。
    ココロを与えられたロボットが人に恋をすることからはじまるドラマ…、っていうのはもう描き尽くされた感のある物語でありながら、インド的なるサービス精神で描くとこんなふうになるんだってビックリしながらワクワクドキドキ。
    なにしろ愛を告白したロボットに「絶対に無理!」って言い放つヒロイン。
    正直すぎます。
    37億円というインド映画史上の制作費をかけたというVSFもスゴいというかハチャメチャというか…、ヒンドゥー神がごときロボットのトランスフォーム具合にハリウッド完敗だなぁと。
    ダンスシーンもゴージャスで、公開予定の5月中旬が待ち遠しくてしょうがない。
    タイトルはズバリ「ロボット」、公式ホームページに行くとテーマソングがかかるんだけど聞くと一日、耳の奥に貼り付くクセになる不思議な魅力をもっております、ココロシテ(笑)。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    夕方までに
    夕方までに連絡したいのですがご都合は?
    末尾2ケタ10です。
    youannさん / 2012/03/09(Fri) /
    大丈夫ですよ!
    > youannさん
    大丈夫ですよ。
    お待ちしております。
    サカキシンイチロウさん / 2012/03/09(Fri) /
    ほどよくイーヨ!な「iiyo!」のランチ HOME ポールバセット・北海飯
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]