忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    丸の内で行きたい施設ができまして、そこでランチをとる今日のコト。
    東京駅と皇居のお堀に挟まれて、南北に長く広がる三菱村の北の端。
    永楽ビルっていうオフィスビルの中に新しいレストランの集合施設ができたというので、やってきたのであります…、名前は「iiyo!」
    iyo.jpg10軒近くのレストランが地下にズラッと並んでる。
    和洋中とバリエーションも豊富でどこもが、夜は気軽にお酒が飲める…、つまりビジネスマンやOLにとって使い勝手がよさげなお店。
    お店の造りが特徴的で、通りに面した壁がほとんどないも同然でエントランスも広くとられてまるで、フロアー全部がひとつのお店のような不思議な一体感をもっている。

    1eb59d87.jpegでもってここがランチタイムだけフードコートのようになる。
    とは言え共通の客席の周りにキッチンとカウンターがあるってわけじゃなく、他のお店の商品を持ち込むなんてワガママができるようになっている。
    何人かで連れ立ってランチに来たとき、ボクはラーメン、私はパスタなんて食べたいモノが違うときでもこのシステムならみんなハッピー。
    なかなかたのしくオモシロイ。
    ルールがあって、まず必ず座ったお店の商品をひとつはたのまなくちゃいけない。
    それから他のお店の料理を食べたときには、食器をそのお店まで戻さなくちゃいけないってコト。
    たったそれだけ。
    レストラン街を作ると当然、人気不人気のお店が出てくる。
    けれどこのシステムなら、お店同士が空席とお客様を融通しあえる。
    よきライバルであると同時に、助けあいつつ共に戦う仲間でもあるチームのようなテナント関係。
    それがどんな効果を上げているんだろうと、行ってみたら…。

    残念ながら、このシステム自体が周知徹底されてなかった。
    開業してから一週間というコトでまだ慣れていなかったのかもしれないですが、それにしてもお店の一軒一軒がてんやわんやの大騒ぎ。
    他のお店のことまで考える余裕なんてないよな状況。

    69ae9e71.jpeg陣取ったのはご飯がおいしいレストランとして積極的に展開している「かまどご飯寅福」の食堂業態。
    3種類のご飯かをお替り自由で、お惣菜も食べ放題というそのシステムはそのままで、けれどテーブルの上に惣菜を置きっぱなしじゃなくて従業員がお盆にのせて、いかがですかと配って歩く。
    オフィス街のおじさんたちはお行儀悪いから置きっぱなしじゃバクバク食べて原価を圧迫するって考えなのかしら?
    そのくせ大量に従業員を投入してて、料理もなかなか出てこない。
    オジサンたちはみんなイライラしてらっしゃいます。

    ご飯はおいしい。
    けれどオカズは貧弱で、たのんだサワラの西京焼きは身薄で、焼きたてとは思えぬほどにバッサバサ。
    豚のしょうが焼きはまぁ、こんなものではあるけれど熱さにかける。
    こんなコトなら、まいどおおきに食堂みたいに全部セルフにした方がずっとたのしい。
    場所柄いいかもしれないんだけど、そうはいかぬ事情があれこれあるのでしょうネ。
    もひとつもらったしらす丼…、ご飯を雑穀米にしたんだけれど炊き上がったばかりでホジホジ…、こんなところもドタバタしててこりゃ大変だと笑っちゃう。

    そのお店の向かい側にある「四国味遍路88屋」って言うお店。

    e193069f.jpeg六本木に本店があって、その支店。
    四国4県のおいしいモノをたのしんでという趣向の店で、昼は気軽にセルフうどん。
    ただココも厨房の中が回らない。
    ポケベルわたしてテーブルで待ってもらわないと間が持たないほど。
    お向かいの店で食べたいんですけど…、と言ったらテイクアウト用の容器に入れてわたしてくれた。
    それでもかなり待ったのだけど、向かいのお店の方がずっと時間がかかった。
    良かったんだか、悪かったんだか分からぬトホホ。

    うどんは旨い。
    本店でも感心したんだけど、出汁が本当の讃岐風。
    いりこの風味がふんわり漂う、力強くて風味があってしかもうどんがスルンとスベスベ。
    東京風のゴジゴジとした歯ごたえのある「讃岐風うどん」じゃなくて、噛む必要なくスルンとお腹に飛び込んでいく喉で味わう「讃岐的」。
    肉をのっけて、愛媛のじゃこ天追加した。
    このじゃこ天も揚げたてで、噛むとジュワッと魚のうま味と脂が口に広がっていく。
    うどんの出汁にそれが混じってコクとなる、これは上出来、グッドジョブ。

    さすがにどこも大人気で、お店の前には行列だらけ。
    けれどその行列のほとんどが商品の出が遅いから、お店の席が回転しないからの行列…、まともにお客様が動いているのはつけ麺の店、あるいはカレーのお店くらいじゃないのかなぁ、慣れて来た頃も一度やってこようと思った、そんな昼。

    ところで「iiyo!」で検索してもココじゃないところが一番上に候補に挙がってきちゃう。
    お店一軒一軒も、当然なのかもしれないけれどまだウェブ状にほとんど情報がない状態で食べログページもひとつもなし。
    これからのデベロッパーってこうしたところまで丁寧に対応しないといけないのになって思ったりした、いろいろ残念、もったいない。
    88屋さんは本店ページをだから掲載しておきました、ボクは好きな店、オキニイリ。


    関連ランキング:郷土料理 | 乃木坂駅六本木駅青山一丁目駅

     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    ミロンガヌオーバ、今日の夜 HOME 金曜の朝、おむす人
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]