忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    西新宿の麺通団

    mtd.jpgあいかわらず、にぎわっている。
    さすがにオープン当初の驚くほどの行列と、唸るような熱狂は鳴りを潜めてしまったけれど、でも大きなお店の客席はひとつ残らずピッチリ埋まる。
    讃岐式のセルフうどんの発展系。
    うどんの玉をまずはもらう。
    上具を選んで、お金を払って最後に出汁を自分でかける。
    というこのスタイルが、最初はとても珍しく、だからいちいち説明を受けるお客様があまりにおおくて、それで行列ができてしまった。
    それが開店当初の状況で、今ではこうしたスタイルのお店も決して珍しくなく、だからスイスイ。
    人が流れてスムーズに、お店の中がいっぱいになる。

    定着した…、って言うことなんでしょう。
    行くことそのものがたのしかったテーマパークが時間を経、普通の遊園地になっちゃった…、みたいな感じ。
    でもその魅力。
    そして実力は変わることなく、今も健在。
    テーマパークがアトラクションを定期的に入れ替えるように、新商品をしっかり作って提案してる。

    今日はいつもの「ひやかけ」うどんに、今の季節の目玉商品。
    「肉汁うどん」を食べてみる。

    2a69c0c4.jpeg肉汁つけ麺スタイルの、うどんやそば。
    結構、ブームになりはじめてる…、と思います。
    今、麺の世界は「スープ」より「麺」のおいしさの方に気持ちがいってて、だって「気軽におなかいっぱいになるための麺」であるならば、麺そのものがおいしい方がいいじゃない…、ってそう思うのが当然のコト。
    茹でてシャキッと冷やしてしめた麺をタップリ。
    中華そばなら、チャーシュー、煮玉子、メンマにスープを別にして、つけて食べればいいじゃない…、っていうつけ麺が、そんなこんなでブームになった。
    それをうどんやそばでなぞろうとする。
    すると「肉うどん」とか「肉そば」をバラバラにするのがわかりやすい。

    ここのもそう。
    讃岐風の甘辛く煮た肉をタップリ。
    うどんと別に提供をして、トプッとつけてツルッと食べる。
    肉汁がうまくてかなりびっくりします。
    もともとイリコの風味の強い出汁じるに、肉の煮脂、かつおの魚粉。
    白い胡椒に黒胡椒で辛味を出して、山椒で痺れと風味をたした、ズシンと辛味が後から後から追いかけてくる、濃厚スープ。
    気に入りました。
    肉汁系ではナンバー1かな?…、って思うほど。

    イリコの風味が一口すすると口いっぱいに広がってくる、見事にできたここの「ひやかけ」。

    1f58b572.jpeg角のたったあめ色の麺が、ゆったりスープに泳ぐように揺れるご馳走。
    半分そのままスルンと食べて、途中で味を変えてやる。
    タップリのネギ。
    すった生姜をのせて溶かして、そこに一味唐辛子。
    丼の中が真っ赤になるほどたっぷりいれて、そこにお酢をトプトプ加える。
    これもほんとにいいの?って位の分量加えて、ズルッとすすると、あら、不思議。
    まるで冷麺。
    あるいは冷たいトムヤンクン麺みたいな風味。
    酸味や辛味をくわえても、壊れぬ出汁の実力見事で、しかもスッキリ、目が覚める味。
    讃岐のご馳走、堪能す。

    それにしても驚くほどのスピードで、客席の顔が変わってく。
    高回転。
    ファストフードと言いはするけど、たとえば今のマクドナルドって提供時間はそこそこファスト。
    けれど客席で何時間も話をしたり仕事をしたりする人たちがたむろして、「ファストに食べる」店じゃすっかりなくなっている。
    その点こうした専門料理を新しいスタイルで提供する店。
    提供時間もファストな上に、食べる人もファストに食べる。
    こうでなくちゃバランスとれない。
    ビジネスとしてはあんまりおもしろくならないんだよなぁ…、って思う。

    そんなファストなお店をもひとつ。

    魚がし日本一がやっている立ち食い寿司の専門店。

    db2e9716.jpeg寿司はもともと立って食べるモノ。
    江戸時代には、座ってユックリ酒飲みながらたのしむ蕎麦の方が、寿司より高級な料理だった…、って言われるほどで、だからそもそも、こうして立って食べる方が生まれに素直ということなのかもしれません。

    前から気になっていたのだけれど、ためしてみる機会がなくて今日がはじめて。

    入ってみると椅子がないだけのカウンター式のタチのすし屋という風情。
    好みで食べたいものを握ってもらうこともできる。
    お決まりのランチやセットも用意されてる。
    綺麗に磨き上げられたネタケースの中にはネタがズラッと並び、ほどよく絞り込まれたメニューで、何を食べよう?って悩みすぎない程度に悩める。

    ae0904d4.jpeg回転寿司ほど変わったネタがあるわけじゃない。
    だって、寿司の方から勝手に流れてやってくる「目で選べる」回転寿司と違って、自分の頭の中にあるものしか注文できぬ普通のすし屋の体裁ですから。
    とはいえ、普通のすし屋よりちょっとくだけた、アボカド軍艦や炙ったゲソ…、なんて寿司が結構出ている。
    回転寿司と普通のすし屋のちょうど中間、みたいな感じ。

    かなり小さめの、二貫で大き目の寿司一個分くらいのサイズ。
    はっきりとしたしゃりの味。
    おなかいっぱいになるのじゃなく、空いた小腹をササッと軽く満たしてやるのにちょうどよい、粋な寿司…、って感じがします。
    だからか思ったよりも女性のお客様が多くって、みんな自然と背筋を伸ばしてパクンパクンと良いリズムにて食べ進む。
    かっこいいかもしれません。

    週末という今日。
    忙しかったからなのかなぁ…、お店の人に元気がなくてちょっとぼんやりしてたのが唯一残念。
    でも、お気に入り。

    冷たいうどんに握りずしと、冷たいモノばっか体に入れて、それでいささか欲求不満。
    ケンタッキーでフライドチキンを食べちゃった。

    c10539e1.jpegお供はレギュラーコカコーラ。
    今の日本のファストフードで、コーラに一番合う商品を、ひとつ挙げなさい…、って言ったらまず迷いなくケンタッキーのフライドチキンって答えるでしょう。
    ペロンと皮剥ぎ、油をタップリ吸い込んだ暴力的なブルンブルンをまずは味わう。
    しっとりとした身。
    骨、間接にこびりつくゼラチン質にむしゃぶりついて、チュバチュバ、指を嘗め回しながら無言で食べる。
    そんな自分が情けなく感じながらもやめられぬ、悪魔的なる独特の味。
    健康だとか、栄養バランスだとか、そんな面倒くさいことは棚上げにして、たまにこうして溺れることも、悪くはないなぁ…、って思ったりする。

    梅雨入りしたのに蒸し暑いだけ、雨はまだ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    マグマスープ
    お昼にあのあたりを歩いていると、ついつい足が向く麺通団。
    蛇口の出汁の地獄のごとき熱さが、私は好きです。
    ラッコの毛さん / 2009/06/15(Mon) / URL
    たしかにマグマ
    > ラッコの毛さん
    ボクもあの蛇口からほとばしり出る熱い出汁が好きで好きで。
    こうして冷たいうどんを食べるときも、ちょっとだけ熱い出汁を拝借してお茶代わりに飲ませていただいておる次第。
    愛媛の蛇口からポンジュースが流れ出す…、という伝説が現実のものになったように、讃岐には出汁がほとばしり出る蛇口がある。
    まあ、あまりに当たり前すぎて伝説にもなんにもならないのかもしれませんけれど、なんて贅沢なことなんだろう…、って思いますね。
    サカキシンイチロウさん / 2009/06/15(Mon) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    カチョカバロ HOME 朝サンドイッチにベコの乳
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]