忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2017 . 06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    05 2017/06 07
    S M T W T F S
    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    57
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    岡山の友人からの贈り物。

    カチョカバロ。

    77dbbef6.jpeg燻蒸と熟成で、とても頑丈に仕上げたモツァレラチーズのような、イタリアのチーズの中でもとてつもなくおいしく、しかも希少なモノ。
    しかも岡山の吉田牧場さんの謹製品。

    牛を育てて、乳を搾ることからチーズ作りをはじめる、とても正直なメーカーで手に入れることがおどろくほどにむつかしい。
    麻布十番のヒラタさんでも、ここのカチョカバロを定期的に手に入れるようになるまで、本当に苦労したのよ…、ってそういっていた、それほど貴重なこのご馳走。
    もう一週間以上も前にいただいていた。
    けれど、こんなご馳走。
    気持ちを整え、笑顔でみんなと食べなきゃもったいないな…、ってそう思って今日までずっと、冷蔵庫の中でスタンバッててもらってた。

    まずは冷たい前菜とする。

    62ec6c1d.jpeg一口大にチーズを切って、それと一緒にトマトをあわせる。
    高知のスイーツトマトって奴。
    生のトマトはあまり好きじゃない。
    青臭さと水っぽさがどうにもこうにも好きになれずに、だから滅多に食べないけれど、これはそんなトマトの嫌いなところが微塵もないモノで。
    甘いというより味がぎっしり凝縮されてて、その味のひとつが甘み。
    だからすんごく甘く感じる。
    甘みが終わると次に酸味がズキッと舌にやってくる、とてもトマトらしい隙のない味。
    チーズと一緒にオリーブオイルと胡椒をかけて、ザクッと混ぜて一緒に食べる。

    うんまい!です。
    チーズが口の中でミルクにかわってく。
    濃厚なたんぱく質の風味と味わい。
    それにトマトが彩り添えて、素材と素材が口の中にて料理になってく。
    ああ、ありがたい…、って思います。

    続いてチーズを焼いた前菜。

    485b2300.jpeg分厚く切って、それをスキレットの上に乗せ火をつける。
    最初はチーズの周りの部分がユルンとゆっくりやわらかになり、徐々にブクブク。
    泡だってくる。
    それにかまわずずっとあっため続けると、トロンととろけてひっくり返せの合図になります。
    スクレーパーをつかってはがしてそっとひっくり返すとこんがり焦げて、まるでパンケーキみたいな色、姿。
    トーストを焼き一口大にそれを切り、お皿に並べてそこにトロッとチーズを移す。

    サクサクのパン。
    その香ばしさ。
    それにチーズのこんがりとした焼けた香りと、乳の旨みが容赦なく舌の上にてのたうちまわる。
    何も味は足してないのに、塩味、甘み、それに旨みが見事なバランス。
    まるで自分が料理上手になったかのように、たのしい勘違いをさせてくれる良き素材。
    感謝いたします。
    ありがとう。

    千切りキャベツ。

    149e3d0d.jpegキャベツ半個を千切りにして、水にさらしてキュキュッとしゃっきりさせたのをお皿にタップリ。
    山盛りにする。
    ビッグシェフのインド風ドレッシングをお供にします。
    カレー風味にヨーグルトっぽい酸味がたのしい、千切りキャベツにぴったりのこれ。

    昔、ダイエットをしてたとき、僕の主食はレタスかキャベツ。
    たいていは味をつけずに食べてた。
    でもたまに、欲求不満がたまるとキャベツを千切りにして、これをバシャバシャ、ほどこし食べるのが贅沢だった。
    それほど、おいしい。
    ぴったりきます。

    そして豚バラ。

    104bdb91.jpeg薩摩黒豚の薄切り豚バラを、油を引かぬフライパンでこんがりと焼く。
    綺麗な脂が透き通り、チリチリ、まるでフリルのようになるまで焼いて、余分な脂をキッチンペーパーで丁寧にとる。
    塩をふる。
    ごま油かけお皿にもって、これでメインのスタンバイが完了す。
    あとはパクパク、食べるのみ。

    食べ方簡単。

    千切りキャベツを焼いた豚バラでクルンと巻いて、一緒に食べる。

    0400ea40.jpegカリッと焼けた豚肉の端。
    プルプルとして、甘い脂に、シャキシャキ、キャベツ。
    ゴマの風味とドレッシングのカレーの味で、いくらだって食べられる。
    肉の脂をキャベツが吸い取り、脂っこさをほとんど感じぬ、薄切り豚肉の食べ方として、これが一番…、って個人的にはそう思います。
    ご飯のおかずには不適だけれど、お酒はすすむ。
    なによりみんなでパクパクシャキシャキ。
    少ない肉でおなかいっぱいにしてくれるのも、またありがたい。

    〆にチャーハン。

    46f6d2f1.jpeg今朝の残りのベーコン、パプリカ。
    細かく刻んで、フライパンでご飯とあわせる。
    それから玉子。
    溶いた玉子にオイスターソースをあらかじめ混ぜ、甘みと風味をつけたのをフライパンの中のご飯をちょっとよけ、空きを作ったその場所で油と一緒にフラッといためる。
    スクランブルエッグ状態になったところで、ご飯と一緒に混ぜ合わせ、塩と胡椒と削り鰹で味、調える。
    ゴマと韓国海苔を加えて、最後の風味を整えて、それでパクンといただきました。

    夜のご馳走。
    家ご飯。
    明日は日曜。
    一日、のんびりいたしましょう。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    近況報告
    只今、社長、絶好調!明日もありますが…。頑張ってます。
    変わり者ミダさん / 2009/06/14(Sun) /
    おはようございます!
    > 変わり者ミダさん
    すんごい時間の書き込み。
    社長の絶好調具合がビシバシ伝わって参ります。
    まだベッドの中でありましょうか?
    梅雨空、ぶっとばす勢いでがんばりましょう。
    サカキシンイチロウさん / 2009/06/14(Sun) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    カフェ・トロワグロ HOME 讃岐のうどんに立ち食い寿司に、フライドチキンで〆る昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]