忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    西新宿でちょっと昼間に用事があって、軽く食事をどこかでしよう…、と。

    158486c7.jpg西新宿の超高層ビル。
    こうしたビルを作るコトにまだまだ経験がなかった時代に作られた、だからそれだけ丹誠込めてビル独特の特徴だそうと商業施設の作り方にも魂こめた。
    三井ビルは、ニューヨークにあるロックフェラーセンター風。
    住友ビルは高層階をレストランに全面開放。
    中でもセンタービルはパティオを作って回廊風にレストランを配置して、とても気持ちいい空間作りをしていてたのしい。
    そこのどこかで食事でも…、とブラブラしてたらちょっと変わった看板発見。

    吉野家なのでありますけれど、従来タイプと違ったデザイン。
    従来型はオレンジ色と白色で、これはそこに緑が混じる。
    よりファストフードっぽいかな?
    あるいはコンビニエンスストア的なる安売り物販な感じを発信しているみたい。
    ランチタイムというコトもある。
    表にテーブルをおいてそこでテイクアウトの弁当売ってる。
    中もうけるとインカムつかってお店の中にオーダー通し、できたらお店のスタッフがそれをもって駈け出してくる…、チェーンストアはかつてこんなコトは絶対しなかった。
    オペレーションを崩す上、衛生基準も満たせぬやり方。
    そんな建前いっていたらば生き残れない、厳しい時代になったということ。

    ab9a6499.jpgお店の中は殺気だっておりました。
    豚を焼いてご飯に乗っけた、帯広風の豚丼が厨房の中の仕組みをかなり痛めつけているのでしょうネ。
    吉野家といえば、注文すれば待たずに出てくる。
    だって煮込んだ肉と汁をすくってご飯に乗せれば出来上がりという、外食世界でも最も優れて単純な、仕組みをもっていたのに今ではメニューが増えてその分、かなり待たせてしまう。
    これまた厳しい時代の現実。

    牛鍋丼をたのんで食べる。
    しかも追加のトッピング。
    豆腐としらたきを余分にもらって、それを牛鍋丼の上にのっける。
    牛丼らしさが薄まって、すき焼きご飯のようになる。
    とは言えタレの味は吉野家。
    甘み控え目で、出汁そのものはスッキリしてて肉の脂がコクを添えるというレシピ。
    …、なのだけどいかんせん、肉の量が少ないためにこれはさっぱりしすぎてる。
    豆腐に味が染み込んでいないところもかなり残念。
    並盛りご飯をこれで全部食べるのって、ちょっと無理があるボリューム感。
    やっぱりココは牛丼だなぁ…、ってしんみり思う。
    そうそうそれからお店の中が、豚肉焼いた匂いが溢れて牛丼らしき匂いがしない…、自分らしさを忘れるほどに他のお店の真似をしなくちゃいけない状態…、それって本当にいい政策かって心配になる、そんな昼。



    関連ランキング:牛丼 | 都庁前駅西新宿駅新宿西口駅



    カフェ・ベローチェで抹茶ラテ。

    cvml.jpg軽くココで打ち合わせをってひさしぶり。
    外は冷たい。
    手までが寒い。
    それで温かい飲み物を飲んでみようかと思いもしたけど、やっぱりここでは抹茶ラテ。
    しかも冷たいモノが飲みたくなってしまう。
    抹茶のラテを出す店は沢山あって、でもここが唯一、甘くは無いのを作ってくれる。
    砂糖のような安定剤を使わず作る。
    それでも抹茶の粉とミルクが分離せぬようかなり独特の作り方をしているんでしょう。
    ポッテリ重たい。
    喉にヌルンとしがみつくようなイガイガ感を感じるほどで、お腹に溜まって充足感すらあるこのレシピ。
    一旦冷えると、ずっと温度が持続する。
    お腹の中も涼しくなって、分量以上の充足感を味わうコトができる飲み物。
    なぜだかたまに飲みたくなってしょうがなくなる。

    あっという間にあっさりできる。
    氷で満たしたグラスにササッと予め作っておいたコレを注いで冷やすだけ。
    一緒の人がたのんだラテは、プシュープシューとスティーム使って本格的に作ってる。
    その丁寧をうらやましいなぁ…、って思いつつ、けれどやっぱりこの簡単がボクは好き。

    それにしてもカフェ・ベローチェって不思議な存在。
    オシャレ感とか、緊張感とか、グルメ感すら一切発さぬユルユル、弛緩しきった雰囲気。
    大型喫茶店的のどかな空気が満たした空間、それからサービス。
    ここに来るとき、何も期待しないですんで、だから心置きなくボンヤリできる。
    期待されぬところがいい…、って変な褒め方、オモシロイ。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    同感です
    週1回位の割合で、新宿の花園神社の近くにあるベローチェを利用しています。
    確かにおしゃれでもなんでもないお店なのですが、店員さんも穏やかだし、お掃除もちゃんとしているから居心地がいいし、こっちの気まで緩んできます。
    都会のゆるキャラ喫茶であって欲しいです。
    さとこさん / 2011/12/26(Mon) /
    ゆるキャラ
    > さとこさん
    ゆるキャラ喫茶。
    うーん、すばらしくこのチェーンにあった言葉だと思います。
    良すぎない。
    気張り過ぎないほど良さが、ノンビリするのにピッタリだって思います。
    サカキシンイチロウさん / 2011/12/26(Mon) /
    Yoshinoya USA
    こんにちは。

    今から17-8年前、甲州街道沿い、永福町のあたりをずっと過ぎたところ(だと思いました)にヨシノヤUSAというお店がありました。内装は明るく、マックのようなカウンターでの対面販売方式。店員さんはインカムをつけていて、牛丼を1杯注文すると、お店いっぱいに「ビーフボウル ワン プリーズ!」と元気の良い声が轟く・・・。
    なんだかとても居心地が悪く、2回ほどで行くのを止めてしまった記憶があります。因みに、「チキン ボウル」という商品もありました・・・。
    今考えれば彼らは時代を先取りしていたのかも知れませんよね・・・。
    因みに因みに、僕の今のお気に入りは吉野家にそば屋が併設されている形態が好きです。あまり見かけませんが、もっと増えればいいな、と勝手に思ってます。(笑)
    だいすけさん / 2011/12/27(Tue) /
    ありましたありました!
    > だいすけさん
    ヨシノヤUSA。
    ありましたねぇ…、神保町にも一軒あって、ココは結構しぶとくがんばっていました。
    吉野家というブランドと、アメリカンスタイルのミスマッチが個人的には好きだったんだけど…。
    もう少しがんばっとけばもしかしたらもしかしたのかもしれません。

    そば併設の業態。
    かなり真剣に展開を計画したようですが、なかなか。
    やっぱりオペレーションが乱れるコトを嫌う会社のようですね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/12/27(Tue) /
    ヨシノヤUSA!
    横レスです。
    ヨシノヤUSA、世田谷の桜上水ってトコにありました。
    17年ほど前に近所に住んでたので
    何度か行った事あります。
    懐かしいなぁ…
    今も店舗はそのままありますが、
    普通の吉野屋と化してますよ。
    まりおさん / 2011/12/27(Tue) /
    17年も前!
    > まりおさん
    そんなに前のコトになるんですね。
    なつかしい。
    今、もう一度やってみればもしかしたらいいかもって思いますけどね。
    サカキシンイチロウさん / 2011/12/28(Wed) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    ベラノッテ HOME ケンタッキーでおむす人
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]