忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    09 2019/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    今日は小さな打ち合わせがあり、朝を外でとモスに来る。

    mosoup.jpg近所の喫茶店でと思いもしたけど、やっぱり連休。
    お休みだった。
    四谷三丁目から、新宿御苑にかけてはヒッソリ。
    しかも朝から肌寒く、なんだかシンミリしてしまいそう。

    ところでモスはひさしぶり。
    確か「旨辛なんとか」って新商品をやっていたはず。
    それでもためしてみようかと、やってきたけどもう終わってた。
    今、ファストフードは「新商品」を売り出す自信と勇気をなくしてる。
    だから代わりに「季節商品」「限定商品」。
    プロモーションと抱き合わせにして、お客様から飽きられぬよう小刻みに。
    機敏な商品開発姿勢、と言えば聞こえはいいけれど、化けの皮が剥がれぬ前に、撤収しようって感じがしちゃう。
    ましてや「新定番」を地道に育てるなんて、とんでもない?
    そう考えるとマクドナルドはまだましかなぁ…、って思いもします、なやましい。

    まずはコーンスープとアイスティー。
    これは定番。
    特にココのコーンスープは昔ながらの甘くてポッテリした味わいで、クルトンがぷかぷか浮いているのも昔的。
    電子レンジでチンするタイプで、だから器までもが容赦なく、熱々以上のあつあつになっているのがちょっと難儀なところでしょうか。

    a91b9be2.jpegふうふうしながら小さなスプーンですくって食べる。
    それにしてもなんでココのスープにはティースプーンが付いてくるんだろう。
    スープは食べる料理であって、カレーライスやシチューと同じ。
    カレーライスをティースプーンで食べさせるなんてまずありえない。
    コーンスープはまだましとして、クラムチャウダーを小さなスプーンで食べるとちょっとイライラしちゃう。
    スプーンでグルグルかき混ぜて、スープの温度を下げてゴクリとカップにくちつけ飲み込んでみる。

    テリヤキバーガー。
    モスで一番好きな商品。
    定番中の定番でしょう。
    フッカリとしたやさしいバンズ。
    シットリとしたツクネのごときやさしいパテ。
    トロンと甘辛、みたらし団子のタレのようなやさしいタレと、どれをとってもとてもやさしい。
    レタスがパリパリ、シャキシャキで前歯で潰れるその食感が新鮮、とてもみずみずしい。
    全体的に和風な味を酸味の強めのマヨネーズで、洋食的に仕立てているのがとてもたのしいオキニイリ。
    オニポテセットにして食べる。
    ツルンと中の玉ねぎが、とろけてあまくてなめらかな、オニオンリングのおいしいコト。
    フレンチフライもほくほくしてて、昔からあるこうした料理の当たり前にして至極完成度の高いところに、ウットリします。

    それからスパイシーチリドッグ。

    mosdog.jpg一時期、無くなってしまっていたウェルカムバックな料理であります。
    ホットドッグはずっとあった。
    チリドッグも途切れずあって、けれどこれに限らずスパイシー系の商品が合理化のため一掃されたコトがあった。
    かわりにスパイシーソースが別売りになってそれをかければいいでしょ…、って。
    ハラペニョを刻んだモノをベースにした、たしかに辛くてスパイシーなソースではあったけれどもそれとこれとはまるで別物。
    やっぱり戻ってやってきた。

    酸っぱいハラペニョ。
    しかもクチャっと前歯で崩れるその瞬間は、ひやっと冷たい。
    なのにその後、口の中にて驚くほどの鋭い辛味を発揮して、ビックリするのがこれのおいしさ。
    ヒーハーしながら、それでも食べるのやめられず、唇までもを真っ赤に腫らして食べ上げる。
    爽快感に似たおいしさに満ちた一品。
    一時期細くなってしまったソーセージも、太めに戻った。
    プチュンとした歯ごたえ、口をみたす充実感とも昔のまんま。
    ただどうだろう。
    チリソースだけがコクをなくした。
    エキゾチックな香りも少々、おだやかになりちょっと残念。
    なぜだろう。
    ソーセージの上に4切れ並んだハラペーニョ。
    ギッシリ肩寄せ合うように並んだそれらを、ひとつずつ離しておいて、ひと噛みごとにもれなく一切れを食べるよう食べるとちょうどほどよく口に収まっていく。
    お腹を満たして、さて打ち合わせの準備する。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    スパイシ〜
    ぼくにとっては
    モスのスパイシ〜は
    ホットチキンバーガーなり

    青春の味

    まさにそんな感じであります

    昨年の復活はとてもうれしく
    なんども足を運んで
    たべてみたのです

    なにかが足りない…

    そんなものなのでしょかね

    スパイシーチリドック
    ぼくも大好きです!



    ネコスタさん / 2011/05/03(Tue) /
    ホットチキン
    > ネコスタさん
    ホットチキンって、細かなパン粉で揚げたチキンカツと、刻んだトマト…、って組み合わせのでしたっけ。
    ボクも大好き。
    クチュんとしたチキンの歯ごたえが未だに忘れられない味です。

    昔好きだった料理って、その思い出がどんどん頭の中で膨らんでくるんでしょうね。
    どんなにおいしくても、なんだか違うって思ってしまう。
    まるで恋心みたいなもの…、って思ったりします。
    サカキシンイチロウさん / 2011/05/03(Tue) /
    ラッシュアワーなシズラーの昼 HOME 串揚げ・弁松・エトセトラ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]