忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    夜をちょこっと串揚げにする。
    最近、オキニイリになってしまった「串あげや月光」というお店。

    bdbcf931.jpeg新宿御苑の近所のビルの地下の中。
    特別目立つわけでもなく、大々的に宣伝しているわけでもなくて、でも来るたびしっかりお客様が入ってる。
    どんなにこんでいても大抵、最後のひとテーブルが残っていて必ず座れる。
    次に来る人は待つことになるんだろうなぁって思っていたら、不思議なことに誰かが「お勘定」って言って出ていって、直後に誰かがまたやってくる。
    いい居酒屋とかいいバーとか。
    あるいはいいカフェっていうのはそうしたリズムをもっている。
    ココも多分、そんなお店でなんだかのびのび気持ちがやすらぐ。

    串揚げを、とりあえず10本下さい…、って言って任せる。
    やってきたのはレンコン、しいたけ、グリーンアスパラ。
    豚バラ肉に赤ウィンナー。
    チーズのベーコン巻きやイカ、タコ、ヤングコーンとなぜだかどれも食べたかったネタ。
    なぜなんだろう。
    食べたいものがまるでお店の人に伝わったみたいな感じで、ますます好きになっていく。
    カラッと揚がった串揚げは、揚げているのに不思議なほどにサッパリしてる。
    食べてもお腹が重たくならず、油がとてもいいのでしょうか…、お店の中にも油の匂いがこもっていない。
    地下なのに。
    お店に入った瞬間も油の匂いがしない、揚げ物の店って思わないほど空気が旨い。

    21d7ce90.jpeg豆腐を揚げてもらいます。
    絹ごし豆腐。
    ついさっきまで冷蔵庫の中で休んでた、ただただ普通の豆腐を揚げる。
    一口大に切ってカラッと。
    豆腐の中から水気が油に飛び出して、だから無数の穴が豆腐にあいていて、それがサクサク。
    前歯で破裂するようになる。
    ところが中はプルプル、見事にみずみずしくてこれは豆腐だったんだってやっぱり思う。
    豆腐の旨みがギュギュッと凝縮されていて、そのまま食べても十分旨い。
    今日は他のつまみをとらず、串揚げ、それから豆腐の厚揚。
    それ以外はお通しでつくサービスの、キャベツをパリパリ。
    口の中の油をぬぐって、サッパリさせる。
    長い夜の一軒目、軽く飲むのにこうしたお店があるのはステキ…、ありがたい。

    それにしてもこの店のお客様って、みんな一癖、二癖あって、新宿外れの怪しい空気をみんなプンプンさせている。
    色っぽいお店を経営しているおじさんかなぁ…、4種類ほどの銘柄のタバコの箱をうず高くつみひっきりなしにとっかえひっかえ吸って煙をプカプカ吐く人。
    オレは絶対、天下とったるって、どんな天下か知らないけれど熱く未来を語る日本語上手なラテン系の大きなオジサン。
    そこに混じってボクが決して浮いてないのが、またご愛嬌。

    ササッと食べて、ササッと飲んで、それでテクテク、お部屋に帰る。
    そして〆を弁当でとる。

    b46163cc.jpeg仕事途中でもらった弁当。
    日本橋の仕出し弁当「弁松」の折り。

    本当は、多分、誰かのお昼ごはんになるはずだった。
    けれど一個残ってるからって、他の弁当だったら頂戴とは言わないけれど、これは別格。
    濃い味付けの煮付けがメイン。
    だから温度管理に気を付けなくても、十分、半日くらいはもつ。
    質実剛健、素朴な姿形に盛り付け。
    だから、慎重に持ち運ばなくてもいいのもとてもありがたい。

    ところで先日、渋谷の東横のれん街を歩いていたら「辨松」って売り場があった。
    あの弁松かって思って見たら、折の中身がまるで違った辨松だった。
    どうしたんだろう…、とあとで調べてみたらばなんと、木挽町にも辨松があり、日本橋の弁松とは別物だって初めてしった。
    いくつになっても勉強できる…、街はステキな教室だって思い知る。

    野菜の甘煮、生姜の辛煮というのがココの二枚看板。
    甘辛煮って普通はいうとこ、ここの野菜は甘煮というのにふさわしく、本当に甘い。
    もともと甘い九州のがめ煮に砂糖をまぶしたような、そんな甘さでそれがおいしい。
    一方、生姜の千切りを醤油だけで煮込んだ辛煮。
    その両方で、ちょうど味のバランスとれる。
    魚の照り焼き、玉子焼きと和食の弁当に必ず入ったモノばかりにて、けれど味はどこにもない味。
    一度食べると癖になる。
    スベスベとしたご飯もおいしく、テレビを見ながらジックリ時間をかけて食べるのにこれほど適した弁当は無し…、そう思いつつの夜とした。

    ところでこれ、スゴイです。
    モノトーンの何の変哲もない部屋が、一瞬にしておしゃれな部屋になってしまう。
    まずは動画をご覧下され!

    Living Room from Mr.Beam on Vimeo.


    事前にプログラムされた3D画像を、2台のプロジェクターで投影しているだけというのだけれども見事。
    ちょっとしたショーのようでもあってたのしい。
    まぁ、ココに実際、身を置くと自分の体に絵が映っちゃうから実用的ではないんだろうけど、家具のショールームなんかで模様替えプランを体験させる。
    カタログだったりデザインパーツでイメージできない立体感や奥行きを、感じながらインテリアプランを確認したり、作ったり。
    できたりするといいだろうなぁって思ったりした…、オモシロイ。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    串揚げ、大好きです。2度つけはダメなんですよね。1回で、いかにちょうど良い量のソースをつけるかが難しいところ。
    チキンさん / 2011/05/02(Mon) /
    そうなのです
    > チキンさん
    一回勝負でパシッと味が決まるととてもうれしくなりますね。
    足りないソースはキャベツでつける…、って言う裏技を聞いたこともあります。
    サカキシンイチロウさん / 2011/05/03(Tue) /
    定番モスの定番な朝 HOME ワンコインのステーキの昼
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]