忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    打ち合わせをかねてミスタードーナッツ。

    ce10f629.jpegファストフードのアイスコーヒー。
    あるいはコーヒーはおいしくなった。
    マクドナルドやケンタッキー…、大手どころはみんなプレミア性をうたって専門店に行かなくってもってアピールしてる。
    たしかに一昔前の、インスタントコーヒーとどこが違うの?みたいな感じのコーヒーなんかとは、まるで別物…、おいしくなった。

    2年ほど前。
    おそらくとても早いタイミングで、このミスタードナッツがアイスコーヒーをおいしくしたのがキッカケだったような気がする。
    もともと凍らせたコーヒーにミルクをいれて飲ませたり、喫茶店的飲み物世界を取り入れていたりしたチェーン店。
    ココのこのアイスコーヒーを飲むとなるほど、やっぱりおいしい。
    クセがなくってゴクゴク飲める…、なのに香りがシッカリしてて飲みごたえが十分あるっていうのがたのしい、オキニイリ。

    7286a319.jpegそもそもドーナツ。
    一番おいしい食べ方は、コーヒーの中にドボンとつけて柔らかくしてから食べるというモノ。
    だから昔、日本にもあった「ダンキンドーナツ」ってチェーン店の名前の由来は「ドボンとつける」。
    バスケットのダンクシュートがゴールネットの上からドボンをボールを投入するように落としこむコトであるように、ダンク=ドボンであります。
    ドーナツにつきものの油と甘みをコーヒーの苦味と酸味が引き立て、同時になだめてくれる、良いパートナーというコトなのでありましょう。

    エンゼルフレンチクルーラーをお供にしました。
    ミスタードーナツのドーナツで、一番サクサク、軽い仕上がり。
    中にタップリ、ホイップクリームが入っているのに、まるでそれが気にならないほど軽くてサックリ。
    ところが口の中でトロトロトロンととろけ、舌の上をすべるようなクリーム状になっていく。
    甘みもシッカリしていてなのに、キレが良くって後に残らない。
    だから気づけば一個がすんなり、お腹の中におさまっている。
    家で作って食べるドーナツはもっとガシッと頑丈な、サーターアンダギーみたいなモノがデフォルトで、だからはじめてダンキンドーナツで、こうしたサクサクトロトロのドーナツ食べたときにはたまげた。
    あぁ、コレがアメリカなんだ…、ってビックリしたね。
    今でもお外で買って食べなきゃいけないモノの、ひとつでもある、オモシロイ。

    08211c55.jpegちなみにこの店。
    新宿の区役所通りの入口にある小さなお店。
    分煙制のお店なんだけど、窓辺のとても気持ちいい席が全部喫煙席になっている。
    禁煙席は階段周りの暗くてかなり窮屈な席。
    街でタバコを吸うのはかなり大変。
    吸う場所探しに難儀する。
    だからこうした優遇策も悪くないかと思いもするけど、タバコを吸わぬボクとしてはやっぱり残念。
    ココの窓から眺める景色。
    花園神社の境内から続く街路樹の緑越しに、ビルを眺めるなかなかステキな眺望。
    スモーカーに独り占めされるには勿体無くてしょうがない。

    飲食店の構造的に、実はよくあるコトなんですね。
    厨房に近いところではタバコを吸ってほしくない。
    厨房という場所。
    大抵、お店の奥にある。
    だから自然と厨房に近い奥のスペースが禁煙席になっちゃって、厨房から遠い、つまり外に近いところが喫煙席になるという、かなしい現象。
    外からお店の中をみると、煙たなびく喫煙席しか見えぬという、それじゃぁ、イメージダウンだろうよ…、と思うようなお店が結構あったりします。
    考えなくちゃいけぬコト。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    昭和な風景
    新宿の区役所通り入り口のミスド。ここを靖国通りの反対側から眺めると、いつも店の右側の路地から出て来ていた都電を思い出し、あんな狭い所をよくも通っていたものだと遥か昔のことなのに、つい思っちゃいます。
    そして、あのミスドのお店がオープンした時の記念に配っていたお皿は未だに我が家の猫の餌皿として活躍していますし、二つ前のエントリーの志乃多寿司は小学生の時の初バイト(本屋さんの棚卸の手伝い)のお弁当でした。
    今日は昭和の思い出を沢山思い出して、風邪薬で眠い頭がスッキリしました。ありがとうございます。
    波留さん / 2010/12/01(Wed) /
    新宿という田舎
    > 波留さん
    今でこそまるで東京のど真ん中のような大きな顔をしている新宿。
    昔は都会のハズレの田舎じみた場所だったのでしょう。
    このお店の脇からずっと細い道を抜けていくと、かつて「新田」と呼ばれていた場所に出る。
    ゴルフガーデンと文化センター以外なにもなかったその場所にも、今、大きなマンションが完成しようとしています。
    昭和の記憶。
    なくしたくないと思いながらも、いろんなところでなくなり始める。
    ちょっと切なくなっちゃいました。

    風邪が流行っているようです。
    ご自愛されてくださいね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/01(Wed) /
    無題
    こんばんは。お久しぶりのコメントさせてもらいます。
    先日、私も喫煙場所に関してちょっと意見してしまいました。
    うちの会社、喫煙所はビルのものとあわせて3つあるんですが、
    休憩所がひとつもないのです。
    これって当たり前の光景なんでしょうかね?
    非喫煙者は外の喫茶店でお金をかけて休憩しろってことで。。。
    いやいやそもそも就業時間中に外の喫茶店になんていけませんからして
    非喫煙者は休憩息抜きするな、ってことで・・・って
    どこが喫煙者につらい世の中なんだよって思ったりしています。
    ああなんだか愚痴になっちゃってごめんなさい。。。
    電マニさん / 2010/12/01(Wed) /
    無題
    ドーナツをコーヒーに浸して食べるといえば
    「或る夜の出来事」のゲーブルですね。
    あの映画観るたびに、真似したくなります。

    ドーナツにコーヒー、オレオにミルク。
    幸せになるコラボレーションですよね。
    T.S.Garpさん / 2010/12/01(Wed) /
    マジョリティーを超えた何か
    > 電マニさん
    禁煙、喫煙に関してマジョリティーは間違いなく禁煙者であるはずなのだけれど、不思議なほどに喫煙者が優遇されているように思いますよね。
    おそらく、決裁を下す人が喫煙者であることが多いからなんでしょう。
    多数決原理とは異なる力。
    なんだかなぁ…、って思いますよね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/02(Thu) /
    男もすなる
    > T.S.Garpさん
    ドーナツ=スイーツって、そんな常識がずっと日本にはありました。
    オトコもすなるドーナッツ。
    クラーク・ゲーブルが食べるとドーナツもセクシーな食べ物に感じてしまいます。
    あぁ、夜中にまたドーナツが食べたくなっちゃいました。
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/02(Thu) /
    懐かしの
    ここのミスドは区役所通りでホステスさんをしていた頃、よく行っておりました・・・懐かしい☆甘いものが苦手でプレーンマフィンばかりを注文。でも飽きない。ほんのり温かでバターと合うんですね。なんだかまた食べたくなりました。
    balinanaさん / 2010/12/03(Fri) /
    場所柄
    > balinanaさん
    ここのお店は、時間帯によってお店の雰囲気が変わっていくのがとてもたのしく、ボクは大好き。
    朝早い時間帯のまったりした時間。
    夕方のなにかざわざわした雰囲気もまたたのしくて、一日中いてもいいなぁ…、って思うほどです。
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/03(Fri) /
    ■ この記事のトラックバック
    この記事にトラックバックする:
    渋谷のカウベル、牛肉食堂 HOME 師走のはじまり
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]