忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    渋谷でランチ。

    cow.jpgカウベル」というお店にきます。
    ちょっと背伸びした大人ランチをたのしめる場所って、渋谷の街には少なくて重宝するのがビストロの昼。
    ワンプレートランチで有名なコンコンブルかカウベルという店。
    どちらもフレンチ。
    コンコンブルはオーセンティックはフレンチビストロ。
    同じ経営ではあるのだけれど、このカウベルは牛肉をテーマ食材にしたお店。
    場所はマークシティーの裏側あたりで、再開発がなされるまでは、渋谷の中でも町外れ感がかなり色濃く漂う通り。
    今でも近所に目立つのは居酒屋、或いはラーメン屋。
    渋谷というより、亀有だとか錦糸町の路地裏あたりって感じがする場所。
    力のぬけた雑多な感じが決して嫌いじゃない場所なんだけど、フランス料理を食べに行きましょう…、ってそんな気持ちにはなかなかならぬところに出店。
    かなり勇気がいったでしょうネ。
    けれど、飲食店という商売。
    特におなじみさんを相手にできる、ワザワザ行くのにふさわしい店にとって立地は二の次で、だからいつでもココはお客様でにぎわっている。
    今日もほとんど満席で、ボクの席はカウンターの隅っこの席。

    d756babb.jpeg「牛肉食堂」と入り口脇に書かれてるとおり店の雰囲気はとっても気さくで気取り無い。
    テーブル3つ。
    あとはカウンターという店で、どこに座っても厨房の中の様子がわかる。
    料理ができる気配と音と香りが渦巻く、おいしい空間…、悪くない。

    料理もほとんど牛肉料理。
    フランス料理で肉といえば仔牛や鴨が贅沢食材の代表で、牛肉といえばちょっと大衆的な位置づけ。
    カフェのランチの定番のビーフステーキや、家庭料理のポトフや煮込み。
    普段着使いの日常食の食材って感じがしちゃう。
    けれど日本で牛肉といえば、やっぱり肉の王様で、期待感はかなり高まる。
    夜はドッシリとした煮込みが中心。
    昼は簡単にササッと炙った料理がメイン。
    牛肉素材の料理が3つ…、魚の料理と今日の料理がひとつづつあり、それをメインに選んで定食にしてもらう。
    もし懐と胃袋に余裕があれば、メインを二つ選んで贅沢に盛り合わせとしゃれることもできる仕組みで、今日は豪勢に盛り合わせ。

    f962539a.jpegミンチステーキのグリエという、ココの定番中の定番。
    それにスズキのポワレをもらう。
    メインの料理と付け合せをなす温野菜とサラダにピラフ。
    それが銀のお皿にのっかり、スープとパンとデザートが大きな銀のトレーにのってやってくる。
    ヨーロッパの昔の映画で、執事が朝をベッドの上にもってくるような恭しくもゴージャスなプレゼンテーションがなんだかステキ。

    料理のひとつひとつは丁寧にして見事な出来栄え。
    牛肉を包丁でタンタン叩いてミンチ状にしてそれをパテに固めて焼く。
    ハンバーグのように見えるけれども、混ぜ物はゼロ。
    肉と肉が互いに必死にしがみつき、パテの状態に形作ってて弾力、味わい、噛みごたえ。
    どれをとってもステーキ的。
    噛むとジンワリ、肉のうま味がにじみだしてきて顎がおいしく味わっていく。
    酸味をほんのり利かせたソース。
    塩は控え目、肉のうま味を邪魔せぬ程度の味付けが「肉を食べてる」って気持ちをかなり盛り上げる。
    スズキのグリエはほどよい感じ。
    どちらもフライパンじゃなくって鉄板で調理する。
    だからカリッと表面こんがり仕上がっていて、中はフックラ…、味わい深い。
    パラパラとしたピラフも上等。
    最小限のドレッシングで口の油をぬぐってくれるサラダもちゃんとフランス料理。

    c7da0dcc.jpeg定番デザートのパンペルデュ。
    パンの中に玉子のうま味がタップリ染みこみシットリ、フルフル。
    まさにパンで作ったプリンのような風合い。
    料理を終えると、コーヒーカップをトレーの上においてくれ、コーヒー注いでくれるのがまるで機内食のようでたのしくていい。
    そうそう、スープ。
    今日のスープはニンジンのピュレで作ったポタージュ。
    それそのものもとてもおいしく出来ていたけど、上にちらしたクルトンがシナモンブレッドを焼いて作ったもので香りがポワンとたのしい。
    これはなかなか良い工夫…、どっかで真似してみようと思った、オゴチソウ。

    ちなみにこの店。
    まわりの人が「やめてください」と言ったら禁煙です、って書いた札がテーブルの上にさりげなく置かれているのに関心します。
    これを「お店の人が判断をさけお客様の自由にさせた」と感じるか、それとも「この店には他人に迷惑をかけてまでタバコを吸う人に来てほしくない」というやわらかだけど力強いメッセージだって感じるか。
    後者の人で満たされる、店ならタバコも煙くない…、というコトなんでしょう、勉強す。

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    無題
    銀のお皿に銀のプレート、素敵デスねo(^▽^)o
    この写真だけみてると、日本のお店ではないようです。
    lovekuma69さん / 2010/12/01(Wed) /
    ガッツりエレガント
    > lovekuma69さん
    料理そのものはガッツりとした男性的なモノなのに、こうして提供されるととてもエレガントに感じます。
    たしかに日本離れした光景。
    トレビアンって感じですね。
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/02(Thu) /
    無題
    そのメッセージには見覚えが!!
    さては新宿三丁目のクレッソニエールも系列ですね。
    riechanueさん / 2010/12/02(Thu) /
    そうです。
    > riechanueさん
    そうです。
    新宿三丁目のクレッソニエールは、スズキのピカタが大いにオキニイリで、たまに無性に食べたくなります。
    ここのグループは、安くてクオリティが高いビストロの鑑のようなお店って思います。
    サカキシンイチロウさん / 2010/12/02(Thu) /
    マクドナルドなモーニンの朝 HOME ミスドのクルーラー、喫煙席
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]