忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    マクドナルドで朝を食べるという今朝のコト。

    43621ffd.jpgホットドッグを食べたくなりまして。
    たまに無性にたべたくなる。
    マクドナルドはもともと好きなブランドなんだけど、今の日本の外食のあんなコトとかこんなコトとか、悩ましい現実を作った張本人の一人なんだと思うとあんまり寄り付きたくない。
    でも今日は、朝早くからちょっと移動の仕事があった。
    便利を求めて、それでマクドナルドにやってくる。

    実はボクが大学生の頃。
    ボクのとても親しい友人のお父さんが、マクドナルドの上級役員をやっていた。
    まだ今のように日本を代表する外食企業ではなく、アメリカからやってきたばかりのベンチャー気質とやる気、情熱に道溢れている若い会社。
    自身がしている仕事を、家族にも伝えたくてしょうがなかったのでしょう。
    いろんな話を彼から聞いた。
    計画通りを実現しないと、働く人がシアワセになることなんて出来ないんだ。
    働く人の努力が正しく報われるよう、働くコトを「科学」する。
    おそらく今の日本で一番、合理的に働きながらお客様を喜ばせるコトを、マクドナルドは知っている。
    従業員を大切にする気持ちも一流で、例えば店長の奥さんの誕生日にはバラの花束が送られるんだぞ…、って、たしかにそんなコトをやってる飲食店は当時はなかった。
    そして当時のマクドナルドには「アメリカの夢と誇り」があったようにも感じられてた。

    027332f8.jpgけれど今では、「アメリカの夢の歪」のように見えちゃう。
    かつて、アメリカの白人中産階級の人たちが集ったマクドナルドも、ニューヨークみたいな大都市圏びマクドナルドは治安よろしくない場所の目印みたいになってしまった。
    安さに溺れた結果なんだと言われたりする。
    今日も、ビバリーヒルズバーガーとブロードウェイバーガーの告知のチラシを手渡されたけど、そこにビッシリ、クーポン券が印刷されててもうココは、「夢を売るより安さを売る」のが得意な店になっちゃったんだと。
    そもそもマクドナルドのハンバーガーがビバリーヒルズとかブロードウェイとかを名乗る不自然。
    ちなみにビバリーヒルズの周辺にはマクドナルドはあるけれど、ビバリーヒルズそのものにマクドナルドなんてありゃしないしネ…。
    ボクがビバリーヒルズだったら名前を勝手に使うなよって怒っちゃうかも(笑)。

    とは言え、不思議なほどにココのホットドッグは独特で、ムチュンとおいしい。
    パンがフックラ。
    蒸したように仕上がっていて、シットリしてる。
    同じくシットリしたソーセージは、噛むとプチュンとやさしく歯ぎれる。
    きめ細やかなひき肉が、肉で作ったかまぼこみたいな感じがするのがオモシロく、パンと一緒に食べるとひとつに馴染んで旨い。
    ケチャップ、それからマスタード。
    マスタードの中にはプチプチ、刻んだ玉ねぎの食感があり、ニューヨークの屋台で売ってるホットドッグに近い感じがしてオキニイリ。

    ed372a76.jpgハッシュブラウンも、ジャガイモがなんでこんなにおいしくなるんだろう…、ってウットリするほどおいしく、朝から油を飲むように。
    体に悪いと思いながらも、やめることができないおいしさ。
    ホットドッグのケチャップを、少々借りてパクっと食べる。
    カリッとたのしい食感と、中のスベスベしたとこのコントラストがおいしくて、焦げた苦味が目をさまさせる、オゴチソウ。

    ミルクを飲みます…、ロナルドがにこやかに笑顔ふりまく四角い箱に入ったミルク。
    ストローさして、チュチュっと飲むと朝の元気がお腹にススッとやってくる。
    今日の朝のひと揃え。

    ボクの向かい側に座った紳士。
    ぬんめりとした見るからに上等そうなダブルブレストのチェスターコートを脱いだらラベルはダンヒルで、それを無造作にポンッと椅子の背に置く。
    体にぴたっとよりそうように仕立てられたスーツも上等。
    フランス鞄に機械式のスイス時計と、裕福を絵に描いたような紳士でだから、別にマクドナルドで朝ごはんを食べなきゃいけない経済的な理由はないのだろうけど、とてもうれしげにエッグマフィンを食べていた。
    値段を超えた価値がある…、と考えればいいのか、安さをムジャキにたのしむ自由と思えばいいのか。
    あるいは日本人の「無階級的ライフスタイル」のあらわれと思えばいいのか。
    なんだかちょっと不思議でそしてオモシロイ。

    ところでちょっとした気付きの今日。
    2aeb28de.jpgマクドナルドのトラッシュボックス。
    不燃・可燃に分かれているんだけどその表示がちょっと変わってて「燃やすゴミ・燃やさないゴミ」って区分になってた。
    普通は燃える・燃えないなんだけど、確かに世の中のモノってその気になればたいていのモノは燃えちゃうワケで、ゴミの分別は明確な意志をもって、燃やさないかどうかを判断する行為なんだと、そんな当たり前を教えてくれる。
    前からずっとこうだったのか…、それとも最近こうなったのか?よく分からないけど感心しました、今朝のコト。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    マクド
    マックフライポテトがずいぶんお求めやすくなったようで

    うちの母と妹はあのマックフライポテトがとても好きで
    あれだけ買ってきて食べてたりしました
    モスとかのだと駄目だったようで
    やっぱりなんというかB級?の持つある種の訴求力って
    本能的なんだろうなぁと
    思いますね
    佐藤Rさん / 2012/02/22(Wed) /
    ポテト
    > 佐藤Rさん
    揚げたてのモノのおいしさで言えば、ケンタッキーフライドチキンのポテトが一番おいしく感じる。
    けれど、ポテトのおいしさというより、フレンチフライらしい風味という点ではマクドナルドのモノにまさるものはありませんな。
    マクドナルドはエグイほどのフレーバー作りが上手とほとほと感心します。
    サカキシンイチロウさん / 2012/02/22(Wed) /
    燃やさないごみ
    高性能な炉の場合、プラスチックが入っていると高温が出やすい(燃えやすくなる)そうです。

    だから、燃やさないごみなんでしょうね。

    mio さん / 2012/02/22(Wed) /
    地域によっては
    > mio さん
    燃えるゴミの定義も違うようでもあります。
    だから燃やすゴミ。
    とても合理的で、しかも同時に考えさせられる表記法。
    感心しました。
    サカキシンイチロウさん / 2012/02/22(Wed) /
    23区だと...
    プラスチックは燃やすようにって、たしか3年くらい前に分別の方針が変わったはずですけど、ファストフード店でそれに合わせて変更したところって、まだ1つも見たことないんですよね。
    ゴミ減量っていうなら、都が助成してでも徹底すればいいのにっていつも思います。
    ほへさん / 2012/02/22(Wed) /
    たしかに
    > ほへさん
    こうして分別されたゴミが、どのように処分されているのか。
    気になりますよね。
    行政に応じてというのもなんだか不思議なコトですし。
    サカキシンイチロウさん / 2012/02/22(Wed) /
    日本はやっぱりいいなあ
    サカキさんのおっしゃる通り、「無階級的ライフスタイル」ができる国って、いい国だと思います。階級や差別がないのってほんと大切なことです。
    はっちさん / 2012/02/22(Wed) /
    私たちの心の問題
    > はっちさん
    その無階級性が、無責任とはいき過ぎた平等主義にならぬよう、ときに、ノブレス・オブリージュを発揮できるような心の豊かがあれば最高と思います。
    サカキシンイチロウさん / 2012/02/22(Wed) /
    そうですね
    確かに。気高く生きるって難しいなあ。ノブレス・オブリージュって言葉、初めて知りました。ふむふむ。
    はっちさん / 2012/02/23(Thu) /
    自分らしさに責任をもって
    > はっちさん
    人はそれぞれ、自分が生きるべき世界があり、そこで果たせべき責任がある。
    そんな風に思います。
    僕自身、大した責任を果たしているわけではありませんけれど、でも心がけたく思います。
    サカキシンイチロウさん / 2012/02/23(Thu) /
    一滴八銭屋 HOME ボゴノヒ
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]