忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • カレンダー
    10 2019/11 12
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    昼を新宿でうどんを食べる。

    ih.jpg一滴八銭屋というお店。
    愛媛県出身のご主人が、讃岐うどんをベースにつくった創作うどん。
    昼は定食。
    夜は居酒屋。
    そして〆はうどんをどうぞという、今となってはいろんなところにあるスタイルを作った先駆け。

    できた当初はかなりヘビーローテーションで使ってた。
    昼も夜も。
    夜の料理もうどん屋らしい、素朴な素材をたのしいアイディアで酒のつまみにほどよい気のきいた料理が沢山。
    使い勝手も良かったんだけど、ちょっと話題になりすぎて料理がでるのが遅くなっちゃった。
    しかも予約が取りづらくもなり、それでしばらくご無沙汰してた。
    居酒屋のように使えるといっても、うどん屋である以上、ふらっと行ってスパッと飲んでスキッと帰る。
    そんな気軽な使い勝手がありがたい。
    今日は午前の仕事がちょっと早めに終わって、それで覗いてみましょうか…、と。
    開店時間の直後の時間で、お店に入ると先客一人。
    それから続々、お客様がやってきたけどまだまだランチタイムの前でお店はユッタリ、けれどピークタイムにむけて確実に、エンジンがかかってきはじめ、それがたのしいニギワイになる…、お腹もググッとすいてきます。

    6a287a0a.jpg好きなうどんのハーフサイズを2種類選んで1000円というセットがあります。
    おいしいうどんって、冷たいものと温かいのでまるで食感、味わい異なる。
    だからどちらにしようかと、必ず悩む。
    だからこうしてどちらも食べるコトができるのって本当にうれしい。
    まぁ、熱いの2種類。
    あるいは冷たいのを2種類って食べ方だっていいのだろうけど、やっぱり熱いの、冷たいのを一つづつ。

    冷たいものはぶっかけうどんに鶏天のっけたとり天うどん。
    太くてツヤツヤ。
    みずみずしくてしかも角がキッパリ立った冷たいうどん。
    ゴリゴリしてる。
    歯ごたえシッカリ、ツルンとすすりあげることもままならぬほどに頑丈で、讃岐うどんとはまるで違った噛むたのしみのあるうどん。
    讃岐のうどんは日常的な食べ物で、食べやすいのがありがたい。
    けれど東京みたいな街で、うどんを食べるというのはまっこと「非日常的な経験」で、だから記憶に残る強調された食感、味がいいのでしょう。
    サックリ揚がった鶏の天ぷら。
    生姜に大根おろしがタップリ…、麺とグルンと混ぜて食べるとまるで大根おろしのソースのようになったうどんに絡みつく。
    スベスベ、ムチムチ、そしてゴリゴリ、顎においしい冷たいうどん。

    61dd19f7.jpg一方、温かいのは「黒肉うどん」を選んでたのむ。

    ココの名物料理は実は「白肉うどん」。
    ここが作った創作うどんで、楽天なんかでも人気のレシピ。
    冬の寒い時期ということも手伝ってでしょうね…、ほとんどの人がそれをたのんで食べている。
    でもやっぱりボクは黒肉うどん。
    甘くて辛くて、すき焼きを食べたあとのうどんのような味わいがある。

    脂がとろけるほどに煮込んだフルフル牛肉。
    出汁のうま味がシッカリとしたスープ自体にも甘みと脂がタップリまざり、それがうどんにスベっとからむ。
    温まったうどんはヌルンと。
    とてもなめらか。
    冷たいときとはまるで違った喉越しのよさがあって、これは讃岐のうどんのような顎を必要とせぬ肉感的なやわらかさ。

    これにご飯とおかずが付きます。
    豚肉と豆腐をうどんの出汁で煮込んだ肉豆腐。
    それからおかか。
    うどん屋さんの命の素…、でありますね。
    さすがに上等、味わい深い鰹節。
    それを削って讃岐の醤油でよごした、つまりネコまんまの種みたいなモノがタップリと。
    これがおいしくて、ご飯がすすんでしょうがなくなる…、ツルツルハフハフ、そしてモグモグ、お昼のお腹をたのしく満たす…、さて仕事。



    関連ランキング:うどん | 新宿駅都庁前駅新宿西口駅



    ところで午前中の仕事でありますが、西新宿のポールバセットでの打ち合わせ。
    624c46fe.jpg一日中、やっているお店ではありますけれど、朝の気持ちよさは格別で今日もランチタイムの準備がはじまる寸前まで、タップリたのしい時間を過ごす。
    冬の弱々しい太陽すら、ココのガラスの天窓を通してやってくると活き活きしててほんわか温かに感じるステキ。
    ランチタイムがはじまるとにぎやかになるサルバトーレの客席も、今の時間はひっそりとてもおだやかで、大きな空間ひとりじめしてる気持ちになれる…、なんとゴージャス、うつくしい。

    6f5be7bf.jpgカプチーノを飲んで頭の細胞動かす。

    カップの縁に茶色いツブツブ。
    エスプレッソの粉がちらかり溜まってる。
    いつもと違ったスタッフさんで、新人風でありました。
    まだまだココのスタンダードに満ちていないのかとちょっと心配。

    けれど飲んでみれば十分、おいしいカプチーノでありました。
    一口目からゴクリと飲める程よき温度。
    ポッテリとした泡。
    時間がたっても壊れぬ頑丈。
    エスプレッソの甘い香りを含んでしかも、ミルクのコクがフワッと舌の上にのっかる。
    口を閉じるとズブッとこわれ、泡がミルクに戻ってく。
    香り豊かで、うま味すらある。
    ミルク混じりのエスプレッソの味わいおだやか。
    ビターだけれど、酸味をあまりもたぬそのまま飲んでも甘い、喉のゴチソウ。

    向かい側のテーブルで、ボクらが来る前から交流会のような催しやっていて10人くらいかなぁ…。
    出勤前に集まり情報交換、10時をちょっと前にして職場に向かって散らばっていく。
    たしかにこの店。
    この時間。
    こうした集まりをするのにとても適した場所で、集まっているみんなの顔もニッコリ明るい…、ボクらも彼等のモティベーションにつられて仕事がグイグイ、はかどった。
     

    拍手[0回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    丸鶏るいすけ HOME マックドッグのモーニング
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]