忍者ブログ
サカキシンイチロウノホトンドゼンブノブログ
2019 . 12
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • カレンダー
    11 2019/12 01
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    カテゴリー
    プロフィール
    HN:
    サカキシンイチロウ
    年齢:
    59
    性別:
    男性
    誕生日:
    1960/01/26
    バーコード
    ブログ内検索
    アーカイブ
    P R
    アクセス解析
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    会社を飛び出し、時間はランチときの前なんだけど今食べないと昼を食べ損なってしまいそう。それで会社の近所でおむすび。



    「ハレむすび」という小さなお店。
    古い民家をそのまま改装した店で、手前に惣菜のショーケース。奥に厨房。
    忙しい時間帯にはあらかじめ作ったおむすびが収められているショーケースもある。けれど大抵、注文のたび作るのどかなお店であります。
    夏は冷房もききそうにない、昔ながらの木の枠の窓。
    今日のような晴れの日、しかもおだやかな日はまるでピクニックをしているみたいな開放感が味わえる。



    おむすび1個。味噌汁、そうからパックの惣菜。
    小さなお盆にきれいに収まる、やさしく軽い昼の一膳。
    このひと揃えで500円にもならぬウレシイ値段でありつつ、お盆は木の盆。おむすび乗せた器もしっかりした陶器。味噌汁だって、やさしい手触りの木のお椀にはいってやってくるのがウレシイ。
    丹精込めて作った料理に対する尊厳みたいなものを感じて思わず、両手を合わせて「いただきます!」って言っちゃうステキ。

    10種類ほどのおむすびから選んだ今日のは「焼き味と浅漬けからし菜」を具材にしたの。



    手で持ちあげるとホロリと雑穀米が崩れてく、やさしい出来栄え。
    口に含むとハラリとほぐれて、むすぶ前の炊き立てご飯のようにふるまい散らかっていく。焼けた魚の脂の香り。シャキシャキ、菜っ葉が潰れて口がみずみずしくなる、食感にぎやかなオゴチソウ。
    わかめとナメコがたっぷり入った味噌汁も、出汁がドッシリ味わい深く、何より惣菜。炊いたカボチャと甘く仕上げた卵焼き。どちらもやさしいおいしさで、実はおむすび待ちながらひとかけらカボチャを試してみたら、あまりにおいしく気づけばほとんどなくなっちゃってた。
    指でつまんで煮物を食べておむすび待つって、なんてシアワセ。
    笑顔をもらって、ハレの昼。


    関連ランキング:おにぎり | 水道橋駅九段下駅神保町駅



    午後の仕事がひと段落…、なんだか体に悪いモノが食べたくなって、それでひさびさ、ロッテリア。



    エビカツバーガーを食べたくなってそれでココ。
    同じようなメニュー揃えでしのぎを削るファストフードで、けれど「そこで生まれたモノ」という商品をもっているトコはやっぱり強い。
    そういう商品さえ食べてれば、ストレスを感じることもあまりない。例えばモスのテリヤキ系。マクドナルドならチーズバーガー。
    そしてロッテリアのエビカツバーガー。カリカリ、サクサク、パン粉衣が軽く揚がってフックラとしたパンとひとつに混じり合い、その食感が徐々にエビのプリプリ感に置きかわる。「痛快」という言葉が顎から頭に向かって湧いて、突き抜ける。

     

    今日もたのしい、オキニイリ。
    セットはいかがと勧められ、それでセットをたのんで食べる。
    フレンチフライと飲み物がつきアイスティーをとたのむとグラスに入ってきます。
    分厚いグラスがピカピカ光り、中にたっぷり氷が浮かぶ。一生懸命カフェ的を装うような感じがたのしく、悪くないかと思いもします。
    これでもう少し椅子がユッタリしていれば…、って思う。しょうがない。

    それにしても今日はいろいろ気づきがあった。

     

    まず2人以上だと、リザーブと書かれたプレートをくれて、それを座りたいテーブルの上に置いてから、カウンターで注文できる。
    一人客以上を優遇したいという営業姿勢なのでしょうけど、カウンターや一人席ばかりが目立つ店内で、なんだか考えているコトとしているコトがチグハグ。
    みんなまずは荷物を椅子の上に置き、座るところを確保してから注文に行く。お店の人もそうするように推奨してるし、ワケわかんない。
    お二人組も結局、荷物を置いてたものね。
    それにしてもカバンをテーブルの上に置くのって、やっぱりどこか違和感感じる。
    コートをキレイに裏返し、折りたたんで置く几帳面さすら、モノに対する偏愛のように思えて切なくなっちゃった。

    拍手[3回]

    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    12日の木曜日 HOME スルンと剥けた茹で卵の日
    Copyright © サカキノホトンブログ All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]